一口馬主のつれづれ日記

一口馬主の悲喜こもごもを語ります。
ほかにも小説の感想や旅先で感じたことなど、
気の向くままに・・・

シーザリオ引退・・・

2006年04月06日 | 競馬
またまた競馬界で残念なニュースが飛び込んできました
シーザリオ引退

どうやら右前の繋靭帯炎が慢性化しているらしく、復帰まで1年以上を要するとのこと。
今後は、生まれ故郷のノーザンファームで第二の人生を送るそうです。

シーザリオといえば、昨年、オークスを制した後、アメリカに遠征して見事アメリカンオークスにも優勝した世界的名牝。
結局、このレースが引退レースとなってしまったわけですが、あまりにも早すぎる引退が本当に惜しまれます

現役時代のシーザリオの成績は以下の通り。
JRA通算成績 5戦4勝   獲得賞金 228,296,000円 (付加賞含む)
海外通算成績  1戦1勝 獲得賞金 46,137,400円

唯一の敗戦にしても、ちょうど一年前の桜花賞で猛烈に追い込んでラインクラフトにアタマ差届かなかっただけですから、限りなくパーフェクトに近い成績と言っても過言ではないでしょう

もう一度、シーザリオの走る姿を見たかった。
最強牝馬の座をかけて、スイープトウショウとの対決を楽しみにしていただけに、本当に残念・・・

でも、いつまでもクヨクヨしていても仕方ないので、月並みな言葉になりますが、数年後にシーザリオの子供がターフで活躍する日を楽しみにすることにします

シーザリオ、本当にお疲れさまでした
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寿命診断(再掲) | トップ | スイープトウショウ、お前も... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (takappi)
2006-04-06 01:38:26
トラックバックありがとうございました。



シーザリオ引退の知らせを聞いた時には、

ショックでした。

私のブログの4月3日分に登場したばかりでしたから…。



今年は、ディープをはじめとする、

古馬牡馬勢との対決を楽しみにしていたんですが…。



産駒にはぜひ、桜花賞を勝ってもらいたいです。

丈夫な仔をターフに送り出してほしいですね。



私のブログでは、

時々、競走馬を取り上げます。

うつの私にとっては、

元気になれる源がサラブレッドの走りですから…。



時折、遊びにいらしてください。

時間がある時に、

私もこちらのブログを訪問します。



では、また来ます。



TBありがとうございます (TAKI)
2006-04-06 02:02:17
早速のトラックバックありがとうございます。



kosmosさんのblogで何度かお見掛けして、度々こちらのblogも拝見させていただいておりました(苦笑)





シーザリオに関しては、これまでの実績、復帰まで相当の日数を要するということで今回の引退は止むを得ないところなのでしょう…。角居師もコメントしているように「中途半端」な状態で復帰させられるレベルの馬ではないでしょうしね。



とはいえ、個人的にはたとえ「弱いシーザリオ」であってももう1度競馬場でその姿を見たかった…というのが正直な気持ちです。非常識な願望かもしれませんが…(苦笑)

それほど「特別な存在」でした、私のとってのシーザリオは。。。



シーザリオに限らず、早すぎる引退は堪えますね。





勝手なことばかりいって、申し訳ありませんが…今後ともどうかよろしくお願いいたします。



Unknown (タンブリングダイス)
2006-04-06 08:07:01
TBありがとうございます



残念なニュースです

月並みな言葉ですが、2世の活躍に期待します

できればカネヒキリ×シーザリオの角居厩舎同士でSSの3×3なんか面白いと思います
TB (てお)
2006-04-06 19:54:33
トラバありがとうございます。

こちらからもさせてもらいます。



シーザリオはまだ6戦しかしてないから惜しい馬だったと思います。

産駒はやはり期待できると思うので、見守っていきましょう。



有力馬の引退はやはり他の有力馬にその分頑張ってもらいたいですよね。

それではまた来ますんで、こちらにもまた来てみてください。
Unknown (kumiko)
2006-04-06 21:38:47
トラバありがとうございます。わたくしもトラバさせていただきました。昨年のオークスで優勝したときユーイチ騎手が「こんな勝ち方をさせてごめんね」みたいなことを言ってたのを思い出してます。ユーイチ騎手もシーザリオには惚れ込んでいたと思います。ホントに待ってたのでがっくり落ち込んでます。みなさまのいうとうり、今度は産駒の活躍を待ちます。
こんばんは (ゆうろういんど)
2006-04-07 02:43:43
みなさん、レスありがとうございました



>takappiさん

早速、遊びに行って、コメントも書かせていただきました。

また遊びに行きますね。



>TAKIさん

そうでした、kosmosさんのblogでちょくちょくお見かけしていました。

改めまして、よろしくお願いします

TAKIさんは、シーザリオの馬主さんなんですね。

胸中を察するに、こちらまで辛い思いになりますが、彼女にはこれからまだまだ希望に満ちた未来が待っています。

彼女の子供たちによって新たな伝説が作られていくのを楽しみにしたいと思います。



>タンブリングダイスさん

カネヒキリ×シーザリオ。

かなりの近親配合ですが、リスクは伴うものの、その反面、大物になるかも知れませんね。

もしこれが実現したら、もちろん厩舎は角居調教師で、両親同様に世界をまたにかけて活躍して欲しいものです



>ておさん

早速、ておさんのところにも遊びに行きましたよ。

ホントにシーザリオとラインクラフトとの再戦は、ぜひとも見たかったですよね

それにしても、ておさん、多趣味ですね~



>kumikoさん

ユーイチ騎手もこの報を聞いたときには絶句したらしく、胸中が思いやられます。

それでkumikoさんのところにも遊びに行きましたが、ブログの始まり方が衝撃的で、今後が気になってしまいました

これからも応援していきますよ
ありがとうございます (ツキ)
2006-04-09 12:31:45
トラックバックありがとうございます。



彼女の引退は唐突で、早すぎる感じがしますね。

去年の秋に走れなかった鬱憤を今年晴らしてくれると思ったのですが・・・。

しかし、無理をしないで引退というのが、彼女にとっても一番いい道だったのかもしれませんね。



去年、色々な意味で競馬を沸かせた馬たちが次々引退していくのは、少し寂しいものがあります。
こんにちは (ゆうろういんど)
2006-04-09 18:06:55
ツキさん、こんにちは。

コメント、ありがとうございました。

ホントに今週は、競馬界に寂しいニュースが多くて辛い思いでしたが、今日のキストゥヘヴンのように、また新たなスターホースも誕生してきます。

来週の皐月賞も、新たなスターホース誕生に期待しましょう。

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

シーザリオ引退… (Le Petit Prince)
右前繋靭帯炎で休養中の愛馬「シーザリオ」の引退が正式に発表されました。 昨日の近況報告で、「右前脚に腫れ……」との報告をうけ、それなりの覚悟はできていましたが………やはりショックは大きいです。 僅か1年余りの競走生活でしたが、その短い現役生活の中でシー
日米オークス馬シーザリオ引退 (stay_gold.com)
シーザリオ引退 あちゃー、有力馬の引退多いなぁ。 よりにもよって4歳牝馬で一番期待していたシーザリオですよ。 去年は最優秀3歳牝馬&最優秀父内国産馬のタイトルも獲得した名馬。 スペシャルウィーク産駒の代表でしょう。 にしてもシックスセンスといい現4歳有力馬は
日米オークス馬、シーザリオ引退へ・・・ (彩の国こうのす競馬BLOG)
 またショックなニュースが・・・。今春の復帰を目指していた初の日米オークス馬、シーザリオが右前繋靱帯炎を再発し、そのまま引退することになってしまいました。  05年オークス
シーザリオ引退 (タンブリングダイス)
クラシックが始まる週というのに残念なニュースが続きますね シーザリオが引退ですか うーん残念 宝塚記念あたりでスイープトウショウと牡馬を交えて戦うのを見たかったんだけどなあ・・・ 戦績 で、なにつけるんでしょう これはちょっと無理にしても、角居厩舎同士のこれな
シーザリオ… (神参ブログ)
さて、今日も今日とて競馬の話題。 引退が約2頭。 コイントス。 こいつは去年の有馬記念5着。 まあだから何って感じだけど。 あとはシーザリオ。 去年日米2つのオークスを勝ってラインクラフトとの2回目の直接対決が期待されてた馬。 桜花賞では2着に敗れたがそ
女王シーザリオ引退 (とりあえずMyLife)
<写真Gallop重賞年鑑2005より> シーザリオが引退 大ショック!治って、またレースにでてくるを心待ちにしていたのに。 そろそろ治る頃だと思ってたのに・・。 このまま引退しちゃうなんて・・。 ユーイチ騎手、また乗りたかっただろうに。がっかりしてるでしょうね。 シ
日米のオークス シーザリオ引退 (Personal History)
昨年のオークスとアメリカオークスを制したシーザリオが引退した。 日本馬史上初の米GI制覇を達成したが...
シーザリオが引退 (競馬SevenDays)
昨年のオークス(GI)、アメリカンオークス(米・GI)を制したシーザリオ(牝4 栗東・角居勝彦厩舎)の引退が決まったそうです。
シーザリオちゃん… (この馬を買うくらいならユニセフに募金しよう)
この世の中には納得の行かない事がたくさんある。 武豊だけがいつもいい馬に乗れること、国会議員の年収が4000万以上であること、全然面白くないオリエンタルラジオの人気が爆