FXは琵琶湖のようなものだ

鳥人間コンテストに出たいならFXをやろう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FXをやろうと思っているなら…。

2017-05-14 13:00:13 | 日記

スイングトレードを行なうつもりならば、短くても数日から数週間、長いケースでは数ケ月にもなるといった売買手法になる為、日々のニュースなどを判断基準に、数ヶ月単位の世界経済の状況を推測し投資できるわけです。FXをやろうと思っているなら、最初に行なってほしいのが、FX会社を比較してあなたに適合するFX会社を見つけ出すことでしょう。比較するためのチェック項目が10個前後あるので、一つ一つご説明します。デモトレードを開始する時点では、FXに要される証拠金がデモ口座(仮想口座)に、必要な金額分仮想通貨として用意されることになります。FX口座開設に付随する審査については、主婦や大学生でも落とされることはありませんので、度を越した心配をする必要はないですが、入力事項にある「金融資産」だったり「投資歴」などは、きっちりと注視されます。スプレッドと言いますのは、FX会社各々バラバラで、ご自身がFXで稼ぐためには、「買値と売値の価格差」が僅少であればあるほど得すると言えますので、そのことを意識してFX会社をチョイスすることが大事になってきます。

FXをやるために、まずはFX口座開設をしようと思っているのだけど、「何をしたら口座開設ができるのか?」、「何を重視して業者を選定した方がうまく行くのか?」などと戸惑う人は相当いらっしゃいます。驚くことに1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍でしたら1万円の損益ということになりますが、10倍ならば10万円の損益ということになります。簡単に言うと「レバレッジが高くなるにつれ被害を受ける確率も高くなってしまう」と言えるわけです。レバレッジがあるために、証拠金が低額でもその額の数倍という取り引きをすることが可能で、夢のような収益も望むことができますが、それとは裏腹にリスクも高くなるのが普通ですから、落ち着いてレバレッジ設定しなければなりません。デイトレードであっても、「365日エントリーし収益を得よう」などという考えは捨てた方が賢明です。無茶な売買をして、挙句の果てに資金をなくしてしまっては全く意味がありません。FX取引におきましては、「てこ」の原理と同じように小さい額の証拠金で、その額の25倍までの取り引きが可能になっており、証拠金と現実の取り引き金額の比率を「レバレッジ」という名前で呼んでいるのです。

日本と比べると、海外の銀行の金利が高いというわけで、スワップ金利がもらえることになっています。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをする際に手にするスワップ金利です。為替の変化も掴めていない状態での短期取引となれば、はっきり言って危険すぎます。何と言いましても、高度な投資テクニックと経験値が不可欠なので、経験の浅い人にはスキャルピングは無理だと思います。テクニカル分析をする方法ということでは、大別して2種類あると言うことができます。チャートとして表示された内容を「人間が自分で分析する」というものと、「プログラムがひとりでに分析する」というものになります。FX口座開設をしたら、本当にFXのトレードを開始しなくてもチャートなどの閲覧はできますので、「とにかくFXの周辺知識を身に付けたい」などと考えておられる方も、開設した方が賢明です。5000米ドルを買って保有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。無論のことドル高に進展したら、売却して利益をゲットしてください。

LANOA日焼け止め
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FX口座開設さえすれば…。 | トップ | 恋スキャFXの無料特典|証拠... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事