恋スキャFXの感想

恋スキャFXを実際につかってみた感想を書くブログ

恋スキャ|トランプ大統領とは…。

2017-04-23 13:20:12 | 日記

驚くなかれ1円の値動きだとしても、レバレッジ1倍の場合は1万円の損益なのですが、10倍の時は10万円の損益になるわけです。結局のところ「レバレッジが高くなるにつれ損失を被る確率も高くなる」ということです。ブラストFXもけっこうすごいんですけどね。システムトレードでは、自動売買プログラム(EA)に従ってテクニカルポイントが生じた時に、システムが強制的に売り買いを行なってくれるわけです。とは言え、自動売買プログラムに関しては投資する人自身が選択します。スイングトレードで収益をあげるためにはそれなりのやり方があるのですが、当然スイングトレードの基本を分かったうえでの話です。何よりもまずスイングトレードの基本を身に付けることが大切です。スプレッドと呼ばれるものは、FX会社によって異なっており、ユーザーがFXで収入を得るためには、買い値と売り値の価格差が僅少なほど有利ですから、このポイントを念頭においてFX会社を選抜することが大事だと考えます。スキャルピングとは、短い時間で数銭〜数十銭といった収益を手にしていく超短期取引のことで、チャートあるいはテクニカル指標を駆使してトレードをするというものなのです。


スプレッドと言われているのは、FXにおける「買値と売値の差」のことを意味します。このスプレッドこそがFX会社を利用するためのコストであり、それぞれのFX会社次第で提示している金額が違うのが通例です。システムトレードというものは、株式やFXにおける自動売買取引のことで、前もってルールを作っておき、それの通りにオートマチカルに「買いと売り」を継続するという取引になります。スキャルピングを行なうなら、少しの利幅でも待つということをせず利益を押さえるという信条が絶対必要です。「更に上向く等という思い込みはしないこと」、「欲張ることをしないこと」が肝要になってきます。利益をあげる為には、為替レートが注文時のレートよりも良くなるまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。FXの究極の利点はレバレッジだと言えますが、確実に認識した上でレバレッジを掛けませんと、ひとえにリスクを大きくするだけになってしまいます。


デイトレードというのは、スキャルピングの売買のタイミングをそれなりに長めにしたもので、普通は1〜2時間から24時間以内に売買を完結させてしまうトレードだと理解されています。システムトレードの一番のおすすめポイントは、要らぬ感情が入り込まない点だと言って間違いないでしょう。裁量トレードで進めようとすると、絶対に自分の感情がトレードに入ると言えます。「デモトレードをいくらやろうとも、現実に被害を被らないので、心理的な経験を積むことが困難だ!」、「自分自身のお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験が積めるというものだ!」と言われる方も少なくはありません。私の仲間は集中的にデイトレードで売買を継続していたのですが、近頃はより大きな利益が望めるスイングトレード手法を採用して取り引きをするようになりました。この頃は、どのFX会社も売買手数料は取りませんが、他方でスプレッドがあり、そのスプレッドこそが実質上のFX会社の利益ということになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MT4で動く自動売買ソフト(EA... | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL