blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

20年を迎えた「アンテナショップかっぽ」

2017-05-20 | 農作業



県庁内福祉の店アンテナショップかっぽ20周年。
今日かっぽフェスタ2日目に行ってきました。
まずかっぽのリニューアル工事の結果を確認。

今日はぺんぎん村が店番。
かっぽの店内も屋外からの様子もみちがえるようにおしゃれに。
 かっぽのある第2庁舎を通りぬけて本庁舎との間にあるみどりの広場へ。
ここで昨日と今日かっぽフェスタを開催。

すでに午後1時半を回り、めだか工房(草加市)やまるまる工房(新座市)のパンは完売。

友愛学園(さいたま市)

 露天商の趣のパタパタ(春日部市)、

見沼福祉農園をベースに活動する 農=あぐり(さいたま市)

しびらき(さいたま市)の店を回り、

昼飯のパンを買ったり、
土産に晴れ晴れ(川口市)の白神酵母のパンを買ったりしながらおしゃべり。
このほかにありの実館(白岡市)の自家焙煎コーヒーを買ったり、
すいーつばたけ(川口市)をのぞいて、ツービート(さいたま市)のパンを買い、
新作のケーキを試食し、労福協のフードドライブに立ち寄ったが、写真は撮り忘れ。
間もなく雨が落ち始め、フェスタは繰り上げ終了。
駆け足の観音巡礼のような今年のかっぽフェスタ参加の記。by山下浩志

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月9日 わらじの会 手作り班 | トップ | 5月13日20日週末作業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。