blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

緊急 凶暴化する政権 良心的抵抗では追いつかない

2017-06-15 | 農作業

  明治学院の同僚と所謂「共謀罪法案」について、
参議院での慎重な審議を、議長・法務委員会委員にもとめる声明を作成しました。
 何をしたらいいのか思案しながら時間が過ぎていましたが、
対話のなかでこの学院の歴史のなかから考えるべきだとおもいいたり、
ようやくたたき台がかけて、そこから議論を経て、ここにいたりました。
 現在の政...権になって以降、人々に考える暇を与えないまま、イメージのみで進められる改革が多く、
政府関係者や代議士の言葉はますます軽く、しかし勇ましくだけなり、
記録もこれまでの議論の積み重ねもどこかにとんでいってしまったかのように感じます。
 乱暴な事柄が、信じられない頻繁さで起こるなかで、
何をしてもしょうがないのではないかという徒労感に襲われます。
しかし、それこそが、システムの暴走に取り込まれていることの証左のようにも思えます。
実際、この声明文を一緒に書いた同僚とも、そのことをしゃべり、やはり何かしなければと言葉を探しました。

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/news20170529/

組織犯罪処罰法改正案についての声明が出されました(ハングル訳あり) 
共謀罪法案として
識者・専門家から強い疑問が発せられている「組織犯罪処罰法改正案」の参議院審議入りに際し、
平和研所員を中心に、
明治学院の教職員から慎重審議を求める以下のような声明が出されました

ハングル訳はこち

—————————————————————————————————————

参議院議長 伊達忠一殿
参議院法務委員会 委員各位

                                                       組織犯罪処罰法改正案についての声明


                                     学校法人明治学院教職員有志

組織犯罪処罰法改正案が5月23日の衆議院本会議で可決されました。
この法案については既に内外の識者から深刻な危惧が表明されているにもかかわらず、
十分な審議が尽くされたとはとうてい言えない状態で採決がおこなわれてしまったことに、
私たちは強い危惧を覚えます。

明治学院は、生協運動で名高い賀川豊彦をはじめとして、
学院関係者が治安維持法によって検挙された歴史を持っています。
それだけに私たちは、明治学院に関わるものとして、この法案に一層の不安を禁じ得ません。

参議院は理性の府として、ゆめ痛恨の歴史をくりかえさぬよう、
くれぐれも丁寧慎重に審議を進められんことを、強く求めるものです。

2017年5月29日

発起人
秋月望、石原俊、猪瀬浩平、大村真樹子、徐正敏、高原孝生、戸谷浩、服部圭郎、東澤靖、
平山恵、宮地基、渡辺祐子

賛同人(五十音順)
合場敬子、青柳寛、赤崎祐子、淺川和也、阿部望、飯田浩司、伊藤武彦、伊藤るり、
植木献、梅林宏道、大岩圭之助、大澤篤、大西晴樹、岡田仁、岡本雅享、小田原琳、
片野淳彦、勝俣誠、上條直美、木村真希子、小泉真祐、小寺隆幸、小沼通二、斉藤龍一郎、
桜井均、佐生佳、佐藤飛文、佐藤壮広、佐原光児、塩見歩、重富真一、嶋田彩司、
新保淳乃、鈴木智、砂川秀樹、高井ヘラー由紀、高木久夫、高田治、高橋博子、
田中祐介、田丸修、勅使川原香世子、寺田俊郎、辻直人、豊川慎、内藤翔太、
永野茂洋、浪岡新太郎、橋本敏雄、西川潤、箱山富美子、濱口愛、播本秀史、藤川賢、
麓良久、古市剛史、丸山直起、森まゆみ、森本泉、吉原功、涌井秀行、渡辺奈美子、
2017年6月12日17時00分現在<62名>

*明治学院関係者(学生・教職員・卒業生など)に、この声明の賛同者を募ります。
賛同いただける方は、
国際平和研究所までE-mailもしくはFaxで連絡をお願いします。
その際、名前(公表可・不可を明記)、
明治学院における所属(在学時のものでも可)をご記入お願いします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月13日 ワラジの会手作り班 | トップ | 今年も6月17日(土)に春の収穫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。