blog 福祉農園通信・龍神伝心

アジアモンスーンに吹かれて
共生の農業
見沼田んぼ福祉農園 

前川次官は「夜間中学と日本の教育の未来」と題して講演した。

2017-05-26 | 龍神伝心

毎日新聞2016年10月31日 地方版
埼玉には公立夜間中学がなく、
川口市には自主夜間中学が設けられている。

集会は、「すべての人に義務教育を」をスローガンに、
県内に公立夜間中学を設置するための運動を続ける
「埼玉に夜間中学を作る会」(野川義秋代表)と
「川口自主夜間中学」(金子和夫代表)が開催。


前川次官は「夜間中学と日本の教育の未来」と題して講演した。
 1979年に文部省(現文科省)に入り、
初等中等教育局長などを経て今年6月に次官になった前川次官は「教育は人権保障の中核。
国籍に関わらず、全ての国民は等しく教育を受ける権利がある」と語り、

卒業証書を受け取るだけの「形式卒業」や義務教育未修了者、
不法滞在の外国籍の親を持つ子どもたち

教育を受ける権利を制限され人たちに学びの場を提供してきた「夜間中学」を高く評価した。 
また不登校が増えている現状を挙げ、
「今後、夜間中学の重要性が増す可能性がある」とも言及。
「個人的見解」としながら「夜間中学設置について、
組織としての文科省はこれまで見て見ぬふりをしてきた。
(夜間中学設置に賛同する)自分は(省内では)異端。居心地が悪かった」と吐露した。
 文科省として公立夜間中学設置を推進するに当たっては、
「多様な学習機会を確保する観点」から、
不登校の生徒についても本人の希望を尊重して受け入れていく方針を明示。
半世紀近く夜間中学運動に関わってきた元教師からは「大変大きな前進」と歓迎する声が聞かれた。
 講演後、野川代表は「作る会」の今後の活動方針について、
公立夜間中学設置の法案ができるよう、
各団体と連携を深める▽6万人署名達成を目標に活動を拡大することなどを挙げた。
金子代表は自主夜間中学の取り組みについて「生徒やスタッフを増やしながら、
市民と一緒に教室を充実させる」と話した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月23日わらじの会 手作り班

2017-05-24 | 農作業

第4火曜日は共同作業日という事で、
お昼ご飯の後に道路脇の雑草を抜き、
側溝の枯れ葉の除去をあぐりさんたちと行いました。

午後の農園の道路脇は少しだけ日陰になります。


風が心地よくて『農園は良いなぁ』と思います。

共同作業のあとは休憩🎵
あぐりさんから牛乳寒天とフレンチトーストを頂きました。
美味しかったぁ🎵ごちそうさまでした(^人^)

休憩のあとは自分達の作業。
『さつまいもを植える』『トマトとゴーヤを植える』

さやいんげんは枯れてきてしまったので全て抜き、
キャベツは虫食いだらけになってしまったのでやはり全てを抜きました。

その跡地にさつまいも50本とゴーヤとトマトの苗を植えました。

玉ねぎやジャガイモは順調に育っています。

今日はやる事がたくさんあったのでみんなフル稼働でしたね。
本当にお疲れさまでした。
収穫ができる日が楽しみですね
来週は浅草に行きますよ〜〜〜〜🎵年に1度の浅草
みんなで美味しいものを食べに行ってきます‼️……
いや、本当の目的は藍染の染料を買いに行くことなんですよ😅
農園には再来週の火曜日の午後に行く予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月13日20日週末作業

2017-05-21 | 農作業


遅ればせながら先週日曜と昨日の作業報告です。

■14日
エダマメ、バジル、シソ、モロヘイヤ植え付け、拾い、芝刈り、トマト芽かき、誘引、
小松菜間引き、収穫除草、しいたけ水やり  

■20日
芝刈り、ごぼう、オカノリ植え付け、きゅうり、スイカ植え付け、梅収穫(アブラムから救出のため)

来週植え付けのための畝立て、除草、収穫 

■所感など
 
 畑は割と手を入れられている感はありますが、
道路側・駐車場・ドクダミ小屋裏等の樹木の剪定や薪置き場の整理に手が回らず
鬱蒼・雑然としており、先週ひとりで作業している時はなんとなく不気味な気分でしました。
川沿いも鬱蒼としているため、不法投棄もあったよう.です。
カラス.が.とても多いです。
今年のカラスはあまり人を恐れないで近くまで寄ってきます。
道路側の畑は去年からの除草の成果か、幾分雑草の発生が少ない気がしており嬉しいです。
氷水がとても美味しく感じる暑さでした。

夕方7時まで作業が十分できる明るさがありました。
来週は、十分なサイズに育てばうちで育てている落花生、ズッキーニ、ゴーヤの苗を植え付け。
薪置き場整理、樹木剪定、側溝の草取り、ネギの定植、ナス誘引と
なす棚作りが出来ればいいなと思います。byマリブー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20年を迎えた「アンテナショップかっぽ」

2017-05-20 | 農作業



県庁内福祉の店アンテナショップかっぽ20周年。
今日かっぽフェスタ2日目に行ってきました。
まずかっぽのリニューアル工事の結果を確認。

今日はぺんぎん村が店番。
かっぽの店内も屋外からの様子もみちがえるようにおしゃれに。
 かっぽのある第2庁舎を通りぬけて本庁舎との間にあるみどりの広場へ。
ここで昨日と今日かっぽフェスタを開催。

すでに午後1時半を回り、めだか工房(草加市)やまるまる工房(新座市)のパンは完売。

友愛学園(さいたま市)

 露天商の趣のパタパタ(春日部市)、

見沼福祉農園をベースに活動する 農=あぐり(さいたま市)

しびらき(さいたま市)の店を回り、

昼飯のパンを買ったり、
土産に晴れ晴れ(川口市)の白神酵母のパンを買ったりしながらおしゃべり。
このほかにありの実館(白岡市)の自家焙煎コーヒーを買ったり、
すいーつばたけ(川口市)をのぞいて、ツービート(さいたま市)のパンを買い、
新作のケーキを試食し、労福協のフードドライブに立ち寄ったが、写真は撮り忘れ。
間もなく雨が落ち始め、フェスタは繰り上げ終了。
駆け足の観音巡礼のような今年のかっぽフェスタ参加の記。by山下浩志

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月9日 わらじの会 手作り班

2017-05-10 | 農作業

火曜日は手作り班の活動日。
見沼福祉農園にいってきましたよ🎵
.
Y子さんは『足が痛い〜〜〜っ!』と言うので病院へ。
Hさんはミシン。TさんはHさんと一緒にミシンの手解きをして居ました。

農園に行けたのは8人。
暑くもなく寒くもない何とも農園日和な1日でした。
なかなか丸まらなかったキャベツがたった一週間で見事なキャベツに成長
これはもう売り物です

収穫して帰ったらTさんに「どこかで買ってきたんちゃうの⁉️」と言われるくらい
小さいものは残して大きくなったものは収穫。         絹さやも食べ頃

レタスも収穫。

ゴールデンウィーク中にこっそり植えた(株分けしてもらった)
ルバーブは新芽が出てきていたし、玉ねぎとニンニクはグングン大きくなり、

食用ほおずきは小さな芽を出していました
収穫するものがたくさんあってSさんが「楽しかった…」と言ってくれたのが嬉しかったなぁ。
ラディッシュ…は収穫しちゃいました

芋虫って玉ねぎの葉っぱを食べるんですかね?




さて、次に農園に行けるのは23日。
共同作業日となります。

トマト、ゴーヤ、ナスも植えたいなぁ。
…植える場所がないなぁ💧さつま芋も考えなきゃ。
楽しい悩みごとですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加