権助の冒険

BlogzineからGooにやんごとなき事情により引っ越し。
これを機にブログタイトルを「権助の冒険」に変更

映画「グラン・トリノ」

2016-10-29 17:14:25 | 映画

とても素晴らしい映画だった。
先日「今年のベスト」というのを使っちゃったから、本日はその手の賛辞は無し。
ともかく老境のクリント・イーストウッドが良い、白人の人種差別主義者でナショナリストで頑固で嫌われ者を見事に演じて、映画自体が彼の映画の集大成の様な物語だった。
彼のアクション映画は一級品だったが、ヒューマンドラマも見事なもの。
<こんな話> 
 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。いまや、彼の暮らす住宅街に昔馴染みは一人もおらず、朝鮮戦争帰還兵の彼が嫌ってやまないアジア人をはじめ外国人であふれる通りを目にしては苦虫をかみつぶし、亡き妻に頼まれたと、しつこく懺悔を勧めてくる若造神父にも悪態をついては追い返す日々。自宅をきれいに手入れしながら、愛犬デイジーと72年製フォード車グラン・トリノを心の友に、お迎えが来るのをただじっと待つ退屈な余生を送っていた。そんなある日、彼が大切にする自慢の庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオと不良少年グループがもみ合っているのを目撃したウォルト。彼らを追い払おうとライフルを手にするが、結果的にタオを助けることに。タオの母親と姉がこれに感謝し、以来何かとお節介を焼き始める。最初は迷惑がるものの、次第に父親のいないタオのことを気に掛けるようになるウォルトだったが…。

グラン・トリノと言う1970年代を代表するアメ車がタイトルとなってるが、それは最初と最後だけのささやかな絡みでしかない、それに映画の'始め'と'終り'も葬式風景で見事な纏め方だった。 
この映画が素晴らしい所は、知っている俳優はイーストウッド一人なんだけれども、映画は一人芝居ではない、周囲の人物(役者たち)もうまく絡まって見事なものに仕上がっている。
監督イーストウッドの腕が冴えた一作。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖釣り | トップ | 沼津に行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL