としちゃんの暇な一日

何でもない一日を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

畠中恵の『ぬしさまへ』

2008年03月02日 | 
読み終わりました畠中恵の『ぬしさまへ』。

前作に引き続き、この本で、腹違いの兄の存在が次第にはっきりしてくる。
顔を会わせた事の無い若だんなと兄が見えない糸で結ばれているかの様。若だんなが兄を探しに行って落としたビードロの根付け、それを偶然拾った兄。そのビードロが、兄のこころを落ち着かせて、犯しそうになった罪を引き止める事に。そして、火事で焼け出され行く宛を失った兄は、まだ見ぬ弟の所へと向かう。えぇ話やぁ。

今回は、兄弟の絆の話あり、妖かしの千年にもわたる一途な恋の話などもあって、ますます面白い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畠中恵の『しゃばけ』 | トップ | お気に入り! »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待しとります~~ (teru)
2008-03-03 08:35:35
読みます。読みます。w
Unknown (kiichi)
2008-03-03 16:35:34
わっ負けた!
ということではないけど僕ももうすぐ読み終わります。
いや~ええ話です。
だれだ妖怪酒樽なんぞと言ったのは!
(=_=)
私は。 (秋田あい)
2008-03-03 19:26:05
ただいま、イギリスだより。というイギリス旅行記を読んでいます。
近いうち、落語の本とかも読みたいなーって、思っていまして。
ありますか?
ありましたら読みたいのですが。
読書部のみなさまー!!
送るわ (としちゃん)
2008-03-05 00:29:16
てる副部長、
週末にでも送りますわ!
読みやすくてガンガン読めるよ。
ふふふ (としちゃん)
2008-03-05 00:31:35
kiichiさん、
めずらしく私の方が早かった。
しかし、てるさん、うますぎるなぁ
ぴったり過ぎるやんか、妖怪酒樽っ!(笑)
落語ねぇ (としちゃん)
2008-03-05 00:34:16
あいちゃん、
落語の本ねぇ。ふ~む
うちには無いなぁ。今度の部活の時、みんなに聞いてみる事にしましょう。edyさんとか持ってないかなぁ・・・
Unknown (藍色)
2009-09-14 15:13:06
トラックバックさせていただきました。
『グッドラックららばい』と合わせて
トラックバックお待ちしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ぬしさまへ 畠中恵 (粋な提案)
きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調。 ...