身近な脅威

CBRはCBRでもマイナーな954RRを駆って近場をのんびり走る、目的と手段を間違えてしまったライダーのブログ

富士山麓を駆け抜けろ CBR954RR

2016年10月06日 23時47分36秒 | 車・バイク

前回の続き。

 

 

ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ 週末ライダーへ

 

 

清水で給油した後、富士山スカイラインへ向かいます。

ココからGoProを前回道志で撮影したのと同じ顎に装着。

撮影を試みます。

 

R1走ってる間は、気にはなるものの滑落する予兆もなく普通に撮影出来てました。

(やっぱり前回の滑落の原因はいじりすぎ?か?)

 

道の駅富士

何台かマスツーのバイクが停まってました。

女性ライダーが多かったのが印象的。
(あっ、叔母様たちでしたけど)

 

R1を東に進み宮島東交差点で富士見大通り(K174)へ。

富士見大通りをまっすぐ進むと、西富士道路に接続します。

西富士道路の伝法IC~小泉ICまでは無料区間。

GoProで撮影したかったけど、電源ONする暇がなくて動画撮影できませんでした。

 

西藤同六はR139になり、ずっと進むと「登山口交差点」でK180に接続するので、右折します。

K180はやがて富士山スカイラインに。

富士の裾野を駆け抜けるご機嫌なコースです。

 

 

 

 

濃霧 

 

 

GoProは防水ケースに入っているので撮影できました。 

50m先も見えない。

 

ん?光?

と、思った次の瞬間

突如現れる対向車

直線はまだしも、カーブで突如として現れるとビビりますね。

 

 

雨ではない。

雨ではないのですが、ほぼ雨と同じ結果に・・・

。・゚・(ノД`)・゚・。 シクシク

 

AM10:50

水ヶ塚PA

 

五里霧中。

もうね、こんな日に来るんじゃなかった・・・

富士山はおろか、一つ先のカーブも見えないありさま・・・

 

どこかのツーリングクラブですかね?

大勢のライダーが休憩してました。

 

 

色んなバイクがあって楽しいですね。

マスツーもイイですね~。

 

休憩後、富士山スカイラインを東へ向かいます。

Yaehもらった(喜

ところで、GoProで撮った画像(動画)ですが、視点が低いですよね。

今回は走行中、GoProをあんまり触らなかったので、滑落することも無くしっかり動画撮影できたのですが、どうも画面が下向きなのが気になります。

やっぱりアダプター追加して、もう少し上を向けないとダメですね。

 

富士山スカイラインからR469→R138とつないで、須走に向かいます。

R138(裏箱根街道)を走っているころには雨や霧もなく、むしろ青空が見えるほどに。

なんでしょ・・・

この静岡と神奈川の違い。

神奈川に入っていくにしたがい、天気は晴天になってきました。

山中湖。

ここまで来ると、むしろ真夏日。

(´・ω・`) ムーン・・・

 

山中湖からR413(道志みち)を使って相模原に抜けます。

 

つづく

 

 

ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村 バイクブログ バイク旅へにほんブログ村 バイクブログ 週末ライダーへ

 

 

ジャンル:
ドライブ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寸又峡を目指せ CBR954RR | トップ | 都留道志線を駆け上がれ CBR... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JUN)
2016-10-10 22:41:32
霧の中走るのは怖いけど、ちょっとワクワクします。
でも5合目は霧の上が理想ですよね。
アングルが低いのは前傾のバイクだからでしょうか。
僕の場合は丁度良いんですけど、あんまりパーツ増やして接点からカメラが離れると不安定になりそうです。
Unknown (オヤジライダー)
2016-10-10 23:52:55
>JUNさん

こんばんわ

>5合目は霧の上
ですね
雲海を見下ろしたい


>アングルが低いのは前傾のバイクだからでしょうか
いえいえ
GoProを顎に装着した時点で、(ちょっぴり)下を向いています
上を向けようにも、ヘルメットの顎部分につっかかって上向きにならないんですよね
こればかりは延長アダプター使うしかなさそうです

コメントを投稿

車・バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL