fwave海ログ

佐渡島ダイビングサービスF.WAVEの海情報

11/14ダイブログ

2017-11-14 21:41:11 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でアドバンスコースのダイブをしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:17℃、水底水温:18℃、透明15~10m前後でした。

アドバンスコース2日目は、虫崎・兵庫崎ビーチ。
昼頃まで弱い雨が降ったりしましたが、海は穏やか。
透明度は回復基調で、快適にダイブができました!
水温は「琴浦」より、少しだけ温か。流れはほとんどありませんでした。

1ダイブ目、集落寄りの砂地でナビゲーションの練習をしていると、好奇心の強いマコガレイがあちこちの方角から集まって来てくれました。
冬の魚を代表するマコガレイ。春と違って、年末は大型の個体が多いのが特徴です。
びっくりしたのは、単一乾電池よりも一回り太い胴回りのダイナンウミヘビ!
こんなサイズは、見たことない!!
「何を食べてこんなに大きく…」とか「砂に隠れた全長はどれくらいあるのだろろう?!」等の興味をそそられますが…まぁ、ナビの練習中ですから!!

兵庫崎本体の根は、今日も魚群少な目。
先週まで見られていた、スズメダイ&マアジの大群は、消滅したようです。
昨日、両津湾の定置網では、「寒ブリ大漁!」とのニュースがありました。
やっぱりブリ達に荒らされてしまったのですね!
今後は、ウミウシ等のマクロ生物に期待したいと思います!!
あ、まもなく産卵期のアイナメですが、婚姻色が目立ってきました。
瑠璃色の綺麗な卵塊が見られるのも、もうすぐですよ!

見られた生物⇒

クロダイ、マダイ(若魚)、ダイナンウミヘビ、イスズミ、マアジ、ウミタナゴ、メジナの群れ、スズメダイの群れ(幼魚も)、メバルの群れ、イソハゼ、イチモンジハゼ、キヌバリ、チャガラの群れ、サビハゼ、ニシキハゼ、カサゴ、メバル、キツネメバル、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、コブダイ(幼魚も)、イシダイ、マハタ、キジハタ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポ、ハオコゼ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、キヌカジカ、ヒメジ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、ウマヅラハギ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、キイロイボウミウシ、

アオリイカ、ミサキコウイカ、カニモリガイ(?)、ヤツシロガイ、サザエ、メガイアワビ、コシマガリモエビ、サラサエビ、ムラサキハナギンチャク、スナイソギンチャク、タコノマクラ、モミジガイ、トゲモミジガイ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、マボヤ、アカシマコブウミシダ、ニッポンウミシダ、シマウミシダ、



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/13ダイブログ

2017-11-13 22:48:59 | ダイビングログ
今日は「琴浦・竜王洞」でアドバンスコースのダイブ(ナイトを含む)をしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:18℃、水底水温:17℃、透明度15m前後でした。

昨日の大ウネリが嘘のような、穏やかな海。
快晴の秋晴れで、ダイビング日和です!
水温はまたまた低下しましたが、透明度は回復。
流れもありません!

昼間の2ダイブは、どちらも魚群&大物を求めて、沖堤灯台付近まで。
スズメダイ・マアジはそれなりに見れますが、イナダの群があちこち回っていて、小魚は散っているようです。
大型のイシダイ・マダイが出てくれて、目的は達成できました!

海況が安定したためか、ウミウシなどのマクロ生物も見られるようになりました!
特に浅瀬のナベカが可愛いかったです。

ナイトダイブでは、今シーズン初のダンゴウオを期待しましたが、残念ながらまだ見られず。
でも、スナエビ・ロウソクエビ・ミミイカなど、ナイトのアイドル達は出てくれました!
特にミミイカは、極小個体が群れていて、可愛いかったです。

不発だったダンゴウオですが、出現はもう間もなく!
日本海側のダンゴウオは、「サクラ」の和名がつきました。
これから来春まで楽しめる、スーパーアイドルです!!

見られた生物⇒

イナダ(ブリ)の群れ、ジョーフィッシュ、クロダイ、マダイ、メジナ、スズメダイの群れ、マアジの群、ネンブツダイの群れ、イソハゼ、イチモンジハゼ、キヌバリ、チャガラの群れ、サビハゼ、ニシキハゼ、クツワハゼ、メバル、キツネメバル、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、コブダイ、カミナリベラ、イシダイの群、キジハタ、マハタ、シズミイソコケギンポ、コケギンポ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ナベカ、ハオコゼ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、キヌカジカ、アカオビコテグリ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、ウマヅラハギ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ホウズキフシエラガイ、コノハミドリガイ、アオウミウシ、シロウミウシ、ウスイロウミウシ、ジボガウミウシ、

アオリイカ、ミサキコウイカ、ミミイカ、マダコ、サザエ、メガイアワビ、スナエビ、ロウソクエビ、コシマガリモエビ、サラサエビ、ベニイシガニ、エダツノガニ、タコノマクラ、モミジガイ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、マボヤ、アカシマコブウミシダ、ユカリウミシダ、夜光虫、





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/9ダイブログ

2017-11-09 20:57:49 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:18℃、水底水温:19℃、透明10m前後でした。

冷たい北西風で、日差しが出たり雨や霰が降ったり、と晩秋らしい天候でした。
ウネリ&流れがありましたが、透明度は少し回復。
水温は昨日の「琴浦」より少し温かで、気温12℃の陸から潜ると、水中はホンワカ温かい感じです!

「琴浦」同様、スズメダイ&マアジ&メジナの群れが凄いです。
イナダも多く、捕食の突進を繰り返していました。
海底付近はイナダ同様に、小魚を狙うヒラメがあちこちに。
岩陰には可愛いミナミハコフグの幼魚も見られました!

砂地で、小型ウミシダ類の調査も行いましたが、台風の大波で砂地の攪乱が大きく、ほとんど見られない状態でした。
ウミウシ類も昨年同期と比べて、とても少なかったです。
また、交尾期のウミタナゴの様子も調査しました。
ウネリに負けず、浅場でハーレムのような群れを作って交尾するウミタナゴが見られました。
ウミタナゴの不思議な繁殖行動。機会を見て、報告しまーす!

見られた生物⇒

ミナミハコフグの幼魚、クロダイ、マダイ(若魚)、イナダ(プリ)、イスズミ、マアジの群れ、ウミタナゴ、メジナの群れ、スズメダイの群れ(幼魚も)、イサキ、ネンブツダイの群れ、イソハゼ、イチモンジハゼ、キヌバリ、チャガラの群れ、サビハゼ、ニシキハゼ、カサゴ、メバル、キツネメバル、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、コブダイ(若魚も)、イシダイ、キジハタ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポ、オニオコゼ、ハオコゼ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、キヌカジカ、ヒメジ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、ウマヅラハギ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、キイロイボウミウシ、

アオリイカ、ミサキコウイカ、カニモリガイ(?)、ウミケムシ、サザエ、メガイアワビ、コシマガリモエビ、サラサエビ、タコノマクラ、モミジガイ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、ヒラムシの仲間、マボヤ、アカシマコブウミシダ、ニッポンウミシダ、シマウミシダ、





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/8ダイブログ

2017-11-08 21:30:57 | ダイビングログ
今日は「琴浦・白灯台~竜王洞」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:18℃、水底水温:19℃、透明15m前後でした。

琴浦ダイブには不利な南西風の予測でしたが、昼前までは弱めの風。
昼頃から強くなり、ボートはクローズになりました。
水面は風波あり、同方向の流れも発生してました。
透明度がようやく回復してきました!

白灯台付近の魚群は、今日も水族館状態!
特にマアジの群れの規模が凄まじく、圧倒されました!!
一瞬のことでしたが、1m超のヒラマサの突進もあり。
大型のイシダイ&コブダイ&マダイ&ヒラメ、と、てんこ盛りです!

20m超の海底では、ジョーフィッシュ・アカオビコテグリが、まだまだ元気。
晩秋らしく、キュウセンが群れてきましたね。
10m前後の浅場には、海藻の新芽も伸びてきました。
キンチャクダイやカミナリベラなど、南からの季節来遊魚はまだ元気ですが、海の様子は着々と冬に近づいてる感じです。
そろそろダンゴウオなどの冬の生物が見られるようになることでしょう!

見られた生物⇒

ヒラマサ、イナダ(ブリ)の群れ、マアジの群れ、ジョーフィッシュ、クロダイ、マダイ、メジナの群れ、スズメダイの群れ、ネンブツダイ、イソハゼ、イチモンジハゼ、キヌバリ、チャガラの群れ、サビハゼ、ニシキハゼ、クツワハゼ、メバル、キツネメバル、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、コブダイ(幼魚も)、カミナリベラ、イシダイ、キジハタ、マハタ、シズミイソコケギンポ、コケギンポ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ハオコゼ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、キヌカジカ、アカオビコテグリ、トビヌメリ、ヒラメ、ウマヅラハギ、カワハギ、アミメハギ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、コノハミドリガイ、シロウミウシ、アオウミウシ、ジボガウミウシ、キイロイボウミウシ、

アオリイカ、ミサキコウイカ、マダコ、サザエ、メガイアワビ、コシマガリモエビ、サラサエビ、タコノマクラ、モミジガイ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、マボヤ、アカシマコブウミシダ、ニッポンウミシダ、ユカリウミシダ、





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/7ダイブログ

2017-11-07 20:45:38 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:19℃、水底水温:19℃、透明8m前後でした。

少し強めの南西風でしたが、素晴らしい秋晴れ。
多少の風波はありますが、ダイビングには全く支障ありません。
水温は19℃と変化ありませんが、透明度はなかなか回復しませんねぇ。

イマイチの透明度ですが、相変わらず、スズメダイ・マアジの魚群は素晴らしいです。
40cmほどのイナダがひっきりなしにアタックしてくるので、群れの動きも楽しい!
メジナの群れが川の様に流れていくのを見ていたら、老成した大型のコブダイも来てくれました。
また、リーフ状の根の海底で、カナガシラらしい魚が逃げていく様子も。
カナガシラはホウボウ同様、個体数が少ないので、もう少し近くて見てみたかったです!

「兵庫崎」も台風21号の大波で、海底の砂地の様子が随分変わっています。
そのせいか、海底の砂地にはカニモリガイらしい貝が多数出てました。
海底の大きな変化で、ウミウシなどのマクロ生物はまだ少ないです。
今後に期待ですねぇ。


見られた生物⇒

カナガシラ(?)、クロダイ、マダイ(若魚)、イナダ(プリ)、イスズミ、マアジの群れ、ウミタナゴ、メジナの群れ、スズメダイの群れ(幼魚も)、イサキ、ネンブツダイの群れ、イソハゼ、イチモンジハゼ、キヌバリ、チャガラの群れ、サビハゼ、ニシキハゼ、カサゴ、メバル、キツネメバル、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、コブダイ(若魚も)、イシダイ、キジハタ、ヒメギンポ、ヘビギンポ、ニジギンポ、ハオコゼ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、キヌカジカ、ヒメジ、トビヌメリ、マコガレイ、ウマヅラハギ、カワハギ、アミメハギ(若魚の群れ)、クサフグ、

アメフラシ、キイロイボウミウシ、

アオリイカ、ミサキコウイカ、マダコ、カニモリガイ(?)、サザエ、メガイアワビ、コシマガリモエビ、サラサエビ、タコノマクラ、モミジガイ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、ヒラムシの仲間、マボヤ、アカシマコブウミシダ、ニッポンウミシダ、ユカリウミシダ、




コメント
この記事をはてなブックマークに追加