koshiのお部屋2

万年三歳児koshiの駄文のコーナーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天地人-第47回「愛を掲げよ」(最終回)

2009年11月22日 21時27分54秒 | 天地人

珍しく夕方5時台に食事を済ませたので,家族全員で見ました。
さあ,何が出てくるのか最終回。
毎回毎回のサプライズの応酬に,ちょっとやそっとじゃ驚かないぞ・・・と,期待に胸を弾ませて見ました・・・。


時は豊臣家滅亡後の元和元(1615)年秋。
おっと,竹松もとい景明-否,字(あざな)だと平八か-元気じゃねーか。
生来病弱だったんじゃなかったのか・・・。
・・・で,
「人望が厚いのは父親譲りじゃの」
と来たもんだ。
お得意のとってつけたような兼続・景明賛美。
何の伏線も無いので,私は未だに兼続が何で人望があって家老に抜擢されて,一切合切を任される程の人物なのか,このドラマからは理解できませんでした・・・。
尤も,景明は大坂の役から二ヶ月後の同年7月12日に逝去しているので,秋(7月は確かに旧暦で秋ですが)にああして領内を走り回っていたとは思われません。
TVとは異なって前年の冬の陣(鴫野の戦い)で感状貰う程の活躍をした後に江戸で療養していたと思われるので,多分米沢へは帰らず江戸で逝ったのではないでしょうか・・・。
因みに継嗣にはめぐまれませんでしたが,景明は妻帯していました。
近江膳所城主戸田氏鉄の女と伝わっており,景明没後は京都所司代板倉重宗に再嫁したことになっています。
そのあたりは全く触れられず,短い生涯を独身だったという設定だったのでしょうか・・・。


やがて大御所家康も斃れます。
駿府に兼続が見舞いのため登城したのは事実のようです。
ただ,政宗と一緒に呼ばれることはなかったと思うのですが・・・。
で,家康が後事をこの2人に託すとも思われないですし,直江状のことを十数年ぶりに混ぜっ返したり,政宗の肚はお見通しみたいなことを家康が言うとは思われないのですが・・・。


おねいさんが訪ねてきたのはその2年後でした。
頭が白くなった兼続に対して,おねいさんは全く変わっていないというのは,いかがなものでしょうか・・・。
幸村姉という設定ですから,兼続と同世代の筈ですが・・・。
かつて豊臣政権の黎明期に,真田が北条と結ぼうとした際に(註:そのような事実は全く無く,むしろ逆です)それに反対して家を追われたという設定だったようなので(忘却の彼方),弟が大坂の役で討死した際も出なかった・・・ということでしょうか・・・。
で,南蛮に行くとは・・・。
ま,強引な帳尻合わせですな・・・。


元和4(1618)年,兼続がすべてから解放されて越後に夫婦で・・・というくだりと,景勝が兼続を岩屋に連れて行った部分は必然性のない創作でしょう。
前々回だかに,突然独眼竜が米沢にやってくる場面がありましたが,幕府は常に諸大名の動きに目を付けており,自由に夫婦で旧領を見て回るなどということは不可能,と断言しても差し支えないと思います。
また,初代謙信を初めとする歴代藩主の墓は,最後の「天地人紀行」にあったように米沢市内の上杉家廟所にありまして,春日山城にも米沢領内にも毘沙門天を祀った岩屋が有るとは到底思われません。


・・・ということで,最後の最後まで突っ込んでしまいました。
いろいろと評判の芳しくない「天地人」でしたが,毎回の突っ込みどころだけでも十分私は楽しみましたので,今となってはそれも良かったか・・・と思います。
いずれにしても,一昨年の「風林火山」に次ぐ大河コンプリートとなりましたので,めでたしめでたし。
次の「龍馬伝」はどうでしょうね・・・。
岩崎弥太郎が竜馬に関与したのは長崎時代以降だから,せいぜい2年程度・・・。
それを強引に絡ませるとしたら苦しいかな・・・。
それよりも,来週からの「坂の上の雲」です。
阿部寛の秋山好古と高橋英樹の児玉源太郎は,やはり格好良い。
村田雄浩の伊地知幸介と竹中直人の小村寿太郎,江本明の乃木と渡哲也の東郷は見てみないと何とも言えませんが・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特濃エントリ,いきます・・・ | トップ | 特濃エントリ,いきます・・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も未だにわかりません。 (haru)
2009-11-23 12:09:39
こんにちは。
私は、兼続の知識がこのドラマだけなので、未だに兼続が優秀な人間なのかわかりません。ドラマから伺いしれるのは、兵士としては使い物にならない。御館の乱のきっかけを作った。武田を金で買収し同盟するが、武田を滅亡させ、上杉を危機的状況に追い込む。隠居した三成をそそのかし、天下の大乱を企て、その結果、何十万という命が奪われる。親友である三成を裏切り、家康を追撃しなかったため、三成は処刑された。等々、愛や義とか程遠い人生だったと思います。 まあこういうツッコミを入れて楽しんでいたからこれでいいのかも知れません。
また遊びに来ます。
http://blog.livedoor.jp/haru1106/
遂に最終回・・・ (アメリカン・ブルー)
2009-11-23 16:08:57
koshiさん・・まずは、お疲れ様でした。無事に「天地人」も「もうひとつの天地人」も最終回を迎えられ、それぞれの余韻の中で幕が引かれたことに、私は満足しています。
NHK大河を見始めたのは、転勤で仙台に来てからで、もう20年になるでしょうか・・・
歴史に疎い私も、さすがに年月は記憶をつなげ、大筋を理解できるようになったつもりでいましたが、勝手に名付けた「もうひとつの天地人」に出会うや否や、カルチャー・ショックとはこう言うことかと思い知らされました。
以来、毎週、特別講座を日曜に開講して・・やら、我儘も申して、本当に申し訳ありませんでした。
そんな意味で、私にとっては、きっと忘れられな作品になりそうです。ありがとうございました。

「坂の上の雲」「竜馬伝」・・・
今度は、静かに応援しながら、期待していますね。。。と言いつつ、また、お邪魔してもいいですか?
お出でくださいまして,ありがとうございます (koshi)
2009-11-23 22:48:54
haruさん,今晩は。
終わってしまいましたね。
突っ込みどころ満載で,毎週日曜はブログ根多に困らなかったので,そうした意味では印象的な作品となりました。

>愛や義とか程遠い人生

いや全くをもってその通りでしたね。
本当の兼続は,私が察するに我が国を真っ二つにするような戦を企てた謀将という感じだったと思われます。
また,米沢の街割りとか治水事業,殖産興業という点で有能な民政家でもあったと思われます。
どうも脚本家の思い入れによって,あのような妻夫木兼続が出来上がってしまったとしか思われません。

私の方こそ,遊びに行かせてください。
バトンのマクラーレン移籍,安藤美姫のファイナル出場等,話題の多い1年ですので,エントリに大いに期待しています・・・。
本当にありがとうございました (koshi)
2009-11-23 22:59:36
アメリカン・ブルーさん,今晩は。
終わりましたね「天地人」。
我が儘などと,とんでもございません。
私の方こそ毎週いらっしゃるのを楽しみに,そして読んでコメントをいただけることに感謝しつつ大いに励みにしておりました。
こちらこそありがとうございました。

>「もうひとつの天地人」

唯々光栄でございます。
おかげさまで毎週日曜は根多に困ることが無く,毎週山のような突っ込みを入れて楽しむことができました。

>また、お邪魔してもいいですか?

どうぞどうぞ,勿論大歓迎でございます。
こちらこそ,またお邪魔させていただきたいと思います。
アメリカン・ブルーさんのサイトのように大賑わいではありませんが,これからもエントリを増やしていきたいと思います。
「坂の上の雲」は10数年前に一度読んだきりですので,来週までに今一度原作に目を通したいと思っております・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「天地人」最終回。今年の大河ドラマに何を思ったか綴る。 (還山捫虱堂)
スーパー執政 (還山捫虱堂)
さて、お隣の景勝様も書いたから、 お隣の兼続も書いておきましょう。 兼続の能力が10なら此の方は50は絶対にあ
天地人 最終回「愛を掲げよ」 (あしたまにあーな)
いよいよ最終回を迎えました。これまでの流れも比較的速いものでしたが、今回も怒濤のごとく時代が過ぎていったような気がします。歴史にタラレバは禁物ではありますが、兼続の息子である景明がもう少しだけ長生きしていてくれたら、米沢藩もきっとまた違った状況になっ...
大河ドラマ「天地人」第47話(最終回)「愛を掲げよ」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
最終回はやはり「愛」で-------------!!と言う事で、いよいよ今年の大河も最終回。まだ11月という日にちを考えるとすごく変な感じなんですが、次回からまた変則放送が始まりますからね。しっかしOP見てたら、回想出演めちゃめちゃ多いですねぇ(^^;)流石最終回....
「天地人」最終回 (日々“是”精進!)
 最終回「愛を掲げよ」景勝と兼続は米沢へ戻った。米沢は兼続の改革が功を奏し、次第に活気づいてきていた。竹松から名を改めた景明ら若い家臣たちは藩の財力を高めようと改革案を練る。ところが、景明が病に倒れ、兼続とお船の看病のかいもなく息を引き取る。翌年、年老...
天地人 第47話(最終回) (春の恋と月の魔法)
「愛を掲げよ」を見ました。 戦国時代に『愛と義』を貫いてきた兼続の最後の物語。
大河ドラマ「天地人」最終回「愛を掲げよ」 (真田のよもやま話)
最終回!泣いても笑っても最終回、悩んでも怒っても最終回、憂いても駄々を捏ねてもやって来る来る最終回、始まりある物はいつかは終わるよ最終回。愛の戦士直江兼たんの行く末やいかに~~~。{%顔文字ファイトhdeco%}
常盤貴子目当てで見る天地人 最終回 愛を掲げよ (V36スカイラインクーペが欲しい!)
そなたは今でも美しい 番組最初に息子が病死。悲しみのあまり寝込むお船(常盤貴子)。景勝(北村一輝)が見舞いにきて、景勝も兼続(妻夫木聡)もそなたの笑顔が支えになったと励ます。数年経ち、隠居した兼続とお船は越後を旅し、直江家を無くすことを決意する。そして...
天地人、最終回!! (函館 Glass Life)
いよいよ最終回{/ee_3/} ハッピーエンドで終わるのだろうな~とは思って いましたが、やはり… 伊達政宗はともかく兼続までが秀忠の指南役にな るとは!! 脚色もここに極まれりといった感じですね{/kuri_5/} いくら主人公といってもここまで脚色してよいも のでしょうか?...
【大河ドラマ】天地人最終回 「愛を掲げよ」 (山南飛龍の徒然日記)
徳川秀忠の父親は直江兼続だったようです。【最終回の流れ】・米沢は兼続の政策が実を結び潤ってきた 兼続の嫡男・景明は若い家臣のまとめ役に成長するも、病に倒れ早世 兼続に慰めの言葉をかける景勝にニヤリと返す兼続・年老いた家康、正宗と兼続を秘蔵の書物を餌に呼...
天地人 最終回「愛を掲げよ」 (みはいる・BのB)
『天地人』最終回です。 あらすじ・・・・・
天地人・最終話 (ブルー・カフェ)
天地人 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ついに!天地人最終話ですね。長かったね~(全然見てないクセに)いやはや・・・で、早くも来週から「坂の上の雲」でしょう?まあ、出来の方は見てみない...
天地人~最終回 感想「愛を掲げよ」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天地人ですが徳川の天下となり世も平和となります。直江兼続(妻夫木聡)たちも京都で流行している紅花を作って大儲けしようなど平和そのものですが、突然直江景明(太賀)が若くして亡くなります。兼続は娘二人に続いて大切な嫡男を失ったわけですが、お船(常盤貴子)の...
天地人最終回 直江兼続大マンセーで大円団! (ぱるぷんて海の家)
天地人視聴者の皆様! いよいよ今年の大河も最終回! お疲れ様でした! 苦行の一年よく耐えて我慢してくれました! ホントにお疲れ様でした! 1年間苦行のお礼と云っては何ですが 本日は 75分拡大版! と云わんばかりの 大サービスの総集編拡大版だったけ...
「天地人」 愛を掲げよ (センゴク雑記)
大河ドラマ「天地人」。最終回、愛を掲げよ。 兼続、ご満悦の回。 暗い話は始めだけ。景明の死。 景明に若い者達をまとめるだけの才能があったとか、いきなりの演出が意味不明でしたが、 病弱ということでお亡くなりに。 惜しまれた死という印象を与えたかったので...
天地人最終話(11.22) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
直江兼続@妻夫木聡は、徳川家康@松方弘樹から愛と義を伝授するよう頼まれ、 伊達政宗@松田龍平と共に、秀忠@中川晃教の指南役に就任、 老後を悠々自適に暮らしましたとさ。めでたしめでたし 『天地人』、やっと終りました。 大河ドラマのすべてを知っているわけ...