イランのサッカー情報
魅惑のペルシアンフットボールの世界
 




★アジアへようこそ!

さて、ついに水曜日、フロンターレがセパハンと対戦です。すでにフロンターレはイスファハン入りをしていますが、場所がイスファハンとあって、イランの中央のメディアはさほど取材に行ってないようです。だいたいからして、テヘラン以外のサッカーの試合はさほど熱心に取材をしない感じなんですよねー。これでテヘランのチームだったら、さらにペルスポリスかエステグラルだったら大騒ぎですよ。

また、イランで大人気のレスリングの世界大会が今アゼルバイジャンのバクーで行われていて、そこでイランのレスリング界のアイドル、スーリアンくんが55キロ級で優勝。その話題でスポーツ新聞は持ちきりでした。
(余談ですが、スーリアンはほんと可愛らしい感じなんですよ。)

今はラマダン中なので、夕方はご飯を食べてから皆で観戦って感じなんでしょうか。まずは第一戦、どちらもがんばれ!!!

★こちらで応援メッセージを受け付けているそうです

映画「オフサイド・ガールズ」の公式ブログで、フロンターレへの応援メッセージを募集中!
日本での試合前にチームにメッセージを届けてくださるとのことです。

ところで、先日、イラン人の友人と「オフサイド・ガールズ」を見に行ったら、彼女たちも大笑い。喜んでくれて一緒に行ってよかったです。
で、彼女たち曰く、女子サポに困らされる兵士たちが喋る言葉がすごい訛っているそうで、「何言ってるかわからないところもあって、日本語字幕読んでた」とのこと。とにかく彼らが話し出すと隣でクスクスと笑い転げていました。
これから「オフサイドガールズ」をご覧になる皆様、是非このあたりも気にしてもらうと面白いかもしれません!




コメント ( 5 ) | Trackback ( 2 )





★東京では公開中

イランのサッカー場を舞台にした映画「オフサイド・ガールズ」が9月1日より東京で公開されています!詳しくはこちらの公式ブログで!

サッカーを知らなくても、イランを知らなくても、とっても楽しめて、そして今世の中で言われているイランについてのこととはまた違った部分を見ることが出来たり、そしてより身近に感じることが出来ることうけあい。

個人的には、女性の人権がどうとか、イスラムの戒律がこうとか、そういうことは全く取り払ったところでこの映画を楽しんでもらいたいです。そのレベルで語るべき映画ではなく、率直で、飾り気の無い、人間くさい、愛すべき映画です。

イランの女性サポーターのお話(当ブログの元サイトより。4年前の記事です)。


★映画を見たらイランを味わいたくなったアナタ!

さて、映画で幸せな気分になった後は、イランのご飯で幸せに!
名古屋では8日からの公開ですが、映画をご覧になった後に是非行っていただきたいのが名古屋市の徳川園の近くにあるジャヴァン・レストラン

美味しいイラン家庭料理と明るいスタッフ、そしてイランのポップスやテレビが待っています。テレビを見ながら料理を食べればそこはもうイランです。サッカーのある日は運がよければIPLの試合もテレビで見られますよ!

アクセス
栄より基幹バス、徳川園新出来下車
JR、地下鉄大曽根駅より徒歩15分
地図はコチラ



コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )









★日本在住の「オフサイド・ガールズ」より

さて、本日、大阪歴史博物館で行われた「オフサイド・ガールズ」の試写会を見てまいりました。大阪歴史博物館、ナイス企画!

テーマだけ見ると、は「サッカー場に何故女性が入れないの?」という社会的映画のイメージがありますが、実際見てみると、実はそこに重きを置いているわけではなく(もちろんそれに関する問題提起はあるのですが)、サッカーをきっかけにたまたま集まった老若男女のその日の出来事なのです。

出ている皆が素人の方を使っているというのもあってか、何もかもにうそ臭さが無いというか、すごく皆が人間臭いんです。見てもらったらわかるのですが、とにかく愛すべき小憎たらしさや、愛すべき間抜けさ、男性より勇敢な女性、でもやっぱり女の子だったり。そんなみんなと一喜一憂したり。

ただ、会話の端々にイラン国内での格差などもさり気無くうかがい知ることが出来て、これはまたこれですごく興味深いと思いました。

そして、私の場合は日本の片隅でまともにサッカーの映像さえも見ることがままならない状況なので、サッカーを見たい女の子たちにはかなり感情移入。「日本人の女の子は見られたじゃない!」って、ゴメンネ。私はあなたたちと見たいよ本当は。最後のシーンは、結果は知っていてもすごく息を呑む展開。そして涙。

もちろん、イスラム社会のまだまだ不思議な部分や問題も投げかけてはいますが、まずはそういった小難しいことは抜きにして、とにかく気軽に皆さんに見て欲しい映画だなーと思いましたです。


★そして、ここのブログ、サイト的感想、そして楽しみ方

●この映画には選手事体は出てこないのですが、名前はちょいちょい出てくるのでどう彼らが思われているのかわかるので面白い。ザンディやらカービィやらアジジやら。ダエイ様の悪口出るかと思ってたけどそれは無かったな。
ところで、パナフィ監督はどこのチームのサポーターなのかしら。

●試合前のスタメン紹介をしているのが聞こえるのですが、そこで選手の名前を聞き分けるのも楽しい!

●キャリミ、人差し指で目、えぐられてるよ!

●アザディの落書きだらけのトイレにも注目。ペルスポリスと書かれていたり、大きく「ALI DAEI」と書いてあったり、何故か「METALLICA」というものまで!イラン人好きそうだよなぁ、メタリカ。

●兵士の一人が何処となくミルザプールに似ているのが個人的にはツボでした。ミザプはどことなくいまだに垢抜けない感じだもんな。

●アザディで試合が行われると観客席のサポーターの写真が出ることが多いのですが、その彼らが生き生き動き回っていて、そのアザディの喧騒が目と音で伝わるのにはドキドキ!

●映画を見る前に、一度バーレーン戦当時のスタメンを頭に入れて見に行くと、面白いかもしれません。


いやー。でも本当に、日本で見られることが出来て嬉しいです。初めてこの映画の存在を知った時、まさか日本で上映されるだなんて思いもせず。ほんと、有難うエスパース・サロウ様!メルシー!

オフサイド・ガールズ公式ページ
東京・シャンテ シネで9月1日より、名古屋・名演小劇場で9月8日よりロードショウ決定したそうです。





コメント ( 7 ) | Trackback ( 1 )





★がんばれ!女の子!

さて、ついにこちらでもふれていた「Offside」が日本でも公開されます!!!やった!!素晴らしい!ありがとう、ありがとうエスパース・サロウ様!!邦題は「オフサイド・ガールズ」になるそうです!

コメントでnariさんも触れられていますが大阪で先行上映があるそうなので万難を排して行くぞ!申し込み多数の場合は抽選とのことですが・・・ドキドキ。

私自身、まだこの映画少しも見ることが出来ていないのですっごく楽しみなのです。共感できること間違いなし!そして皆に絶対見て欲しいです。


★男子は黙ってなさいよ!

そして、ここ数年、イランの女子サッカーも少しずつですが外で試合できるようになったりと変わってきているようです。招待され、ドイツで試合をするなんてニュースも聞こえています。(その後、いろいろな事情でドイツでの試合はキャンセルになったそうです。)


なんとなく、男子よりも頼もしい気すらしてきた。

しかしそこはイラン、練習などの環境がいいとは決して言えません。プロリーグのピッチですら荒れてるのに、彼女たちの練習場も荒れ放題。



そんな中、ついに女子用のスタジアムが完成!先日オープニングセレモニーが行われた模様です。



この情報、PFDCで仕入れたのですが、このセレモニーの写真、全てにわかり易くピッチが映っていなかった為に、「本当に出来たのかよ」などというコメントがいっぱいついたりで大して歓迎もされていなかったのですが・・・男子は黙ってなさいよ!
政府の人気取りだとしても、女子スポーツのための施設が出来るのはやはり喜ばしいことだし、観客が女子限定だとしても外で試合を出来るようになったのは大きな前進。がんばれ!女の子!いつか女子ワールドカップでも日本の前に立ちはだかるようになって欲しいものです!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )





★ダエイ様は偉大であるがしかし

さて、アジアカップ予選対台湾戦ですが、結果は4-0でイランの勝利!ゴールは美白の美少年テイモリアンとわれらがペルスポリスのマダンチが2点。そしてキングダエイ様だ!ライブテキストを後で追っかけて読んでいたのですが、もう皆ダエイ様を叩きまくりだったときのゴールで、その場が一瞬「えー・・・と・・・ゴールやったぜ!」てな空気になっていて笑いました。

次のコスタリカ戦は海外組が合流しますので、ブランコのことだから間違いなく今上り調子の国内選手はサブでちょろっと使うくらいでしょう。んがしかし、サブで出られたとしたらその短い時間でその力を見せ付けるように!検討を祈るよ。


★「Offside」ちょこっと見たよ

さて、先日もご紹介しましたイラン映画「Offside」ですが、今日、テレビでベルリン映画祭の授賞式をやっていたのですこしだけ内容を見ることが出来ましたのでちょいっとご紹介。

この映画の舞台は、昨年のアジアカップ予選のアザディでの対日本戦のようですね。最初のシーンは女性サポがバスに乗って勇ましくチアホーンをパッパカ吹いているのを好奇の表情で見る男子サポ。次は警備する軍人に変装してスタジアムにもぐりこむ女性と、同じく少年に変装した数名の女子とのお喋りシーン。盛り上がりつつも意識して男性っぽく振舞う姿がかわいい。そして軍人として警備配置に付いた二人の女性が試合を覗き見して「わー!ザンディにノスラティよ!!」とわぁきゃー大喜び。ザンディに並びノスラティも女子人気が高いのかしら?とちょっと気になっちゃいました。

監督のコメントも流していましたが、穏やかな独特の雰囲気のある監督で、コメント内容も感動的でした。

今年はワールドカップの年です。日本の配給会社さん、是非この映画を上映してください!お願いします。ちょっとデリケートな問題を扱っているのでややもすると堅い政治的な映画に見られるかもしれませんが、基本は青春映画だと思われます。どこの国の女性だって、同じなんですから。

そしてこの映画がきっかけとなって、女性がスタジアムで観戦できるようになれば本当にいいな。ただ、すぐに「じゃあどーぞ」となるのも、いろいろ危険だと思われるので、まずは熱狂的女性サポーター専用席や家族揃って観戦席などを作って徐々に解禁するのはどうかしら。先日の台湾戦では女性サポーターの姿がちらほら見られたようですが、アザディは当日がらがらだったからそれもありだけど、IPLじゃそうやってなし崩し的な解禁は絶対無理そうだからなぁ。考えてください、ダドカンさんよ。選手もめちゃ発奮すると思いますよ!





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





★アジアカップ予選


練習風景

午後3時半、アザディスタジアムでキックオフです!もう台湾はテヘラン入りしているとは思いますが、なんの情報もありません。
まぁ、ワールドカップ前の貴重な試合です。キッチリ強化して勝っていきまっしょう。

こちらのブログ的スタメン予想はこちら!

        ルドバリアン

  カービィ ゴルモさん ノスラティ ザレ

    ナビドキア(ジャッバリ) ネコウナム

     カゼミアン      マダンチ
    
      ボルハニ    アクバルプール

まーバックはいつもの面々かとは思うんですが、前は大胆予想。ただ、後はサデギやアミルアバディを見てみたい。あと、ミルザプールはどうも調子が悪いらしい(怪我?)ので出ないという情報も入っておりますので、ここはルドバリを。タレブルーでもいいんだけどあえて。

そうそう、カービィが鼻を折ったみたいで、絆創膏と鼻カバーしていまhした。早く治りますように。


カメラ目線


★スターが激励!

さて、イラン代表のキャンプを、あの、大スターが訪問!

それはダエイ様の盟友(?)モハンマドレザ・ゴルザー様だ!


右から二人目。メガネかけて、なんか知的な感じ?ちょっと昔の布施明みたいね。

スターの応援も受けて、明日はたのんますよ!


★映画繋がりで

さて、イランのニュースサイトを見ていたら、銀の熊のトロフィーを掲げている男性の写真が。お、と思い調べたらこの男性はイラン映画「白い風船」で有名なジャファル・パナフィ監督。「Offside」という映画で今年のベルリン映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞しました。

さて、勘のいいかたならお気づきかと思います。そう、この映画、サッカー映画なんです。しかも主人公は女性!女性ファンがなんとかスタジアムにサッカーを見るために潜り込む顛末を描いた映画のようです。くわしくはここ。この監督は、以前もイラン女性を描いた作品「チャドルと生きる」を撮っています。彼にとって革命後の女性を描くのは、一つのテーマなのかもしれないですね。

この映画、是非見たいです。彼女たちよりは恵まれた環境にはいるにせよ、イランでは同じ立場のものとして共感も出来そうです。






コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )