光と自然のフォトファンタジー

心を癒す写真であなたを癒します。

マコちゃんです

                       雪の朝

2017-02-25 22:02:22 | 風景
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio




つぶやき<<子どもの方が素直、60代後半、手に負えない>>




信濃国分寺の朝


       

                           上田創造館
        

                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 




写真チェルノブイリ医療支援ネットワーク


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら    
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

                       足跡

2017-02-24 16:50:11 | ネイチャー、スナップ
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


雪道足跡 ふと振り返れば我が人生(若くない)


つぶやき<<若者よ女性の涙には気をつけて人生を誤る>>




                           上田創造館

        

                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 




写真チェルノブイリ医療支援ネットワーク


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                      神の川

2017-02-23 14:33:33 | 風景
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


神の川の流れ、この先は下流は千曲川、水源は菅平高原山々




                           上田創造館

        

                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 




写真チェルノブイリ医療支援ネットワーク

              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                上田駅前イルミネーション

2017-02-22 09:50:50 | 星空
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


今季もイルミネーション終りが近い、上田駅前イルミネーションも、楽しませていただきました。




                           上田創造館

        

                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 







              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                ベラルーシ共和国、再訪

2017-02-20 17:52:22 | 風景
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


チェルノブイリ原発事故から30年、(ベラルーシ訪問記)菅谷 昭 氏(松本市長)昨日、講演を聴きに行ってきました。

チェルノブイリ原発事故から30年の節目、可能であればベラルーシの現在の姿を、自らの目で是非確かめたいとの思いを強くしていて2016年7月2日から9日にかけて私的な立場でベラルーシ再訪のお話、写真を交えながら、菅谷 昭 氏は医者として1993年チェルノブイリ原発事故の医療支援活動に参加1996年ベラルーシ共和国に渡り、首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて小児甲状腺ガンの外科治療を中心に医療支援活動に従事され2001年6月ベラルーシ共和国での5年半に及ぶ長期滞在を終え、帰国され2004年3月長野県松本市長として活躍されています。

<著書>


チェルノブイリ診療記(晶文社)

チェルノブイリいのちの記録(晶文社)

ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間(ポプラ社)

真っ当な生き方のすすめ(岳陽舎)


(チェルノブイリ原発事故から30年福島原発事故5年)


ホットスポットエリア(居住禁止区域)の今:ペトカ地区バルトロメーエフカ村の現状を語る

今もって進入禁止(高度放射能汚染区域につき進入不可!!)の大きな表識。
村へ続く道路沿いの木々手入れもされず伸び放題4年前に訪ねたときに住んでいた老夫婦はなくなり、家の中は荒れたまま。今は3組の村に戻った老夫婦が住人とのこと「事故前は、工場やお店もありにぎやかだった」と話してくれた老婦人。道路脇の空間放射線量は0.4マイクロシーベルト/じかんを示していたが、屋内方が更に高値となる。事故後30年経過しても放射性物質による環境汚染は収束していないことが明らかとなりました。

私は福島が心配国の対応が





<写真はカサドールの農場モロコシ畑>

     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 






人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                この道は記憶に残ってます。

2017-02-18 23:43:53 | 風景
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


この材木会社が目印、先左折して坂道を登りきると州道T字路を左折ここからは州道を飛ばせば15分で農場です。





                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 







人は忘れることで再び過ちを犯す



 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

                    農場へ向かう

2017-02-18 00:01:11 | 星空
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


農場に向かって街並み









     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 





子どもたちを放射能から守るために何ができるでしょうか、私たち大人に

ベラルーシ再訪して

お話し松本市長  菅谷 昭氏

2月19日(日)13:30上田市上野が丘公民館(協力券500円)


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です.




                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                カッサドール 街並みカット

2017-02-17 00:01:11 | 風景
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


カッサドール 久々の町並み紹介してないカットです。






                        写真家 榎並 悦子







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 





子どもたちを放射能から守るために何ができるでしょうか、私たち大人に

ベラルーシ再訪して

お話し松本市長  菅谷 昭氏

2月19日(日)13:30上田市上野が丘公民館(協力券500円)


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

                農場までのポイントスナップ

2017-02-15 22:45:45 | ネイチャー、スナップ
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


農場家と町の家を何回か往復していると町の通り、良く買い物をするスーパーなどが記憶に残っています。



縦の通りに対して横の通りは坂道この通りはよく記憶反対の坂道に教会が目立つ




このスーパーは町で一番大きくなんでもそろっています。



                        写真家 榎並 悦子




     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 





子どもたちを放射能から守るために何ができるでしょうか、私たち大人に

ベラルーシ再訪して

お話し松本市長  菅谷 昭氏

2月19日(日)13:30上田市上野が丘公民館(協力券500円)


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

                     ブラジルの孫

2017-02-13 23:30:00 | ポートレート
いつも応援ありがとうございます

Obrigado Obrigado como sempre apoio


         
日本名(ひろき)ブラジル名(jonas)







     



                    大西卓哉宇宙飛行士           




 





子どもたちを放射能から守るために何ができるでしょうか、私たち大人に

ベラルーシ再訪して

お話し松本市長  菅谷 昭氏

2月19日(日)13:30上田市上野が丘公民館(協力券500円)


              人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。

 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)

 
 


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


                 チェルノブイリ原発事故:何がおきたのか


                        宇宙ステーションキッズ

                     「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   
          


                     
 詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      



                           国立天文台野辺山



                          

 facebook
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

コッペちゃんです