光と自然のフォトファンタジー

心を癒す写真であなたを癒します。

       ニューヨークの国連本部 核兵器禁止条約採択

2017-07-29 00:00:00 | ネイチャー、スナップ
いつも応援ありがとうございます


Obrigado Obrigado como sempre apoio


国連122カ国が賛成 核兵器禁止条約採択に国連史上初総立ち



核兵器禁止条約の採択が決まった歓喜の中で握手を交わす被爆者のサーロー節子さん(中央)と藤森俊希さん(その左)7日、ニューヨークの国連本部(撮影・池田晋記)



 日本からは、被爆者のみなさん、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)や原水爆禁止日本協議会(日本原水協)など市民社会のみなさんが参加して、会議の成功のために奮闘しました。一方、日本政府は会議をボイコットしました。日本の政界から参加したのは日本共産党だけ、握手するホワイト議長と志位委員長 <7日、国連第1会議場(撮影・遠藤誠二記者)




                大西卓哉宇宙飛行士      
 


 

        人は忘れることで再び過ちを犯す


 1986年4月26日未明、ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原子力発電所(原発)の4号炉で、大きな爆発事故が起こりました。
    
 この爆発により一瞬のうちに原子炉が破壊され、火災が発生しました。火災を消火するために、ヘリコプターから原子炉の炉心めがけて総計5,000トンにおよぶ砂や鉛などが投下されました。火災は爆発から14日後の5月10日にようやく収まりました。

(チェルノブイリから約8,000キロ離れた ここ日本でも、野菜・水・母乳などから放射能が検出)


昨年、チェルノブイリ原子力発電所の事故が起きてから30年が過ぎた。アメリカの経済誌「フォーブス」が世界で最もユニークな観光地のひとつに選んだ、今、この地は人気の観光スポットとなっているという。ガイガーカウンター(放射線量計測器)を片手に多くの人が訪れる。そんなツアーがあるそうです。(時が止ったままのチェルノブイリ原子力発電所跡地?)

ツアーの注意書きには放射線による影響等をご考慮、ご理解のうえ、自己責任にて参加を判断くださいますようお願い申し上げます。このツアーに参加中、参加後の体調不良は、現地ツアー専門予約サイトVELTRA(ベルトラ)および催行会社では責任を負いません。(但し、お客様が緊急の病の場合には病院等に早急に搬送、もしくは手当ての準備をお手伝いさせていただきます。)
個人使用のガイガーカウンター(放射線測定器)もご持参可能です・


   「提供:宇宙航空研究開発機構(JAXA)」   



詳しくはこちらを    ヘール・ボップ彗星を追う野辺山45メートル電波望遠鏡      


                  

    facebook 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン よろしかったら
   
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«              ... | トップ |              ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ネイチャー、スナップ」カテゴリの最新記事