風のみえるにわ

美しい日本の風景を次世代に
心象風景をかたちに・・ 童心にかえる ふわりの庭

その土地の重み 杉並区Y邸の庭づくり

2017-01-19 19:31:42 | 日々のこと










杉並区Y邸の庭が完成いたしました。

熊澤安子建築設計室のお仕事です。

毎回思う事ですが、庭づくりのはその土地の重みを感じることだと思います。

現在に至るまで、その「場」にどのような歴史があり、物語があったか・・。

どんな自然が広がり、人が居住し、またどんな大きな力で守られてきたか。

庭を作るという事は、打ち合わせからプラン作り、樹木や草花の選定、植栽に至るまで、そのことに寄り添い感じることだと思っています。

テクニックではなく、あえて言葉にするなら「感応」ということに近いかもしれない。

ですから、集中して作業すれば、あっという間に完成する。

草木の魂、土地の力、施主様の想いが大きな力添えになります。






実はこの土地には施工前に縄文土器が出土されたらしく、調査が入ったという事です。

幸い施工には支障がなかったそうですが、その時代から人々の営みがあったことを知り、土地の重みを再確認いたしました。

また、庭づくりがほぼ終わった頃に、可愛いお嬢様が「庭を作って下さってありがとうございます!」とお声掛けくださいました。

聞けば、その発掘の現場にも立会い、大工さんの差入も自らがされて、また庭づくりの様子も見てらっしゃいました。

お父様の意向ではあるようですが、お子様にとってはなにより貴重で得難い経験だったと思います。

こういうことが本当の教育であり、感性を育む「体験」なのだと教えて頂いた気がいたしました。

施主様の想い、建築家の熊澤さんの感性、東北の素晴らしい樹木や草花が相まって、良い庭が出来たと思います。

ご依頼いただいた施主様には、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。































この記事をはてなブックマークに追加

ふわりの「庭楽」