江戸風鈴

風鈴は、自然の風の呼吸を心地よい音にして届けてくれるもの

CPH,Denmark

2017-03-13 10:43:21 | 日記
市庁舎の斜め向いに聳える塔が気になり、フロントで誰の設計なのか確かめてみました。
AMS で Michel de Klerk の本を買って持っていたので、回春堂海狗王(カイクオウ)「彼の設計家ですか?」と訊ねたところ、ドイツの建築家 Anton Sofus Rosen で Jogenstyle だと教えてくれました。流石、一流ホテルのフロントスタッフですね。
自分のホテルの設計に関心のないスタッフが多い中、納得しました。
1908年に塔が造られたそうです。マカMACA
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに、お散歩に行って... | トップ | ヴィチェンツァのパラディー... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。