介護のあれやこれや

平成12年度に主人が脳卒中で倒れてからの介護

あんなになって迄生きたくない・・・

2017-06-28 17:48:01 | 日記
札幌今日は晴れ時々曇りでーす。
今は亡き母85歳位の時かな・・・
認知症にドッポリはまっている時に、母が肩が痛いと言うので整形の外来で待っている時に、

私共の前を足を引きずりながら介護をされながらやっと歩いている母と同じ位の年齢のおばあちゃん。
母はその姿を見て【私はあんなにしてまで生きたくない】と言う。
私は慌てて母の口を塞ぎました。

母に何を言っても分からない。
私は母の顔を見ました、うつろな目、生気のない顔
この人は幾つまで生きるのだろう、
きっと誰かに同じことを言われて居るのかも知れない。

段々母の年に近づいて行くと、
あまり長生きはしたいとは思は無いが、ましてや呆けたくもない、
若い時の考えは年老いてもバンバン好きな事をして、
楽しく暮らしたいと夢の様な事を考えていた

人生そうは甘くない。
信心もない私に神は私に介護と言う足かせを・・・
有難うございます。
お陰様で今日も生かされています。
主人の介護に精を出す事が出来ます。
美味しい生寿司を二人でニンマリとしながら平らげました幸せ・

『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜10時に成ってもテレビに夢... | トップ | ハァー―暑い久し振りの夏日で... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (あけ)
2017-06-28 20:00:27
私の、母もディから帰るたびに、隣に座る、おばあさんは、食べさせてもらわな、ご飯食べられへんねんでと…自分も、そうなのに…それが認知症なんですね。祖母も認知症で、母と同じ晩年は寝たきりでした。母の主治医も認知症は、30パーセント遺伝とか…なりたくてなりたいわけじゃないし…なるようになるさって思います。いつも、旦那さまの介護お疲れ様です。ご自分の体調も、気をつけてあげてくださいね。
あけ様 (mitu)
2017-06-28 21:34:32
こんばんは~~です。
30パーセント遺伝かー。
まあね。頭の隅ではいつも考えていますが・・・
でも自分は大丈夫なんて考えたりします。

介護しまくり挙句の果てには最後は自分の事も分からなくなるパターン他人事ではないと最近特に考えてしまいます。

認知症の入り口は悲惨です。
どっぽりはまった方が自分も楽だし看る方も諦めて楽だと思います、施設に預けようがショートに預けようが本人は悩まないと思うの‥母がそうだったかっらね。施設に入れず、私の健康上ショートにはお世話になりました。

ショートに預けながら毎日会いに行きました。
帰りは置いて来るのが可哀そうで【買い物に行ってくるね】と逃げるように帰りました。

母は何時も【ゆっくり行っといで】と言いました。
どうせ呆けるのだったら母の様な呆け方がいいです。

何時もしていた徘徊は頂けませんが・・・
いつも居なくなりました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。