魔法の庭ものがたり20巻記念イベントへ ②

2017年06月10日 | アロマテラピー
ロールオンアロマ作りのワークショップの後は、
ハーブガーデンツアー。
とても暑い日だったので、頂いたシトロネラの香りのするうちわを
パタパタと扇ぎながら出掛けました。

生活の木のガイドの方に「魔法の庭ものがたり」に登場するハーブや
主人公のジャレットと一緒に暮らしている6匹の可愛い猫たちの
名前の由来になっているハーブを案内していただきました。

「香りを嗅いでいい香りだなぁ~と感じた時は、
それが自分の体にとって必要な香りの事が多いんですよ。」
と教えていただき、まずはローズマリーの所へ。



みんなでローズマリーの葉を触って、その指の香りを嗅いでみます。
すーっとした香りがしました。

「この香りがいい香りだなぁと思った人いるかな?」という
ガイドさんの問いかけに半数位の子が手を挙げていました。
ローズマリーの香りは、頭をすっきりさせてくれて、
お勉強の時などに(嗅ぐのに)良い香りと言われていますよ。



みんな真剣に聞いています(^^)。



⬆ こちらは、ラムズイヤー。
みんなで葉を触って、なでています。
名前のとおりに、子ひつじの耳のような形の葉で、
なでるととっても気持ちが良い柔らかい毛が
葉に生えていて、いつまでも触れていたい程でした。

ここでガイドさんからの質問。
「魔法の庭ものがたりに登場するラムっていう猫ちゃんの名前の
元になったのは、ラムズイヤーでしょうか?」

「…そうでーす。」「あ、違いまーす。 スイートマージョラムです。」
みんな詳しくって凄いなぁ、と感心!でした。

6匹の猫ちゃんの名前と元になったハーブはこうでした。

ラム ➡ スイートマージョラム
ニップ ➡ キャットニップ
ベル ➡ ベルガモット
ミール ➡ カモミール
チコ ➡ チコリー
アン ➡ アンジェリカ

アンジェリカ以外のハーブは全て園内にあったので
実物を見て、触れて香りを嗅ぐ事が出来ました。



⬆ 「カモミールの香りは、みんなどうだったかな?」

とっても優しいガイドさんでした。ありがとうございました。



19巻「時間の魔女のティータイム」の太陽で淹れるお茶 サン ティーを
園内のコモンマロウのお花で作っている所を見せていただきました。
写真では分かりにくいですが、花の薄い紫色が水に出てきています。




そして、最後は あんびる やすこ先生のトークショー&サイン会。

作者のあんびるやすこ先生と担当編集の方が、
どんな風に魔法の庭ものがたりの本が作られていくのかを、
プロジェクターで映し出された色々な写真と共に
お話しして下さいました。

プロットシートというものを使いながら
話しの筋や流れを決めていくというお話、
本文中の挿し絵を入れる場所についてのお話、

主人公ジャレットが着ている可愛いお洋服の
デザインや、美しい色合いはどんな風に決めているのか、
また、先生お気に入りの画材のご紹介等々。。
大サービスで色々なお話を聞かせていただきました。
子どもたちから先生への質問コーナーでは
どんどん質問が出て、みんな夢中で聞いていました(^^)。




たくさんのお話の中でも、私が素敵だなと特に印象深く感じたのは…

・20巻に込めたメッセージについて
20巻では夢や憧れの気持ちについてが描かれています。

「自分はこうなりたい、という夢や憧れの気持ちは
子どもの頃は大人になったら解消されているんだろう、と
漠然と思っていたけれど、実際は全然そんなことは無くて、
大人になっても悩んだりしています。

でも、ずっとその憧れの気持ち、それを好きな気持ちを
持ち続けていれば、回り道になったり、方法が違ったりしてもいいな、
素敵だな。(という思いを込めています。)」


・魔法の庭ものがたりへの思い

「この「魔法の庭ものがたり」がちょっと普通と変わっているところは、
ジャレットという小学生の女の子が両親と離れて一人で暮らしながら、
(ハーブの薬屋さんとして)人々の役に立っているという所だと思うのですが、

小さい子どもだって、人の役に立つ事はできる、と私は思っているし、
私が子どもの時に「私は小学生だから人の役になんて立てない」とは思っていませんでした。」

子どもを子ども扱いしない、先生の優しいまなざしが作品に溢れているから
先生の作品はどれも人気があるんですね

そして、ともすれば難しくなってしまうハーブの効能や知識がやさしく分かりやすく、
面白く、深く、主人公ジャレットの心の成長と共に描かれている所がこのものがたりの
大きな魅力だと思います。

あんびる先生にお会いできてとても嬉しかったです。



ポプラ社の皆さま、生活の木の皆さま、あんびる先生が
細部まで心を込めて準備して下さった事が伝わってくる
イベントでしたので、丁寧にブログ記事にしたいと思っていましたら
かなり時間が掛かってしまいました。
自分の主観ばかりの文章でおかしな所があるかもしれませんが、
この場を借りて心からお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました


追記⬇


園内のレストランでのハーブいっぱいのランチ。
ホロホロに柔らかいポークの香草焼きと
よもぎパン、バジルパン、
エディブルフラワー&チアシード入りのサラダが美味しかったです。
よく冷えた濃い目のハイビスカスティーが驚きの美味しさで、
家でも作ってみようと思っています。



『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 魔法の庭ものがたり20巻刊行... | トップ | アルチンボルド展 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アロマテラピー」カテゴリの最新記事