TeaTime

ひとり言  

2017-03-30 06:08:03 | 日記
子どもは国の宝

もちろん親にとっては かけがえのない宝物

10代後半は

みずみずしい若葉のように 身も心もつやつやで

師を仰ぎ 友と戯れ 夢と希望があふれているころ

大人の判断で取り返しのつかない事態を避けて欲しかった

「石橋を叩いて渡る」 決断をして欲しかった

代われるものならとたくさんの人が涙したと思う





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅行 | トップ | 転居 »

あわせて読む