TeaTime

ひとり言  

2016-10-14 06:21:37 | 日記
あら

目が覚めたとき 一瞬わからなかった 

夢だったんだ~

祖母とそのともだちのおばあちゃまを

一生懸命探していたからか

目が覚めても 軽い疲労感が残った 

ふるさとでのお祭りの日

外も家も賑やかで 家族も集まっている

道を隔てての目の前の家で

とても気が合って

毎日何度も行ったり来たりしていた二人

その二人が いったい 

どこに行ったんだろうね。。。という夢だった

もうご先祖様になっている祖母と祖母のおともだち

眠るところも道を隔てて対面している

明日 お墓参りに行くから 

きっと 一足先に会いに来てくれたんだね 

夢は 時として懐かしい人たちと会える

会えて 良かった~ 













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスク | トップ | ある »

あわせて読む