風散歩

毎日マイペース 
自分の楽しみは 自分でみつける🎶

私と母の珍騒動・8 やっと勝ち取ったお湯はりの権利

2017年03月07日 22時09分38秒 | 私と義母の珍騒動
なに? このタイトルは
と、思われるでしょう

いつも変なタイトルですが、我が家はこんな小さな事で もめ事が絶えないのです。
こんな小さなことでも、凄く長く語れてしまうので、なるべく短めに努力します

母は80歳くらいまでは お風呂を掃除してくれていました。
お湯も溜めてくれました。

家の中で自分の仕事が何もないから せめてこれくらいはと頑張っていたので 私も少しくらいお風呂が汚くても何も言いませんでした。
本人にはわからない様に 私がお風呂に入ったついでに 壁などを掃除したりしていました。

そのうち掃除が出来なくなり、私に掃除当番が回ってきました。
だけどお湯は自分で入れたがります。 せめてお湯くらいは・・・と言いながらやってくれましたが、水道ひねるだけですよ。


お湯はり機能を使う事なくタイマーで15分間の時間設定するわけです。

100均で買ってきたタイマーを幾つ壊した事か。
母はデジタル式のは使いこなせず、壊れてもまた同じ形の同じ物でないと使う事が出来なくなってしまいます。
いつも同じタイプの物を買っていましたが時代とともに無くなり、諦めかけていたところへ
娘が買ってきてくれたニワトリ
これは100均では見当たらなくなりました。

これには大変お世話になっています。
100均じゃなくて、980円もしたそう。
100均なら9個も買える


母が忘れっぽくなってからは、時間設定もいい加減で、お湯を入れるの忘れて水を一杯に入れたり、栓をしないまま15分間お湯を入れたり、入れている事すら忘れて1時間近く放置したりで 私も台所仕事をしながら気をつけてはいました。
ギリギリでくい止める事ができて安心した事も何度かありましたが、ここまでするならもういい加減お湯を入れるのやめてほしい。


主人の方から「もういいから こっちに任せなさいよ。」って言ってくれた時、
「そうだね、もうボケちゃって何が何だかわからん。頼むよ 任せたよ。」
って言ったので よし来た
と、思ったのも束の間。
次の日には もとに戻っているのです。

お湯をジャンジャン入れてます。

こうなる事は 分かっていましたが・・・

それから毎日 夕方になると私の了解を得るようになりました。
「もういいかね? お湯入れてもいいかね?」
って聞きに来るので、
「まだ5時だよ 早すぎるでしょ。」


一旦引き下がるもののまたすぐに 台所に立っている私の周りで
ウロウロと「もういいかね?」って。
これを毎日続けられて私は頭のてっぺんに 噴火口が出来かかっていました。

介護の仕事している人に相談してみました。
母が お風呂にお湯を入れる前に、先にお湯を入れてしまいなさいと言われました。
それをしばらく続ければ 自然とそういうものだと思って忘れて行くから。


しかし! それはならぬ

5時に「まだ早いでしょ!」って言ってた私が、それより早く入れるという事は 誰も入らないお風呂にお湯を入れて 追い炊きのできない風呂は入る頃には冷めているという事になる。
それを毎日続けるのは無理です

そこで私は心を鬼にした これは闘いだぁ~
毎晩のこのストレスを絶対無くす!!



いつものように母が来る

母「もういいかね? お湯入れていいかね?」
私「まだ 早いよ。 私がやるからいい。お母さんはゆっくりテレビでも見ていて。」
これを3回ほど繰り返し、部屋に引っ込んだ所で私がお湯を入れてしまう。
4回目に母が 「お湯入れてんの?」って不思議そうにするけど、これを毎日繰り返し、なんとなくお湯はり当番は私に傾き始めますが、また時々蘇ったりしていました。

そしてついに
お湯はりの権利は私のものになりました。
長かった~

習慣を変えるという事は とても大変な事
こんな小さな事なのですよ・・・・
なのにこんなに長い文章になってしまいました。
これでも 控えた方なんですが。
たかが お湯はりでこんなにも語れるんです
でも ストレスは少しずつ無くして行かないとねぇ
実際 1年ほどかかりました。


それで最後に

お湯はりの権利を勝ち取った私は やっとお湯はり機能が使えるぞぉ~と、
思ったけど、久しぶり過ぎて使い方が解らず、取り扱い説明書を出さなきゃ

でも 面倒だからもうしばらくニワトリのタイマーにお世話になるとするか
ジャンル:
その他
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 私と母の珍騒動・7 カラオケ♪ | トップ | 私と母の珍騒動9・母の入院 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風さんへ (サンキュー)
2017-03-08 06:28:43
確かにお母さんが風呂当番をしてくれる事は
有り難いですがミスが出てくると心配ですね
我が家でも僕が風呂当番担当です
以前はすべて手動でしたのでガス釜式で
タイマーを忘れてお湯が沸騰する事もたまに
今は給湯システムで設定ボタン一つで
終わりになり楽になりました
お湯はり機能が早く使える様になると良いですね・^^)。
こんにちわ☆ (ローズマリー)
2017-03-08 09:38:11
やりましたね(笑)😁

私だったらお風呂に鍵付けちゃうかも。

また違う簡単な仕事を
やってもらえばいいですね。
いつか・・ (たいぴろ)
2017-03-08 11:23:51
今我が家も風呂のタイマーが壊れていて、止め忘れで何度も溢れさせています。我が家は息子達が風呂当番ですけど。
なんか、大変さがわかります。うちの父母も忘れっぽくて、何度も同じ事を言ってイライラすることがありますが、まだ認知は入ってないので かなりマシかな。でもいつか風さんの立場になる時が来るかもな・・私は色々と冷たい人なので風さんの様にうまく出来ないかも。
コメントありがとうございます。 (風)
2017-03-08 16:49:41
サンキューさん
サンキューさんがお風呂当番なんですね。
そうそう ガス釜式の私も覚えています。忘れてお湯がボコボコに沸騰してたりして、でも今では安全になりましたね。
お湯はり機能は5年ほど前使った事ありますが、私もすっかり使い方を忘れてしまいました。でもニワトリタイマーもなかなか役に立っています。

ローズマリーさん
ようやくですね~
長かったですが、私が失敗しないようにしないとね。
そうそう 年寄りの出来る事、仏壇のお世話かな?
転ばないように気をつけることも仕事です!

たいぴろさん
何度も溢れてると これがストレスですよね。
たいぴろさんも いつかこんな時期がと思われているかもしれませんが、怒らない様に世話するには
自分だったらどうされたいかいつも頭においています。
常に怒っていたら、私も年を取った時、子供に怒られます。
子供は常に親の背中を見ているから。優しく接していればそのように 自分に返って来ると信じています。
なんちゃって
深呼吸 (・・・ニコニコ (^_-)-☆ 情夜灯。)
2017-03-08 17:53:00
お疲れさん
やみっちゃんと駄弁り
趣味を紐解き 
美味しい物などを頂き
ストレス解消出来たらいいな
大丈夫々そよ風さん(^^♪
・・・ニコニコ (^_-)-☆ 情夜灯。

風さん偉い (ば~ちゃん)
2017-03-08 20:02:37
ほんとそうですよね、いつもいつも怒っていたら子供達が見ているから怒らないようになんとか工夫して暮らして行かないとと、言っている私は一緒に暮らしていないから簡単に言っています。本当にご苦労様ですどんどんここでお話しされて気持ちが少しでも晴れますように。
ずっと昔足で義理のお母さん蹴っていたお嫁さんの話聞いたことありますそれだけはやりたくないですよね人として、、、。
お疲れ様 (biho)
2017-03-08 21:32:48
長期間、頑張りましたね、お疲れ様。
いろいろなことがあると思いますが、ストレスをためすぎないように、ほどよく抜いてくださいね。
頑張りましたね (うさちゃん)
2017-03-09 14:34:52
だんだんと風さんの勢力が強くなり、全部を占領できるのも間近でしょう。毎日のことだから、ストレスがたまりますね。ここの場でどんどん発散してくださいね。
コメントありがとうございます。 (風)
2017-03-09 16:50:05
情夜灯さん
有難うございます。
みいちゃんも あちらの年寄りで忙しそう。
絵手紙を描いたり、散歩したり、自分の楽しみは自分で見つけて行かないと、私も年を取って行くばかりですね。
そろそろ暖かくなってきました。
桜見の散歩でもしようかなあと思っています。
近場ですけどね(笑)

ば~ちゃんさん
そうですよね、ひどい事だけはしてはいけませんね。
そんな所を子供にも見られていたとしたら、私も同じめに会うに違いありません。
それに 怒ってばかりいると自分が疲れると思います。
同じ1日を過ごすなら 気持よく過ごしたいですよね!

bihoさん
有難うございます。あはは 母は悪気は無いので、私さえ普通にしていれば穏やかな毎日です。私がイライラしていると家族も居心地悪いと思うので、この先は穏やかに行きたいと思うのですが・・・何が起こるかわかりませんね

うさちゃんさん 
そうなんです。
昔は気の強い母で有名だったのですが、この頃私の方が強くなって・・・ でも似ないようにはしたいのですが。
書きたいことは山ほどあります。また読んで下さいね。

私と義母の珍騒動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。