寓居人の独言

身の回りのことや日々の出来事の感想そして楽しかった思い出話

記憶に残っている映画「アンドロメダ病原体」(67)

2017年05月18日 00時31分02秒 | 寓居人の思い出話

 宇宙の大きさから見れば我が地球は、昔風なたとえを使う

と、芥子粒のような存在でしか無いですね。その地球に現在

72億人という数の人が生存しています。

 この映画は、そんな地球にある日宇宙から隕石と思われる

物体がアメリカの小さな村に落下しました。そして一夜が明

けると村中の人たちが謎の死体となって発見されました。

 すぐに特別調査班が組織され出動しました。もちろんその

村は存在しないことになり、徹底的な調査が実施されました。

 調査隊は、奇跡的に助かった人を発見しました。それは酔

っ払いと泣き叫ぶ赤子だったのです。その事実について検討

された結果、助かった人は激しく呼吸をしていたことが発見

されました。その人から病原体が採取され、最高密閉装置を

持った研究所へ移されて観察された。病原体はアンドロメダ

と命名されました。アンドロメダ病原体は、不気味に増殖し

ていくのでした。

 そんなとき研究所の一部が故障して病原体が外部へ漏出す

る危険が発生します。それを検知した安全機構がロックされ

る。それは研究所全体を原爆で焼却することを意味します。

 映画の次の段階は、安全機構のロックを解除することです。

その部分はあまり新鮮さが見られませんでしたが、アメリカ

映画らしく、ハッピーエンドになります。

 この映画で私が感心したのは、迅速に現地調査団を派遣す

る組織、体内の酸素濃度と病原体の関係を発見すること、高

度な安全装置を組み込んだ研究所、安全装置に異常が発見さ

れると自動的に外への脱出ができなくなり原爆を使って全体

を焼却するという考え方です。

 日本でレベル4の安全装置を備えた実験室を作ることで住

民との間で軋轢が起きる前にアメリカではこんな映画を作っ

ていたのです。さすがですね。面白い映画でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寺田正夫 高等学校へいく(1... | トップ | コゲラが音を立て始めました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。