寓居人の独言

身の回りのことや日々の出来事の感想そして楽しかった思い出話

寺田正男 高校学校へ行く(78)

2017年01月30日 23時14分54秒 | 寓話

  6月になった。中学校と違って野外でやる学校行事がな

いので、正男はときどき変な感じになることがあった。そ

れはこんなにいつも勉強ばっかりやっていていいのだろう

かという疑問のようなものだ。畑仕事は弘との話し合いで

助け合い運動というのが出来て正男が手伝わなくても済む

ようになった。しかし日曜日は畑を手伝うことにしていた。

今年もイチゴがたくさん収穫できるようになった。弘は正

男に手伝わせてイチゴやその他の野菜を大新田町へ売りに

行った。イチゴは飛ぶように売れてすぐなくなってしまっ

たし、野菜も常連のお客さんがいつも買ってくれるだけで

売り切れになったしまった。町の人は今度いつ来てくれる

んだいと言って弘達が野菜を売りに行くのを心待ちにして

くれているのだった。

 そんなある日大原台の正男の家の近くの家、それは正男

の同級生山口守男の家だった、へ大新田町の警官が自動車

でたくさんやってきた。そんなことはこれまで一度もなか

ったのですぐに大原台の人たちがその家の近くに集まって

きた。遠巻きに見ていると山口の父親が警察官に家から連

れ出されてきた。両手を鎖の付いた輪っかで繋がれて腰に

麻縄のようなものでくくられたいた。それを見ていると組

合長が事務所から飛び出してきて、警察官に何か怒ったよ

うに怒鳴り始めた。警察官は組合長を少し離れたところへ

連れて行き、説明をしているようだった。取り囲んだ大原

台の人たちは、その様子を固唾をのんで見守っていた。

 やがて組合長は納得しがたいことを無理に納得させられ

たといった顔をしてみんなのところへやってきた。見てい

た人たちは組合長がしゃべり始めるのをじーっと待ってい

た。組合長は少し毛の薄くなった頭を左手の平で汗をぬぐ

ってから小さな声で話し出した。

「実はな、山口さんは2,3日前に大新田町へ野菜と自分

の家でとれたというニワトリの卵を売りに行ったそうだ。

その卵はどこから手に入れたか分からないらしいのだが、

山口さんは自分の家のニワトリが産んだものだと言ってい

るらしい。しかしな、山口さんのところにはせいぜい自分

の家で食べるほどの卵しかとれないほどの数紙かニワトリ

を飼ってないそうだ。私も知っているがせいぜい10羽にも

満たない数のニワトリしかいない。ところがな売りに行っ

た卵のほとんどが腐っていたそうだ。その卵を買った家で

使い始めてそのことが分かり、近所の山口さんから卵を買

った人が次から次へと腐っていると言い出したので、数人

で警察へ相談に行ったらしい。警察で調べてみたら売りに

来たのは大原台の山口さんだと判明した。それで先ほどの

ようなことになったと言うことだ」

「一人がそうだ、山口のところでは雌が6,7羽しかいない

な、それが毎日卵を産んだとしても100個の卵をためるに

は20日くらいはかかるな」

「そうだな」

「俺も知っているけど自分の家でも卵を食べていると言って

いたからな」

 その頃には小さな子供たちも集まってきたらしい。警官

は山口さんを車に乗せて大新田町に向かって県道を走り去

った。組合長を初め集まってきた人たちは呆然として走り

去っていく警察の車を見送っていた。

 正男は高校から帰ってきてその話を弘から聞いた。

「そのとき守夫君はいたの」

「いや、守男は大新田の高校へ行っていたのでいなかった

らしい」

「でもどうして腐った卵を売りに行ったんだろう」

「そうだな、組合長もそのことを不思議がっていた」

 正男はその話を切り上げて、中間試験の勉強を始めた。

授業は前もって教科書を読んでおき、先生の説明を聞く

とよく理解できるようになっていた。どの科目の参考書

を見ると、これまでにいろんな大学で出題された入学試

験問題が出ていた。それを解いているうちに問題の意味

が分かるようになってきた。

 正男はふと守男のことを考えた。学校で今日のことが

同級生達に知られてしまうと守男は、学校へ行き難くな

ってしまうのじゃないか。そんなことにならなければい

いのだがと思った。何か誤解があって卵が傷んでいたの

に気がつかなかったのかもしれないと思った。

 正男は気分を変えるために外へ出てみた。6月の梅雨

の時期が迫っているというのに無数の星が空一面に広が

っていた。しばらく星空を見ていた正男は、その日の勉

強を終わりにして家に入り就寝した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ米大統領の雇用対策案? | トップ | 江戸時代じゃあるまいし 偽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。