寓居人の独言

身の回りのことや日々の出来事の感想そして楽しかった思い出話

記憶に残っている映画(62)「ボルジア家の毒薬」

2017年01月25日 12時06分13秒 | 寓居人の思い出話

 この映画は1498年の出来事を史実の基づいて制作されたと

記憶の隅に残っています。ローマの為政者の美しい妹ルクセー

ヌが、兄の政略のために次々と新しい小国の領主と結婚させら

れるという話しです。

 数日後にナポリ公と結婚することになっていた美しい姫君が

憂さ晴らしに町へ出かけてしまう。途中で魔法使いに会い、貴

女はこのまま歩いていると見目美しい若い男と出会い、愛し合

うようになるだろうと予言する。姫は恐れと期待を持ちながら

歩いているとふとしたことで魔法使いの言っていたような男と

知り合い恋に落ちてしまう。

 彼こそがナポリ公国の王子であり姫の婚約者だった。それは

結婚式のときに分かる。姫の兄は結婚式の引き出物として、こ

れまでも繰り返し行われてきたように、奴隷を活きたまま焼き

殺したり、兵士を庭にはなってその兵士を刈り込むという小を

見せた。その兵士は昔姫を助けたときに体の関係が出来たと叫

んだためにその場で殺されてしまう。ナポリの王子はボルジア

家の恐ろしい血のことが噂通り狂気に満ちていることを悟った。

 その王子もこの姫と結婚したが、為政者の兄に近づかないよ

うにすると、兄の放った暗殺者によって何回も妻に助けられた

がついに殺されてしまう。そして姫は兄の元に連れ戻されて次

の結婚相手を待つ身になってしまった。そこでこんなことがい

つまで続けられるのかと思った姫によって、一族が....。

ヨーロッパにはこのような話しが歴史の中で繰り返されてきた

のですね。日本でも戦国時代には戦略結婚は人質という考え方

から頻繁に行われてきました。しかも現代でも同じようなこと

が行われているかもしれませんよ。女性の権利が強くなったと

いいながらふと心配になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報道写真家 福島菊次郎氏の... | トップ | トランプ米大統領の雇用対策案? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。