寓居人の独言

身の回りのことや日々の出来事の感想そして楽しかった思い出話

白紙領収書の行く末

2016年10月11日 12時09分52秒 | 日記・エッセイ・コラム

一般的に言って、ある勤め人Aさんが仕事上必要な何かを

購入したとします。代金を払い領収書をもらうことになっ

たときに、Aさんは金額はこちらで書くので白紙でくださ

いと言います。店の人はそれは規則上できませんと言いま

す。Aさんは、国会議員でも白紙領収書をもらっているの

だからいいのではないかと主張します。店の人は国会議員

が相手をする店ではどうかわかりませんが当店ではそれは

出来ません、と言い返しました。

 領収書は企業では経費計算の基礎になり経費が関係して

きます。税務署では金額、店名、商品名、購入日など必要

な項目が表示してないと受け付けてくれません。

 では白紙領収書はどんな使われ方をされるのでしょうか。

自分で金額を記入することができるので国会議員にそんな

人はいないと思いますが、実際の金額より大きい金額を記

入して経費を浮かせるなんてことをやる人がいないとは言

えませんね。もし白紙領収書を渡し実売金額と異なる金額

は記入されていることが税務署に指摘されたら、法律のこ

とはよくわかりませんが公正証書偽造とか何とか法律に触

れる犯罪になるかもしれませんね。こんなことも考えられ

る白紙領収書問題は慣例上頷けることではないですね。

 明確な判断をお願いしたいものです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記憶に残っている映画(50)「... | トップ | 政務活動費不正受給問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。