寓居人の独言

身の回りのことや日々の出来事の感想そして楽しかった思い出話

記憶に残っている映画(52) 「未知との遭遇」

2016年10月17日 21時51分03秒 | 寓居人の思い出話

 私は大学時代に友人の紹介された「太陽系帝国の最後」

問小説を読んで以来、SF小説に妙味を持ってしまいました。

そんなわけでSF映画もかなりの本巣を見ています。この映

画『未知との遭遇』は封切がすぐに見に行きました。

 映画は期待の背かず面白いものでしたね。あらすじを書

くのは控えますが、イントロでバミューダトライアングル

で行方不明になっていた戦闘機群や大きな貨物船が行方不

明になったときの状態で発見される。

 そのあとUFOと推測される発光物体が目撃される。その

後に大規模な停電が発生する。原因は不明のまま発電所の

職員が復旧作業をしていたが、作業するそばから機器がが

誤作動を起こす。

 その後、子どもの拉致があったりいろいろな騒動が起こる

が宇宙船との音による対話が行われるようになる。巨大な円

盤が現れたり、これでもかというようにいろんな目新しい技術

が表現されます。

 地球人が宇宙人と遭遇したらどうするか。神に祈るとか相

手を殺してしまうとか未知の技術を学ぶとかいろいろありま

すが、一般の地球人は恐怖のあまり相手を✖✖してしまうだろ

うと推測されたという調査があるようですね。

 地球人同士でも同様なことがありましたね。日本人の若者が

道を聞くために見知らぬ人の家を訪ねたとき、その家の住人が

鉄砲を持って現れ””Freeze!”と叫んだが若者はその意味が分か

らずそのまま男に近づいていった。そして男に射殺されてしま

ったという事件がありました。

 宇宙人は善意の知能を持った生き物だしたら意思が通じるか

もしれませんね。そのような社会を造っていきましょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代が違うよというけれど | トップ | 寺田正男 高校学校へ行く(40) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。