快眠ためのマットレス・ベッド・枕  気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
寝るのが趣味☆店長のブログ 神奈川県座間市 快眠具まるとみ

パシーマをベッドで乾燥

2017-10-16 08:26:18 | パシーマ


こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
先週末から気温が下がり、雨が三日続いています。
起床してから、パシーマを外でパタパタとはたくのが習慣ですが、今朝は雨が止んでいたのでパタパタしました。
その時気が付いたのが、パシーマパッドシーツがいつもより重いこと…つまり湿気を多く吸っていることです。
先週まで掛けはパシーマキルトケット1枚でしたが、気温が下がってから薄い肌掛けを使っていることが湿気の原因かと思われます。
掛けるものが増えたり厚くなったりすると、寝床の上から蓋をする状態になり湿気が発散しにくくなって寝床内の湿気が増えます。
湿気は上から抜けないと下に溜まりやすくなるので、パッドシーツが吸収して水分量が増えて重くなる…ということです。
対策として、椅子2脚の上に掛けふとんを部屋干しして、ベッドにパシーマのみ掛けた状態で乾燥させています。
ベッドに掛けふとんを掛けたままですと、寝床の湿気が乾きにくく、夜寝床に入っても冷たい感触となってしまいます。
これから季節、暖かく眠るためにも寝床の乾燥が大切です。
掛けふとんをベッドから外して、なるべく寝床を乾燥させるようにしてください。

 快眠具.com
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毛布の裏表と正しい使い方 | トップ | 羽毛ふとんに日干しは必要か? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パシーマ」カテゴリの最新記事