快眠ためのマットレス・ベッド・枕  気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
寝るのが趣味☆店長のブログ 神奈川県座間市 快眠具まるとみ

羽毛ふとんは蒸れやすい 快適に使うためのひと工夫

2017-11-08 18:17:31 | 掛けふとん
 羽毛ふとん用 側生地

綿ふとん用 側生地

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
2つの画像は羽毛ふとんの側生地と綿ふとんの側生地ですが、比較すると羽毛用が繊維の密度が高いことがわかります。
同じ羽毛用の生地でも、海外製は密度の低いものが多いのですが、日本製は羽毛の飛び出しを防ぐために密度が高く、
そのせいで通気度が犠牲になっているということです。
通気度が低い=蒸れやすい…ということになるので、汗が多い方や暑がりの方は工夫が必要です。
タオルケットや綿毛布があれば、羽毛ふとんの中に使ってみてください。それだけで、かなり快適になります。
当店では羽毛ふとんの中掛けにパシーマをお薦めしていますが、軽くて吸湿が良いので羽毛ふとんとの相性もピッタリです。
『羽毛ふとんは、体に直接掛けて使ってください』と説明する業者もいますが、それは間違いてす。
羽毛ふとんの中には、汗を吸う素材をなるべく使うようにしてください。
それが快適ですし、長い目でみて中身の羽毛を長持ちさせることにもなるのです。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加