快眠ためのマットレス・ベッド・枕  気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
寝るのが趣味☆店長のブログ 神奈川県座間市 快眠具まるとみ

オーシャンビューの部屋で使うゲスト用寝具

2017-11-17 18:25:20 | お手入れ
 ポーランド産ダウン羽毛ふとん ¥68,000

 いい按配・羊毛混敷きふとん ¥19,980

 肩楽寝・パイプ枕 ¥5,400

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
マンションにお住いの方てすと、収納スペースが狭いため、ゲスト用の寝具を準備しているご家庭はまれで、レンタル寝具を利用するのが一般的です。
今日お届けしたお客様宅は、湘南の海沿いにあるオーシャンビューのマンションでした。
お客様用寝具を3セット納品させて頂きましたが、最近では珍しい事例です。
敷きふとんは羊毛混・掛けふとんは羽毛・枕はパイプ素材という組み合わせでした。
ゲスト用寝具は、たまに使いますが、収納されて保管する時間が長いので、コンパクトになることと、カビたり湿気たりの心配が少ない素材がお薦めです。
特に枕は注意が必要で、そば殻の枕は長期収納すると虫が付いてしまいます。
長期収納しても問題ない、パイプや合繊わたなどの素材が枕にはお薦めです。
敷きふとんは1枚のみで使えて日干しなどのお手入れの少ない羊毛混素材がお薦めですが、自由に折れない素材だったり、嵩張る素材は不向きです。
いい按配。羊毛混敷きふとんは、1枚のみで使える適度な硬さと弾力性がありながら、どこでも折れる素材なので取り扱いも楽な敷きふとんです。
掛けふとんは合繊素材でコンパクトに収納できる物もありますが、使い心地という点では羽毛がお薦めです。
ポーランド産ダウン羽毛ふとんは、ゲスト用には贅沢ですが、泊まったお客様は気持ちよく眠れることと思います。
この部屋にお泊りのお客様は、オーシャンビューと贅沢な寝具で、幸せな時間が過ごせることでしょう。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち直しでダニ退治 ふっくら清潔に生まれ変わる木綿わたのふとん

2017-11-09 18:07:09 | お手入れ
カード打ち成型機
 木綿わた
 綿入れ作業

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
ふとんの打ち直しで、ダニ退治ができることをご存知ですか?
ふとんを打ち直しするのは、中わたが硬くなった敷きふとんをふっくら再生するためですが、
その過程で中わたのダニやチリは大幅に除去されるので、出来上がった木綿わたは清潔に生まれ変わります。
打ち直しで古いわたを成型する『カード打ち成型機』の工程で、ダニやチリは下に振るい落とされるので、きれいな繊維のみが残ります。
仕上げの過程では200℃の熱風乾燥も行うので、殺菌効果もあります。
ダニの繁殖条件は、湿度・温度・食料・なので日干しなど日常のお手入れを怠ると、木綿わたにはダニが繁殖しやすいといえます。
ペットのいるご家庭で臭いが気になる場合は、丸洗いしてから打ち直す方法もあります。
打ち直しで、木綿のふとんをふっくら清潔にして、気持ちよく使ってみませんか

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち直しで作る敷きふとん 厚みや重さについて

2017-10-27 18:50:28 | お手入れ


こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
画像は、打ち直しで作り替えるために、お客様からお預かりした敷きふとんです。
見た目は普通の敷きふとんですが、持つと重たい…
通常は厚く作っても7㎏くらいですが、計ったところ8㎏近くありました。
高齢のお客様でしたが、畳に1枚のみで使いたいので同じ量で作ってほしい…とのことでした。
打ち直しで敷きふとんを作り替える時によくあるリクエストは『軽くしてほしい』という声です。
毎日の上げ下ろしや干したりといったことが、年齢とともに重く感じるので軽くしてほしい…
そんな希望が多い中で、重たい敷きでも良いという方は珍しいかもしれません。
敷きふとんの厚みは、使い方や用途で変わります。
畳みや床で使う場合は、1枚だけで使うのと2枚敷いて使うのとで厚みが変わってきます。
軽く作るということは、中綿の量が少なくなり薄くなるのでマットレスなどと重ねて2枚使うのが一般的です。
ベッドのマットなど、厚いマットの上で使う場合は、床で使う敷きよりも薄く作ります。
木綿わたの敷きは、お客様の使い方やお好みで厚みと重さを変えることができます。
打ち直しをする時、リクエストがあれば遠慮なく伝えてください。

 快眠具.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝具のクリーニングで注意すること

2017-10-03 08:58:00 | お手入れ


こんにちは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
寝具のクリーニングには、通常のドライクリーニングとアクアジェットクリーニング(水洗い)の2種類あります。
カシミヤやキャメルなど、高級な毛布はドライクリーニングですが、店(業者)を慎重に選ぶ必要があります。
獣毛の毛布は毛並みの柔らかさや肌触りが命ですが、技術の甘い店に出すと、この風合いが変わってしまいます。
自家工場のあるクリーニング店で、丁寧で信用のある店を選ばなければ、後で後悔することになります。
取り次ぎだけのクリーニング店が増えていますが、価格は高いけど仕事は丁寧…というクリーニング店をチェックしておきましょう。
クリーニング業者の組合などでは、ある特定の服や寝具がクレームやトラブルが多いと、受け取り禁止になりブラックリストに載ります。
寝具では、大手家具チェーンや老舗寝具問屋の商品など、数点が受け取り禁止のリストに入っていますが…
地域ごとで組合や組織が別なので、情報の共有はなく、トラブルになるケースが続いているようです。
トラブルの起きた時のために、クリーニング業者には保険があるそうなので、最初に責任の所在をはっきりさせて、
自信のなさそうな店には頼まないのが安全策かもしれません。
寝具の購入の際も、メンテナンスについて知識のある店舗での購入をおすすめします。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加