寝るのが趣味            気持ちよく眠るための快眠ブログ

 
 
寝るのが趣味☆店長のブログ 神奈川県座間市 快眠具まるとみ

羽毛ふとんの品質ラベルは信用できる?できない?

2017-11-27 17:40:47 | 掛けふとん
 日本羽毛協同組合 ロイヤルゴールドラベル

 CIL 品質ラベル



こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。

羽毛ふとんの品質は、中身のダウン(羽毛)の品質によって決まります。
ダウンの質の違いで価格や使用感が変わってくるのですが、中身の見えないダウンの質は、お客様には判断できません。
そこで、中身の品質をわかりやすく表示するラベルが羽毛製品には付いています。
ラベルの表示はダウンの弾力性(ダウンパワー)を数値と色で表示してあるので、数値の大小やラベルの色で品質を判断できる…というものです。
このラベルを発行しているいるのは、日本羽毛協同組合CILですが、他にもあるかもしれません。
当店の羽毛ふとんを製造している工場では、日本羽毛協同組合に加盟しているので、画像(ゴールドラベル)のようなラベルが付きます。
では、このラベルは中身の品質を保証するという点で、100%信用できるのでしょうか?
私の個人的見解では、どんなラベルが付いていても信用はできないと思っています。
日本羽毛協同組合のラベルは、加盟工場がラベルを自由に購入(日羽協から)することができますが、その購入したラベルは各工場の自主判断で製品に添付している…というのが現状です。
当店の製造工場では、輸入した原毛を数社の第三者機関で検査して、いくつかの項目を確認してから適合するラベルを添付しています。
つまり、ラベル=品質という当たり前のことをしていますが、そうではない工場や業者もあることが問題です。
ラベルの品質に満たない羽毛にも、販促のために高品質なラベルを付けて販売している例が多く見られます。
ラベル=販促ツールという形で、本来の目的である品質のわかりやすい表示とは違った目的で使われているのが現実です。
西川などのメーカー品でも、仕入れは製品でしかできないので、中身の確認はできません。
当店が羽毛工場から直接仕入れているのは、中身のダウンを自分の目で確認してから製品にできるからです。
以前は数社から製品を仕入れていましたが、今は工場での別注生産で作った羽毛ふとんのみの販売です。
羽毛ふとんは安い買い物ではないので、お客様には確かな品質で提供したい…という思いです。
できるだけ品質の良い羽毛ふとんを、なるべく負担の少ない価格で提供したい…ということで現在販売中なのが、ポーランド産ダウン羽毛ふとんです。
¥68,000という価格は羽毛ふとんとしては安くはありませんが、間違いなく価格以上の品質でお買い得な羽毛ふとんです。
手に取っていただけると、その軽さと品質がわかると思いますので、ぜひショールームで触れてみてください。

快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

組子ベッド あんばいの特徴

2017-11-19 18:59:33 | ベッド






こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
お客様から好評の組子ベッド『あんばい』ですが、他のベッドにはない特徴があります。
それは工具なしで簡単に分解組み立てができること、桐材は軽いので、女性でも移動が楽にできることです。
画像のように四か所のくさび止めの付け外しだけなので、1人でも3分くらいで分解組み立てができます。
また、すのこと組子も簡単に付け外しできるので、ベッド下を掃除する時も楽です。
この分解組み立ての簡単さは、あんばいだけのもので、ここちeハッシュベッドにはないものです。
全長は215㎝ですが、通常のベッドよりも長い15㎝は、くさびの部分が出ているためです。
狭いスペースに置く場合は、くさびの出っ張りに注意が必要です。
くさび止めの短所は、若干のきしみ音が発生することですが、寝返りていどでは音はしません。
ベッドに体重をかけた時にのみ、少しだけきしみ音が発生します。
気になる方はショールームで横になって試し寝してみてください。
あんばい以外の、ここちeハッシュベッドでは、きしみはほぼありません。
ショールームでは、あんばいここちeハッシュベッドの3台を展示中です。
ショールームで寝ていただいて、それぞれの特徴を確認してください。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パシーマ あしふくろ

2017-11-18 18:07:56 | パシーマ
 パシーマ あしふくろ



こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
今日来店のお客様は、以前からパシーマを使って頂いていましたが、1年ほどで破れてしまったそうです。
洗濯はマメにされているようでしたが、踵の皮膚が硬くなった状態で、いつも同じ位置で使っていたことが原因かと思われます。
できれば毎日、上下裏返しと回して使うことで、短期間で一か所のみ擦り切れることは避けられると思います。
踵が硬くなってパシーマが擦り切れるなら、ナイロンの靴下を履けば良いのでは?という意見もありました。
それも一案ですが、パシーマ『あしふくろ』をパッドシーツ・パシーマキルトケットと兼用するという手もありかなと…
あしふくろ』は足を温めるためのものですが、シーツの擦り切れ防止にもなりそうです。
当店ではこの『あしふくろ』、まだ販売したことがなく使用感とか解りませんが、冬場は暖かく使えそうです。
汗が多かったり動きの多い方は、どうしてもシーツ類は傷みやすいと思いますが、長持ちのための工夫も研究する必要がありそうです。

 快眠具.com


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーシャンビューの部屋で使うゲスト用寝具

2017-11-17 18:25:20 | お手入れ
 ポーランド産ダウン羽毛ふとん ¥68,000

 いい按配・羊毛混敷きふとん ¥19,980

 肩楽寝・パイプ枕 ¥5,400

こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
マンションにお住いの方てすと、収納スペースが狭いため、ゲスト用の寝具を準備しているご家庭はまれで、レンタル寝具を利用するのが一般的です。
今日お届けしたお客様宅は、湘南の海沿いにあるオーシャンビューのマンションでした。
お客様用寝具を3セット納品させて頂きましたが、最近では珍しい事例です。
敷きふとんは羊毛混・掛けふとんは羽毛・枕はパイプ素材という組み合わせでした。
ゲスト用寝具は、たまに使いますが、収納されて保管する時間が長いので、コンパクトになることと、カビたり湿気たりの心配が少ない素材がお薦めです。
特に枕は注意が必要で、そば殻の枕は長期収納すると虫が付いてしまいます。
長期収納しても問題ない、パイプや合繊わたなどの素材が枕にはお薦めです。
敷きふとんは1枚のみで使えて日干しなどのお手入れの少ない羊毛混素材がお薦めですが、自由に折れない素材だったり、嵩張る素材は不向きです。
いい按配。羊毛混敷きふとんは、1枚のみで使える適度な硬さと弾力性がありながら、どこでも折れる素材なので取り扱いも楽な敷きふとんです。
掛けふとんは合繊素材でコンパクトに収納できる物もありますが、使い心地という点では羽毛がお薦めです。
ポーランド産ダウン羽毛ふとんは、ゲスト用には贅沢ですが、泊まったお客様は気持ちよく眠れることと思います。
この部屋にお泊りのお客様は、オーシャンビューと贅沢な寝具で、幸せな時間が過ごせることでしょう。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捨てられたブランド寝具

2017-11-16 18:37:49 | マットレス


こんばんは 座間市さがみ野駅北口 快眠具まるとみです。
懇意にしているふとん屋さんから、処分して欲しいと預かったAiRというマットレスです。
有名なアスリートが宣伝しているので、ご存知の方や使っている方も多いと思いますが、
そのお客様は、AiRが寝にくいと言われて普通の三つ折れのマットレスを購入していかれたそうです。
寝にくいということは、お客様が求める寝心地とは違う…ということだと思いますが、販売する側にも問題ありかと思います。
お客様の求めている寝心地にマッチする商品は、必ずしも最新の寝具や高額寝具ではない場合がよくあります。
でも販売する側に、売り上げノルマや販売強化などの営業上の理由で、無理に押し付ける…ということも行われています。
お客様よりも店の営業重視で販売すると、せっかくお買い上げになった商品も短期間でゴミになってしまいますが、
ニューライフでは、こんな寝具でも喜んで使ってもらえます。
買ってはみたけど、使っていない…そんな寝具があればNPO法人ニューライフに寄付しますので、ご連絡ください。

 快眠具.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加