農村ライフ 日々是好日

山形・庄内平野でお米を作る太ももの会広報部長の農村日記

大抜歯

2017-01-30 19:33:22 | 日記
長年使っていた前歯のブリッジに代わる新しい歯を入れるのだ!
と先週宣言しましたが、その治療日がやってきました。
ということで朝から少し緊張気味。

新しい歯、それは通称「入れ歯」なのですよ。
人生初の入れ歯作り体験です。

まずブリッジを外して、その土台だった3本を抜きます。
当然前もって麻酔の針が歯茎の表裏に6箇所打たれました。

ところがそのうちの1本がなかなか抜けない。
麻酔が効いているので痛みはないのですが、
先生が器具を使ってなにやらぐりぐり揺さぶったり
引っ張ったりしているのが分かります。

先生、歯の根っこと格闘すること10分以上?
その間診察台の上で握った拳に力が入っていました。
涙目で。

その結果、
「根っこの奥の一部がまだ残っています。これは削って割りながら取り除くしかないのだけれど、無理して取るのを止めます。残っている歯は悪さはしません。20年後ぐらいに自然に押し出されてぽろっと取れるかも」
と先生説明してくれました。

それでいいのだったら、もちろんそれでいいです。
脱脂綿を噛んで30分止血して、今日は終わり。
初日は正味1時間。

一気に3本も抜いたのだから今晩は痛むかも。
と痛み止めを処方されました。

仮の入れ歯が出来てくるのが金曜日。
それまで前歯無しの状態で過ごさなければなりません。

心配したのが食事と会話。
しばらくは流動食かと思って、柔らかいパンを買って帰りました。

そして夜。
幸い事態は心配したほど酷くなりませんでした。

まず痛み。
麻酔が切れても、さほどどたいへんな痛みはやってきませんでした。
良かった。

そして食事。
前歯に当たらないように気をつけながら、
ゆっくりですが奥歯で普通に食事ができました。
これも想定以上の出来。

そして会話。
空気が抜けて思ったように発音が出来ないかと危惧していましたが、
それほどでもなくふだんの70点くらいのレベルで会話できました。
これなら仮歯が入る金曜日まで、隠遁生活を送らなくても大丈夫そうです。

ということで明日からも普通に出勤して、
ふだんどおり仕事が出来ます。
良かったよお。

痛み止めは一錠飲みました。
今のうちに暖かくして今夜は早めに休むといたしましょう。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今がイチバンいい | トップ | 高校3年生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。