農村ライフ 日々是好日

山形・庄内平野でお米を作る太ももの会広報部長の農村日記

加嘉山公園

2017-04-23 21:21:44 | 

加嘉山公園は大山公園の旧称で
庄内を代表するサクラの名所として知られています。

昭和のはじめに地元の酒造家加藤嘉八郎が
私財を投入して公園を整備し、
旧大山町に寄贈したことから
「加嘉山公園」という名称になりました。

ここはかつて武藤氏の居城尾浦城があったところ。
高舘山と大森山を背後に下池と上池を従えて
庄内平野が一望できる大平山という風光明媚な高台です。

現在はサクラも老木が目立ちますが、昭和40年代頃は
県内でも人気ナンバー1を誇る花見スポットでした。
当時運行していた庄内電鉄湯野浜線の北大山駅からは
シーズンともなると大勢の花見客が下り立ち、
我先にと花見の場所取りが行われていたそうです。

今でも大山公園内のビュースポット尾浦八景をめぐると、
往時の賑わいが偲ばれます。

公園整備の功労者加藤嘉八郎は、今は銅像となって
旭台のサクラと訪れる花見客を穏かに見下ろしていました。




































































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長持ちサクラ | トップ | 黒シート上げ下げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。