ふたヤン

高岡市少年野球チームを『勝手に応援する』元父母会長の独り言です(笑)

どんな事にも理由(わけ)がある ~ とんちんかーん炸裂

2016年10月16日 09時13分58秒 | 日記
少し、おさらいをして思い出してみる・・・・



前回、アップした時は2ヶ月くらい前だったのに、


気が付けば、


もう10月ですよ


最後まで書こうと思ってるが時間が足りないぞ



再開だべさ~



前回同様、


あくまでも、フィクションなので、


ごく、

ごく、

まれに、


登場人物で、よく似た人が登場しますが、


実際の人物とは、

全く関係がありませんので、


ご了承下さい





もくもくもくもくもくもくもく



ちなみに、


もくもくもくもくもくと言い続けると、


もくもくが、


くもくもって聞こえるぞ





さぁ、止まっていた時間が再び動き出す!!


あいつらが、


再び帰ってきたぞ~


実況は、


10月に誕生日を迎えて、


年齢が1つ加算してしまった・・・


元ふたやん会長です。


再び、よろしくお願いします~



そして、特別ゲストには、


Yの会長の、かっとびパパさんと、

Mの会長の、レフティングパパさん


に、お越しして頂いています~


お二人とも、再び、お願いします


Y『よろしく、お願いします。』
M『ど~も、お願いします。』


Y『って、前回から、この俺様を、どんだけ待たせるんだよ』

M『あ~あ、ガチで長かったです』


お二人とも、


そうは言っても、内容的には、数秒しか止まっていませんので・・・ははははは~



先攻めは、

1・2年生チームで、


後攻めは、

3年生チーム

という事になりました。



現在、マウンドには、


体は小さいが、影響度は大きい、


小さな巨人が投球練習をしています~


小さな『実況さん~前回から1ヶ月も投球練習して疲れました・・・』


Y『そうやろ~そうやろ~』


このくだりはここまでにしましょう!!


何事も、前向きに、前向きに


食べ物が美味しい季節になってきたので、


お二人のご自慢のボデーのたるみが気になってきたのではないでしょうか?


M『あ~あ、そううですね~ガチで体を絞る必要がありますね』


Y『おわも最近チョット気にし始めてきた


そういえば、Mの会長が考案した、


レフティングザップがあるって聞いたのですが?

Y『何じゃいそりゃ?』


M『あ~あ、そうですね~これはガチで痩せますよ~』


Y『おい、教えろ!』


M『教えて下さいやろ


せっかくの機会なので、是非、レフティングザップを聞かせて頂けませんか?


小さな(心の中で。。。。)『まだ投球練習を続けるの・・・

大きな(心の中で。。。。)『まだ小さな巨人の投球が見れるなんて


M『あ~あ、言っちゃおうかなぁ~

そこを何とか

Y『もったいぶらせないで、はよ言えや


M『あ~あ、そうですね~レフティングザップというのは、』


はい。

M『食生活を改善するという事なんですよ~』


Y『整いましたぁ~


今のは、良い引き出しが発揮したのではないでしょうか?


Y『うるせぇ~おわはいつも発揮するタイプやて決まっとっちゃ』


M『ささみとサラダを基本的に食べます。』


Y『おわもサラダは好きやな~』


M『サラダは野菜なので勿論ですが、ささみがポイントになるって事ですよ~』


なるほど~


Y『ザ・ワールド!!』


実況『・・・・』
M『・・・・』
光速パパ『・・・・』
ビトールパパ『・・・・』
たなティー『・・・・』
疾風パパ『・・・・』
大きな忍者パパ『・・・・』

大きな巨人『まだまだ投げろ~


M『ささみは高栄養で、低カロリー食なので、アミノ酸のバランスも良いからです』


Y『おわは、サラダと豆腐があれば、何杯でも飲めるぞ

日中とかは大丈夫なんですか?

M『あ~あ、そうですね~最近ではコンビニに行くと、真空パックに入っているささみも売ってますので』

M『勿論、サラダも売ってます。』


ありますね~色んなささみが売ってますね~

Y『おわわ、とっぺが好き』

M『あ~あ、そうですね~でもプレーンの方が良いと思いますよ~』


どんな感じで召し上がるのでしょうか?

M『あ~あ、そうですね~、ガチでかぶりつきます

Y『おわは、とっぺ』

Y『おばちゃん~とっぺ一人前持ってきて~』


さっきから、

スルーしてたんですが、同じ食べ物の言い方変えただけじゃないですか??

Y『そうとも言う


M『これで、体を絞りこんでますよ~』


ゲラゲラゲラと談笑する3人。


Y『だけど、な~んか、Mの会長が持ち上げられてるみたいで不満だ


Yの会が凄いって事を魅せたいと?

Y『そう、元々凄いけど

なんかお題を出せと??

Y『そうそう』


では、過去のふたやんで出した事のあるクイズをだしたいと思います



Y『おわに分からん事なんて皆無

M『あ~あ、望むところです


疾風防波堤パパ『や、やばい


小声で、実況に声をかけてきた・・・


こそこそと話し出す、実況と、疾風パパさん。


疾風パパ『実は・・・今日ですね、蝶ネクタイを忘れてきたんです・・・』


試合に蝶ネクタイて要ります???


疾風パパ『頭の良いMの会長なんですが、そういうお題になるとスイッチが入ってしまって・・・』

でも、それって良いのでは?

疾風パパ『実は。。。眠りのレフティングというのがあって・・・』


はい

疾風パパ『眠っている時に問題を解決するというんですよ・・・』


それって、すごくないですか??

疾風『右手で頭を撫で回すと頭の回転が増すんですが、左手撫でまわすと寝てしまって解決するんですよ』


でもでも、解決するんでしょう??

疾風パパ『私が蝶ネクタイで声を担当して、大きな忍者パパさんが体を担当してます・・・』


という事は、本人は解決したつもりになっていると


あ~あ、だから、飲み会の終盤にレフティングパパさんを見ると、


酔っぱらって寝てるのかと思ったのですが、右手で頭を撫でたからなんですね?


疾風パパ『そうなんですよ~なので、私は近くにいるんですよ。これ内緒にしてください』



では、【 問題 』 です。


せっかくなので野球の問題です。


やさいさんチームと、くだものさんチームが試合を戦っています。


先攻は、やさいさんチームで、後攻が、くだものさんチームです。


先発は、やさいさんちーむは、にんじんくんで、くだものさんチームはメロンくんが投げています。


この試合の注目は、

くだものさんチームの主砲のりんごくんと、


投手力が豊富のやさいさんチームとの対決が勝負を左右します。


試合が動き出したのは、8回表。


伏兵の、ピーマンくんが渋いタイムリーヒットで先制して、

ここまで力投していたメロンくんに苦味を味わせました~


逃げ切れるのか?野菜さんチーム!!

追いつけるのか?くだものさんチーム!!


そしていよいよ最終回の9回裏に突入した。


投手力が豊富の、やさいさんチームは、不動のクローきたザーとして巨漢のかぼちゃくんを投入してきた。


1点リードのまま、2アウト4番の主砲りんごくんに打席がまわる。


9回2アウトランナーなしでりんごくんがホームランを打ってサヨナラ勝ちをしました!!


何でサヨナラ勝ちをしたのでしょうか??


早押しクイズです!!さぁ~どうぞ!!

Y『なんでやろ?』

M『ん~ん、ガチで分からんなぁ・・・』


立ち上がって動き出すMの会


Yの会長!Yの会長!!、光速パパさんが何かYの会長に向けてサイン出してますよ!!


Y『あっ、本当だ~さすがYの会の名参謀だ

なんか自分に指をさしてますよ~


光速パパさんはどうやら答えを分かってるんじゃないでしょうか?


Y『??????』


上手くYの会長に伝わっていないのでは?


あぁ~と、ここでMの会の3人が、テントの下で作戦会議を始めたぞ~これは戦での砦状態だぁ~


レフティングパパさんが帽子を取り外した~緊張が走る、Mのメンバーの二人


無意識に右手で撫でてるぞ~ホッとするMの会の二人


一方、Yの会の方は分かったのかぁ~


Y『???わからんぞ~』


あっ、ここでMの会長が動き出した!!!

Y『

M『はい!投げたボールのスピードが145キロなので、そのボールを打つ力量は・・・』


ぶぶぶぶぶ~不正解!!


M『おい、まだ途中だろ?』


これはクイズなので、学校の問題とは違いますよ~



Y『おわも、特技を出しちゃうぞ~』

え?あるんですか?


Y『みとれよ、おわを増やしてやるちゃ』

Y『ひげをぶちっと抜いて息を吹くと、あ~ら不思議』

Y『ぶちっ、痛っ、ふぅ~』


ピロリロリ~ン


しかし、何も起こらなかった・・・


あれ?何でやろ?


もう1っ回、

Y『ぶちっ、痛っ、痛っ、ふぅ~』


ピロリロリ~ン


しかし、何も起こらなかった・・・


痛いだけじゃないですか?



Y『あ~あ、光速パパが伝えた事が分かったぞ


では、正解をどうぞ!!



Y『正解は!!!』


Y『おわが特大ホームランを打ったので2点ゲットしたから!!!』


ブッブッブーーーーーーーー


Y『おい、嘘やろ?おわが打ったから特別に2点入ったからやろ』


あきれた顔をしている光速パパと、


まぶたを閉じる事が出来ないビトールパパ・・・


Y『分かった!』

Y『おわが代打でサヨナラホームランを打ったから2点入った』


ブッブッブーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なおも凍り付く光速パパと、

閉じそうもない瞼のビトールパパ。。。


グッド中グラウンドいるグッド中戦士や、


空を飛んでいるカー吉や、


世界中の人々の動きが止まってしまった・・・・・


もしかすると、

Yの会長の特殊能力は、時間を止めれることなのかもしれないぞ!!!!


納得がいかないYの会長と、考え込むMの会のメンバー・・・


光速パパ『Yの会長、かえれぇ!!』

Y『帰らんよ~おわが帰ったら主役がおらんようになるやろ~』

まだビトールパパさんの瞼が開いたままになっている・・・


Y『どいつもこいつもアカンなぁ~ダイヤパパさんに聞こう!ダイヤパパさんは?』

光速パパ『夜勤


物凄い直球がYの会長に跳ね返ってきたぞ

Y『おわのスピードを活かしたからやちゃ~』


まだビトールパパさんの瞼がしまらない・・・・


Y『分かったぁ~!!!!』


Mの会のメンバー達は、気にしなふりをいていますが・・・


答えが合っているのか、こっそり小声で言ってください!!

Y『・・・・』


なんと、正解です


この行動に驚いたのはライバルのMの会長

ニンマリとしているのはYの会長





Y『そうやろ、そうやろ、おわの手にかかればチョロイってもんだ


クイズで盛り上がっていると、



そこに登場してきたのが、


現在の、グッド中会長のサイレントパパさんがやってきた


サイ『あの~あなた達、さっきからうるさいです





Y『勝利の余韻に浸っているおわほどのもんに向かって、うるさいとはどういうことよ?』


サイ『ハハハ、ぶっちゃけウザいです


おっ~と、盛り上がっていたのはこっちだけなのかぁ~!!


すみませ~ん・・・・


しかし、気分をよくしたYの会長は何があっても

Y『おわの凄さが改めてわかったやろ~なぁ実況?』

ある意味、すごかったですね~

M『今日のところは、勘弁してやっちゃ~』


と、Yの会とMの会の対決は続くのであった・・・


サイ『それが、ぶっちゃけウザいです


サイ『ぶっちゃけ、あなた達は、とんちんかん3人組です』

????

さすがに一人では、受け止めれないので、

3人で分担きめませんか?


Y『おう』

M『あ~あ、そうですね~仕方がないですね~』

Y『おわわ、センター譲れんから、ちんで

M『では、私は大将でカンで』


では、残った私は、とんしか残ってないので、とんで。


三人『とん、ちーん、かーん

はははははははっははは


とん
Y『ちーん』
M『かーん、モンゴリアンチョップ~きえぇ~』


って、それが言いたいだけやん


サイ『それが、まじでウザい』


と、ぶっちゃけウザいと連発しながら主審をしに戻るサイレントパパさんだった。


Y『おい実況、またこれで引き延ばそうとしているんじゃないだろうなぁ?』


ドキ




あぁ~と、ここで両チームの打順のメンバー表のデータが入ってきました~


先攻の、1・2年生チームは、


M『あ~あ、そうですね~ガチな布陣ですよ、これは』

Y『あいつら、3年生に花をもたせる気っちゃないのかよ』


1番には、ピッチャーのナチュナルK
2番には、センターのスモール忍者
3番には、ショートのビトール

そして、4番には、元ふたやんのビックGが君臨して、

5番には、サードにクラッチヒッターとぉれぇる~

と、本当に勝ちにきてますね~


一方、3年生チームは、

1番には、センターゆいーしゃ
2番には、サードプラクティスラブ
3番には、ライトダイヤのエース


と、箱舟三連星という布陣で挑んでくるみたいです。


4番に優しき大砲が入れば、箱舟カルデットになるんですが、

まぁ、そこはそこで楽しみです。


この試合の展開はどんな感じでしょうか?お二人さん?


Y『そんなに3年生に勝ちたいのか?』

M『あ~あ、そうですね~ガチで投手戦の予感もアリアリですね~』



投球練習が終わり


試合がついに始まろうとしている。



バッターボックスに、ナチュラルKが入り、


主審のサイレントパパさんの試合開始のコールが告げられたぁ~


さぁどっちが勝つのか???


つづく・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もうひとつあった土曜日 ~... | トップ | くもりおとこ炸裂 ~ ダブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む