福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

抜歯矯正の2例 その2

2017-11-10 | 歯並び、矯正の話

この患者さんも抜歯矯正の治療になりますが、デコボコはそこまでなくいわゆる歯並びはほぼOKです。

 



前から見るとほどほどに見えますが・・・。





横から見ると、上下前歯が前傾、さらに上の前歯が前突して上下前歯が噛みあっていない状況。
多分、カ行、タ行などの歯茎音の滑舌が良くありません。
また、食べるときに前歯が使いにくいので必要以上に(ご本人は必要なのですが)下顎を左右に動かして噛む、飲み込むときに強い頤筋の反応があるなど、簡単に言えば何だかぎこちない食べ方をしていそうです。
患者さんご本人的には、上の前歯の出っ張りがイヤだとのこと。分かります。





左右の奥歯の噛み合わせは均等で正常ですので、上下左右の第1小臼歯の抜歯で治癒します。
治療自体は難しいものではありませんが、問題は治療終了後の後戻りです。
上下の出っ張りを改善し噛みあうようになりますが、前歯が噛みあっていない歴がどれ程なんでしょう?
10年くらいあるかも知れません。
口があいている、上唇がぼーっとしている、上下の前歯の隙間に下唇が入っているなどの良くないバランスが多少なりともあります。
歯並び噛み合わせを改善した後、このバランスの改善も含めてアプローチが必要と思います。






ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抜歯矯正の2例 その1 | トップ | 秋も真っ只中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歯並び、矯正の話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL