福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

重症な反対咬合

2018-01-10 | 歯並び、矯正の話

乳歯の時期に反対咬合でムーシールドをトライしましたが、治癒が不充分で永久歯との生え変わりもやってきて、しばらく経過観察を行ってきた患者さんです。






かみ合わせが深くがっつり逆ですね。上の前歯が見えません。





実は上の前歯がありますし、永久歯が出始めの時期です。
逆に噛んでいるため、上の前歯が下の前歯を押して若干痛みがあるそうです。
外傷性咬合と言って、反対咬合、交叉咬合では下の前歯で発生することがしばしばあります。
歯にとって良い状態ではありません。
噛み合わせの治療は上の前歯、永久歯が4本出揃ってからと考えていましたが、早めにスタートすることに変更。




一見派手な反対咬合位ですが、奥歯の噛み合わせのズレがそれ程でもないというのが、プラスファクターです。





これは別の患者さん。上下の前歯が永久歯に生え変わって、そろそろ第1期治療を検討する時期です。
思春期成長の前に、できるだけ良いかみ合わせをつくっておくと言うことです。
時期的にはOKなのですが、左上の奥歯(第2乳臼歯と第1大臼歯)が出ていないという問題もありますので、装置選択の工夫が必要です。





この患者さんは奥歯の噛み合わせのズレが大きいので、将来的には骨格的不調和が出て来るのではと思わせます。
現在は、年齢的に顎関節が完成していないので、下顎が後退する余裕があります。歯も移動しますが、下顎を後退させる要素も含めた治療計画になります。

どちらもイージーケースではありませんし、治癒に時間がかかると思いますが、将来の顎の成長を考えると、この時期の治療の意味が大きいと考えます。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己評価する | トップ | やはりフロスは重要 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歯並び、矯正の話」カテゴリの最新記事