福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

発想をかえる

2016-12-20 | 歯みがきのこと

どんな歯ブラシがいいんですか? と言う質問は、歯科医でしたら時々受ける質問です。
小児用、仕上げ磨き用、学童用、青少年用、成人用など、そして特に歯周病予防用など様々あります。
日本人の真面目な国民性にもよると思いますが、小さ目の歯ブラシで、丁寧に隅々まで磨く、というのが良いとされて来ました。
ごもっともですが、実際誰もがそんなに丁寧に時間をかけて磨けるかと言うと、NOですね。でも頑張って~というのも一部の人を除いては非現実的に思えます。
小児とか障害を持つ患者さんを多く診ていると、基本的に皆上手に出来ないのが普通で、その中でベターな結果が得られるやり方が現実的に思えます。





随分前から思っていたのですが、幅が広めで毛が柔らかい歯ブラシですと、適当にストローク大きく動かしても、痛くないし歯の生え際も磨けるので、あまり丁寧さは必要ではないという訳。次のステップとして小さ目の歯ブラシで指導するのも良いでしょう。
最近歯科医院専用の歯ブラシでもこのようなタイプが出て来ましたので、ウェルカムだし、やっと業界も気づいてくれたか~というところです。
歯みがきに限らず、私の基本的スタンスは適当でずぼらな人が基本で、そういう人たちがうまくできる工夫をすることかな、と考えています。
努力と根性は不要なので。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソニッケアはこれでOK | トップ | リピートしちゃいました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL