福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

歯ブラシいろいろ

2016-10-12 | 歯みがきのこと

年齢によってもありますが、どんな歯ブラシがいいの? というのは素朴な基本的な質問だと思います。
当院は小児歯科で、通常は0歳~18歳頃までが対象ですので、乳幼児用から成人用までの色んな歯ブラシを年齢に応じてお奨めしています。





当院では、受付カウンターの一角に歯ブラシサンプルを置いていて、実際の持ち具合とか、毛の硬さやコシを触って確かめることができるようにしています。
例えば幼児の仕上げ用と、小児用とを比較してみましょう。





歯科医院専売のものですが、上の長い方が幼児の仕上げ磨き用。下は乳歯の時期の小児用です。
仕上げ磨きでは保護者の方が持つので、柄の部分が長い形状です。
植毛部分は仕上げ磨き用の方がやや小さめですが、ただ小さいだけではなく、毛の長さが短くなっていて、ここがポイントのひとつ。
幼児の口の中は小さいので、例えば下の奥歯の内側など、毛が短い方が当てやすい。毛束のベースの部分が薄めというのもいいですね。
もう一つのポイントは、比較的細めの毛が密に植毛してあること。これで硬くないけどコシのある毛束の感じで磨きやすくなります。
歯科医院専売の歯ブラシは、このあたりが考慮されていりところが違いますね。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メジャー系も悪くない | トップ | 診療用グラブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL