クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

由利高原鉄道全駅下車の旅(その5)

2017-04-19 21:18:57 | 羽越本線

14時15分に前郷駅に到着。曲沢駅まで駅間徒歩。



養老閣を出て数分、由利体育館の横を通過。



由利体育館の向かいには神明宮。由利高原鉄道全駅下車達成を誓ってきました



神明宮の隣には善隣館。言わばコミュニティーセンターです。で、その隣には由利図書館が。



由利図書館近くの踏切を渡ると、一転して田んぼ道に。グーグルマップを信じて進みます。



あぜ道を進んで行くといつしか曲沢駅に到着?!しかし、出入口はありません。要するに駅裏だった~。グーグルマップの嘘つきめ



気を取り直して線路を越えて正規の道路に出て駅舎撮影。曲沢駅はYR1500形??(廃車済)と同様のカラーリングの待合所で、片面ホーム1面のみの構内です。しかし、これを撮っている間に踏切が鳴って、









乗る予定だった16Dに行かれてもうた~









果たして、曲沢駅のホームに上がれたのは15時12分に。周辺は田んぼ、田んぼ、田んぼです!!流石、うっしーさんのサイトで180位に入っているだけあるわ。尚、曲沢駅は平成元年10月29日の開業です。




曲沢駅では1時間のペナルティー。灰皿付きの、木造のベンチに座って駅ノートに書き込みしたり、読み込んだり…。



すっかり脳みそがリフレッシュされきったところで、YR3002である16時7分発の13Dが前郷駅に向けて出発



ペナルティーが解け、16時14分発の18D(YR2002)に乗車して羽後本荘方面へ。



16時19分に鮎川駅に到着。一見する限り、片面ホーム1面のみの構内ですが…。



交換設備が撤去されて棒線化されているのです!もと島式ホームだったのです。



それでは駅舎撮影。近年建てられた(リメイクされた?!)木造駅舎です。トイレは矢島方に。



では駅舎の中へ。広々とした待合所に木製とFRP製のベンチが設えられています。


滞在時間は38分。旧鮎川小学校に向けて周辺散策とするか…。


つづく

『秋田県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 由利高原鉄道全駅下車の旅(... | トップ | 由利高原鉄道全駅下車の旅(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL