クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

留萌本線全駅下車の旅(その2)

2016-12-03 18:53:42 | 函館線

7時35分発の2125M(721系F9編成)で幌向駅を出発。



岩見沢駅では10分停車。「オホーツク1号」に抜かれます。



8時27分に砂川駅3番線に到着。2面3線の構内ですが、3番の島と1,2番の島が互い違いです。



改札を出る前に駅名標を。砂川駅は「A20」です。



改札を抜けて駅舎の中へ。改札の右手に「みどりの窓口」があり、営業時間は6:40~18:35です。尚、駅スタンプの表題は「公園都市・砂川」です。



それでは駅舎撮影。平成元年10月築の、ファサードが洋風の木造駅舎です。トイレは札幌方に。



駅舎の北側には自由通路が。地域交流センター「ゆう」に繋がっています。



自由通路の向かいには、時計台のようなモニュメントの「翔」が。



で、砂川パークホテルの向かいには「陽」(秋山沙走武 1988年)のモニュメントが。



駅前の様子。ロータリー入り口にも「公園都市・砂川」を象徴するかのようなモニュメントが。



滝川~深川間の普通列車の設定が極端に少ないので、630円の自由席特急券を購入して「スーパーカムイ3号」(789系HL1003編成)に乗車。



9時5分に深川駅3番線に到着。留萌本線の始発駅であり、3面4線の構内です。



改札を出る前に駅名標を。深川駅は「A24」です。



跨線橋を渡って駅舎の中へ。自動改札の右手には「みどりの窓口」が。左手にはKIOSKがありましたが、今年の2月15日を以て閉店しています。



で、左手(札幌方)には「深川物産館」が。ここで土産物を購入



それでは駅舎撮影。細長い2階建ての陸屋根のコンクリ駅舎です。トイレは旭川方に。



学生時代に訪問した時には工事中だった駅前広場は、南東方に水を利用したモニュメントが出来上がってました。その右手にある「ふ・るーと」に入って留萌本線駅巡り開始。


つづく


参考サイト   さいきの駅舎訪問


<ブログランキングに参加しています。是非ワンクリックお願いします。>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログランキング