クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

山口線全駅下車の旅(その1)

2016-09-29 21:47:44 | 私鉄

 あの蒸し暑かった夏が終わり、今度の土曜には長崎県にてディスティネーションキャンペーンが始まります。また、山口県では来年9月からの「幕末維新やまぐちディスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンに入ります。今年は「SLやまぐち号」の牽引機であるC57 1が傘寿を迎えたということで、専用のHMが装着されています。一方、梅小路機関区を見てみると、D51 200が本線復帰に向けて整備が進められています。「SLやまぐち号」の客車が新しくなる来年には牽引機も一新されるかもしれません。
 さて、これからお伝えするのは2016年3月18日(金)~21日(月)に実行した「山口線全駅下車の旅」です。JL2250便で伊丹に出た後に「つわのエクスプレス」で益田に出て、山口線の全駅下車を果たした後に「のぞみ60号」で大阪に出てウィーラートラベルのバスで帰ったというものです。
 前置きはこれくらいにして、そろそろ出発しましょう。



2016年3月18日。母に新津駅まで送ってもらい、信越線2547D(キハ47 1512+キハ47 522+キハ48 503+キハ48 1513)で新潟駅へ。バスで新潟空港に出た後、JL2250便(JA220J)で一路伊丹へ。いつもの通りに28側より離陸。機内は満席で眼鏡美人と相席に



20時ちょうどに伊丹空港42番スポットに到着し、ざるそばで腹ごしらえ。モノレール(2000系2114編成)で蛍池駅に出た後、21時13分発の普通車で阪急梅田駅へ。雲雀丘花屋敷ゆきとなってましたが、6000系6005Fでした。



折角なので、阪急梅田でしばらく撮り鉄。高速神戸ゆき特急は、ダイヤ改正HM付きの7000系7008Fでした。



3つ目は、西宮北口行き普通車。5000系5001Fでした。



4つ目は、宝塚行き急行。9000系9004Fでした。宝塚線に9000系が入る時代となり、5300系はすっかり姿を消しました。



5つ目は、河原町行き通勤特急。クロスシート車の9300系9300Fでした。



6つ目は、北千里行き普通車。3300系3314Fでした。この辺でハービスOSAKAへ。



22時40分発の「つわのエクスプレス」(島根200か476)で一夜を過ごします。石見交通のバスでありACアダプタ無し。


つづく


<ブログランキングに参加しています。是非ワンクリックお願いします。>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログランキング