風色明媚

     ふうしょくめいび : 「二木一郎 日本画 ウェブサイトギャラリー」付属ブログ

ペンタトニックスから重大発表!

2017年05月13日 | ペンタトニックス
前回、ペンタトニックスで主にボーカルベースを担当するアヴィ・カプランのソロ・プロジェクトをご紹介しました。
その後公開されたソロ・プロジェクト初のミュージック・ヴィデオを観て「もしや…」と思うところがありましたが
昨12日、ショッキングな記事が Facebook に掲載され、予感めいたものが現実となりました。

アヴィ・カプランの脱退が発表されたのです!


Official Video「Hallelujah」より引用


Facebook に掲載されたアヴィのメッセージには、アヴィの想い・脱退の理由が英文で記されていますが
私のような英語の不自由な人のために、Twitter に翻訳をツイートしてくれた人がいます。

https://twitter.com/hashtag/PTXForever?src=hash&lang=ja


なお、すでに決まっている公演には予定通り参加するということです。
よって、25日から31日まで開催される日本公演にも出演することになりますが
日本では、現メンバーによるペンタトニックスの見納めということになります。
日本公演の後は、9月3日までアメリカ各地での公演スケジュールが決まっていますので
それが終わってから正式に脱退という段取りになるのでしょう。




ペンタトニックスは、2011年にアメリカNBCテレビのア・カペラオーディション番組「 The Sing Off 」のシーズン3に挑戦するために
テキサス出身の幼馴染みトリオであるスコット・ホーイング、カースティン・マルドナード、ミッチ・グラッシの3人をベースに
カリフォルニア出身のアヴィ・カプランと、ケンタッキー出身のケヴィン・オルソラが加入して結成されました。
「 Pentatonix 」という名称は、音楽用語の「五音音階 Pentatonic scale 」から命名されたものです。

その番組の様子を伝えるヴィデオもたくさんありますが、その一つをご紹介します。
日本語字幕つきですので、私のような非バイリンガルには大変ありがたいです。

[字幕] ペンタトニックス - Sing-Offパフォ・審査員コメ その4



その他の日本語字幕つきヴィデオに興味のある方はこちらを。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLlB9wNO9X7clNpLAyDI1HQV0yFEz4auf7



ペンタトニックスは結成から丸6年が経過しましたが
アヴィの脱退によって大きな節目と変化を迎えることになります。
ヴォーカルベースは表現に幅と深みを加える欠くべからざる存在ですので
アヴィが抜けたまま4人で続けて行くということは考えられません。
そもそも「ペンタトニックス」という名称自体、五人であることを前提につけられたものですので
適切な時期に新メンバーが加入し、「新生ペンタトニックス」として再スタートを切ることになるのだろうと思います。


ペンタトニックスは5人の個性が際立っており、「5人全員がペンタトニックスの顔」というイメージが私にはありますし
誰が欠けても、もはやペンタトニックスではない!という想いを、おそらく全てのファンも抱いているだろうと思います。
とは言え、メンバーの脱退というのは、グループという形態が絶えず抱えているリスクでもあろうと思います。
アヴィの脱退は、アヴィ自身にとっても、他のメンバーにとっても、彼ら以外には想像もつかない葛藤があったはずですので
言葉にならないほど残念ではありますが、彼らの決断を尊重することがファンとしての筋だと思います。
ペンタトニックスのことも、アヴィ・カプランのことも、その活動が続く限り、今までと変ることなく見守り続けるつもりでいます。




前回の記事でお知らせしましたように
アヴィはソロ活動として「 Avriel & the Sequoias アヴリエル・アンド・ザ・セコイアーズ 」をスタートさせており
6月9日にはデビューEPのリリースが決まっています。



Avriel&theSequoias の Twitterより引用




まだご紹介していませんでしたが、初のミュージック・ヴィデオはこちらです。

FIELDS AND PIER - AVRIEL & THE SEQUOIAS



今後はセコイアーズをメインとして、他のミュージシャンとのコラボなども続けて行くのだろうと思います。
ひょっとしたら、いずれは新生ペンタトニックスとセコイアーズがコラボするという企画が出てくるかもしれません。
いろいろ今後を想像することも、また楽しみです。
一度決めた以上、もう前を向いて進んで行くしかありません、何事も。


-------------- Ichiro Futatsugi.■

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アヴィ・カプランのソロ・プ... | トップ | 老骨に鞭打ってペンタ観戦! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。