風色明媚

     ふうしょくめいび : 「二木一郎 日本画 ウェブサイトギャラリー」付属ブログ

頑張れ、Valentine! (追記 29日)

2016年12月24日 | ペンタトニックス
ブォン・ナターレ! メリー・クリスマス!

いよいよ年に1度の ”ケーキの日” が、やってまいりましたぁ!
甘党の同志の皆さん、ケーキの準備は万全ですか?


本編に入る前に、恒例となりました YouTube の新着ヴィデオのご案内から。

22日に公開されたのは「 Hallelujah 」のライブ映像です。
詳しいことは知りませんが、アメリカNBCテレビでのクリスマス特番のシーンだと思います。

Hallelujah – Pentatonix (From A Pentatonix Christmas Special)



「 Hallelujah 」のオフィシャルヴィデオの方は、視聴回数が9000万回を超えています!
予想通り、年末年始くらいには1億回を達成しそうな勢いです!




1億回と言えば、昨日、「 Mary, Did You Know ? 」が、公開後2年を経て、めでたく1億回を達成しました!

[Official Video] Mary, Did You Know? - Pentatonix



1億回超えはこれで3曲目になりますが、近々5曲に増えることになりそうです…。




ということで、今回は YouTube 視聴回数の話題です。
これに関しては、いろいろ疑惑や批判があるのも承知しています。
しかし、やはり注目度を測る一つのバロメーターであることは確かです。

100万回を超えるのが大変といわれる視聴回数ですが
世界的に人気のあるミュージシャンのものでは100万回どころか、1000万回、1億回を超えるものもザラにあります。
因に、最も多いものは約27億回で、30位ですら10億回を超えています。


御存知の通りYouTube には「 PTXofficial 」というペンタトニックスの公式チャンネルがあります。
ここで公開されているヴィデオで、最も視聴回数の多いのが「 Daft Punk 」で、約2億2千万回。
それを含めて1億回超えは3曲。
5千万回超えが9曲で、4千万回超えが4曲あります。
そして [Official Video] と銘打たれたヴィデオのほとんどが1000万回を超えています。


本日の昼時点でのランキング上位10曲

1位. Daft Punk 224,236,329 回

2位. Little Drummer Boy 113,563,285 回

3位. Mary, Did You Know? 101,264,154 回

以上、1億回超え。


4位. Evolution of Music 97,239,632 回

5位. Hallelujah 91,831,239 回 

6位. Royals 75,964,542 回

7位. Carol of the Bells 72,815,414 回

8位. Can't Hold Us 69,503,190 回

9位. Cheerleader 66,463,945 回

10位. Say Something 63,008,162 回

========================================

追記 12月29日

今朝起きて見たところ「 Hallelujah 」が1億回を超えていました!
公開から僅か2ヶ月あまりでの達成は、彼らとしても初なのではないでしょうか。
年末ギリギリになるかと予想していましたが、何はともあれ、おめでとうございました!

1億回超えは、これで4曲目。
現在「 Evolution of Music 」が 97,684,596回ですが
「 Hallelujah 」ほどの増加ペースではありませんので
おそらく年が明けて、2月初め頃に1億回に達するのではないかと思います。

========================================


さて、数あるペンタトニックスの曲の中で、私が一番気を揉んでいるのは
この記事の表題にしたカヴァー曲「 Valentine ヴァレンタイン」です。

このミュージックヴィデオは2年前に公開されたものですが、視聴回数は850万回ほど。
これだけ見れば充分立派な数字なのですが、 [Official Video] の中では2番目に少ないのです。

[Official Video] Valentine - Pentatonix (Jessie Ware & Sampha Cover)



他の曲に比べると短い方ですし、静かで淡々とした印象があります。
彼ららしいアレンジが随所に盛り込まれた愛すべき小品だと思うのですが
ググッと盛り上げるサビの部分が穏やかなので、やはり若い人には受けが悪いのでしょうか。



こちらがオリジナル。
イギリスの、共にシンガーソングライターである
ジェシー・ウェア Jessie Ware とサンファ Sampha がコラボしたものです。

Jessie Ware & Sampha - Valentine



オリジナルも独特の雰囲気を醸す秀作だと思いますが、ペンタトニックスのカヴァーも決して見劣りしないと思います。

正直なところ、ペンタトニックスの初期のカヴァーには、オリジナルの圧倒的な存在感に押され気味で
やや物足りなく感じるものも散見されました。
しかし、このカヴァーはオリジナルとは明確に異なる、彼ら独自の世界観を盛り込むことに成功していると感じます。


今日はクリスマス・イヴでヴァレンタイン・デーではありませんが、頑張れ「ヴァレンタイン」!
来年の2月14日までには1000万回を超えますように!


-------------- Ichiro Futatsugi.■
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空想のHoliday Album (追記... | トップ | 2016年 12月31日 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペンタトニックス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。