鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

紙に目標を書いて貼っておくと・・・・

2005-08-25 22:39:03 | 株式投資・資産運用
 紙に目標を書いて貼っておくと実現します。本当です。

 私のPCのモニターの横には「運用益でゴルフかレガシーを買う」と書いてはってあります。サイトからひっぱってきた車の写真とこのコメントを一緒に書いて貼っていました。

 厳密に言うと、多分、レガシーもゴルフも買わないことになりそうですので、目標がそのまま実現ということではないのですが、同等のクラスの新車購入が実現しそうですので、まあ、目標達成と言っていいでしょう。

 この車の代金ですが、だいたい1年分の運用益ということになります。
 多分、9月末には納車になると思いますので、名古屋まで乗っていってF1見ようかなぁ・・・・。

 「紙に目標を書いて貼っておくと実現する」とか言うと、んなアホなこどあるか・・、とか言われそうです。しかし、これは実際、結果としては効果があると思います。

 というのは、一つは目につくところに貼っておくことによって、常に、あるいは潜在的にこの目標を意識して過ごすようになるということには意味があるように思います。

 もう一つは、原因と結果が実は逆だということです。

 どういうことかというと、紙に書いたから目標が実現したのではなくて、実現可能な目標を紙に書いて貼ったということです。

 意味わからん?。

 これは、適切な目標を設定することの重要性を言っているのです。

 つまり、あまりに高すぎて、どうにも実現ではそうになく現実味のない目標を設定したところで、それはあまり意味がないように思うわけです。「夢」とかいうレベルのことならいいですよ。子どもが「プロ野球選手になる」みたいな感じでね。それならそれで別にいいのですが、やはり実現できる、到達可能で現実的な目標の設定というのが大切だと思います。

 例えば「フェラーリを買う」っていうのだと、これはちょっと今の伏見の光であればどう考えても無理で現実味がない・・・・。
 しかし、車両価格400万円前後というところであれば、これはちょっと今乗っている車からすると、かなり贅沢ではありますが、でも、実現不可能ということではないと・・・・。となると、このあたりは実現するための目標としてははり適切だろうということになり、かつ、その資金を株式等の運用益から捻出することも、期間をどの程度取るかということにもよりますが、実現不可能ではない。
 やはり、このあたりが「いい目標」ということになるのだと思います。

 で、現象面的な結果としては「紙に書いたことが実現する」ということになるわけです。

 なお、単に経済的合理性ということだけ、あるいは「車は移動のための道具」という発想だけからすれば、価格の高い車を自費で購入するのは、割に合いません。
 別に日常の足であれば、たまに高速などを走ることがあったとしても、1500CCクラスの国産車で実用上は十分だと思います。

 ところが、車には趣味性というか、楽しみの部分というのも、人によってはかなり大きくなります。自分の場合でも、平日は最低1時間半程度は通勤で毎日車に乗るわけで、遠出すればもっと長距離長時間の運転になることもあります。

 こうした点からすれば、許容範囲というのは当然ありますが、車にはそれなりにお金をかけても好きな車に楽しんで乗りたいものだと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みたい本がない・・・・

2005-08-18 09:03:33 | 株式投資・資産運用
 書店へ行ったついでに株式投資関係の書籍のコーナーをのぞいてみました。

 そんなに大きい書店でもないですが、郊外型の店舗で、この近くでは本は比較的おいてある書店です。

 で、ざっとながめてみるのだけれど・・・・・、

 うーん、積極的に買いたいと思う本がない・・・・。

 相変わらず「大儲け」だの「楽々」だの「1億円」だの「簡単」だのといった扇情?的なタイトルの本が多いです。

 んなに簡単楽々と1億円大儲けできるかっちゅうの・・・・・。

 大抵、こういう本は文章が少なくて、読み込めるようなしかりした内容というのはほとんどないのです。はっきり言って、購入するのはお金の無駄と思うような本が多いです。

 図書館で借りれば十分でしょう。私は、買うまでもないというような本は図書館で借りるようにしています。最近は図書館の蔵書もネットで検索できますし、予約もできますから便利ですよね。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禁煙効果

2005-08-17 14:13:47 | 株式投資・資産運用
禁煙効果


 最近は禁煙ネタを他のblogの方に書いていて、こちらはお休み状態でした。

 宇治川の花火大会も終わったということで、またデザイン変更。節操がないというか・・・。

 禁煙ですが、これが完全に成功するとどれだけの効果があるか。

 まず、たばこ代。

 今で1箱270円です。だいたい1日1.5箱とすると、400円。月間では400円×30日で1.2万円。年間では1.2万×12で、14.4万円。

 14.4万円を利回りの運用で稼ごうと思うと、年1%だと、1440万。ただ、手取りで1割引かれたとすると、1440/0.9で、1500万以上ですね。

 細かいところでいくと、清掃や脱臭のためのコストというのが減ります。例えば、自分のPCルームは喫煙するので常時換気扇を回していたけれど、これはそうしなくてもよくなった。空気清浄機が自動運転でタバコを吸うと最大パワーで動き出していたけど、これもなくなる。ウェットティッシュ等の使用も減少。

 まあ、こうした周辺コストも含めて年間で15万の節約です。

 時間面ではどうか。

 1日30本。1本2分として60分のロス。PCの操作をしながらとか、車の運転をしながらといった場合が多くて、単純に毎日60分ずつタバコだけのための時間を使っていたということにはなりませんが、それでも30分やそこらはこういう時間が毎日あったでしょう。

 これは実は考えようによってはかなり大きいという気がします。

 この30分のうち、例えば毎日15分をネット懸賞応募の時間の増加にあてたらどうか。これは月間では5~10程度の当選の増加につながる可能性があります。

 月間5当選の増加。1当選の経済的価値が500円と仮定すると、年間では500×5×12で、3万。

 というように、いろいろ考えていくと。禁煙は経済効果だけで、やはりかなりのものがありそうです。

 これは、ま、続けるしかないかと。アウディも買わないといけないし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加