鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

アサヒビール吹田工場見学(2)

2016-10-08 19:03:18 | インターネット・パソコン・デジカメ
アサヒビール吹田工場見学(2)

さて、工場の方に進みます。これは濾過している場所です。


こういう風景?が好きな人にはたまらんでしょうね。


オレンジ色の部分が瓶にラベルを貼る機械です。すごいスピードで瓶が流れていきます。


銀色の箱の中で濃いピンク色に光っているところがありますが、これで瓶の破損等の検査をしているということでした。


こちら缶ビール。回転しながら、缶の中にビールが入れられます。


なかなか壮観です。


右下部分に、何か管のように見えるものがありますね。


ここの部分ですが、これが缶の蓋で、缶にビールが注がれた後に機械で蓋がされるということです。


人工衛星かなにか、宇宙産業の工場のようにも見えます。ちなみにビールを注いでいるのは三菱の機械で、
そのロゴがはってありました。三菱重工?。


これは屋外の熟成タンク。ビールができるまでおよそ一ヶ月。
生産量は気候、温度の予測等、様々にファクターを考えて決定しているということでした。
このあたりの分析のパラメーター設定というのは、なかなか興味深いところですが。


出てきたところに、世界の缶ビール。デザイン缶。阪神優勝缶(いつのじゃい・・)。






で、試飲会場。
-2度のビール。当然、泡もいい感じで、これはおいしいです。
が、お酒そのものは弱いので、一杯半でストップです。


いや、なかなか面白かったですが、施設全体だと、サントリーの山崎蒸溜所の方が色々充実はしていますね。
ただ、こちらはビール工場なので、比較するなら長岡京市のサントリービール工場でしょうけど。

IRイベントの一部という位置づけですが、これは通常の見学コースと同じだと思います。

はい、次回、IRの方についてコメントします。



『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサヒビール吹田工場見学(1) | トップ | 最終の学費請求 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。