鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

リログループ 業績修正の理由 つまりこういうこと

2017-02-13 18:44:50 | 株式投資・資産運用
リログループ 業績修正の理由 つまりこういうこと

純利益の上方修正について、IRに聞いてみました。
まだ明確に理解できんところがあるので追加で聞いてますが。


「従業員持株会支援信託ESOP」の導入に関するお知らせ
http://www.relo.jp/ir/news/pdf/20110329.pdf

まず、上記の信託の仕組みを導入しましたと。

この関係で株価上昇により利益が出て従業員分配されたお金は
税務上費用として認められ、損金算入することができるということなのです。

そんなん知らんがなー。

そのことにより見た目の上の税率が低くなり、それが純利益を増額修正した
主な要因ということですと。

で、分配金の損金算入額は税務上のみの処理だから、財務諸表に出ない
そうですわ。

それも知らんがなー。

 あと、営業利益、経常利益の上方修正については、特に利益率の高い福利
厚生事業で計画を上回ったことによるそうです。


つまり、純利益の増加は一過性の原因によるところが大きく、
本体の事業関係は、若干の上方修正はあるものの、当初予想から売上高に伸びはなく、
利益の伸びもここまでのところは大きくはなくて、コンセンサスに届かず、
大きな上方修正にはなっていない。

分割そのものは、基本的には株式の価値にはニュートラル。

個人的にはそないに売られる意味もないと見ており、期末に向けて、再度、本業
の部分での上方修正の可能性もあると思っていますので買い向かっていますが、
物足りないというのが決算後のマーケットの評価ということなんでしょう。

また詳しくお知らせします。







『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄金の10年計画(4) | トップ | 4082第一稀元素化学工業 最高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式投資・資産運用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。