鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

サムティレジデンシャル投資法人 ようやく回答コメント

2016-12-07 21:05:52 | 株式投資・資産運用
サムティレジデンシャル投資法人 ようやく回答コメント

11/19に質問メールを送信して、すぐに後日回答する旨の返信があった
REITのサムティレジデンシャル投資法人ですが、そういえば、その後、回答を
もらってないなーと気がつき、夕方に質問を再送したら、すぐにコメントが返ってきました。

こちらは「返信していただいたものを誤って削除したかもしれないので再送を」みたいに
下手に聞いてみましたが、返信の冒頭に、遅くなって誠にに申し訳ありません・・、
とコメントしてありましたので、これは返信を忘れていたかー?。
だとしたらそれはIRの基本姿勢云々以前の話で、あかんでしょう。

・価格が公募価格からなかなか価格が上昇しない原因はどういうことにあると認識し
ていますか。
→発行体である投資法人が価格の高低についてコメントすることは差し控えるということです。
それはそれで基本的にはいいと思います。
個人的には個別の運用状況云々よりも、全体の規模が小さく、信用度も相対的に低く、格付け
もない、このREITの現状の性格によるところが大きいのだろうという認識です。

・投資主の比率の特徴はあるか
→ざっくり、金融機関が1/3、個人が半数強。
投資法人として個人が多いのではないかと考えているということ。
「考えている」じゃなくて、他との相対比較では事実としてそうだということでしょうから、
そうコメントしないといけないと思いますが。

・格付け取得の目処や目標時期等、具体的には?どう考えていますか。
 資産規模1000億達成から、なるべく早い時期というようなことでしょうか。
→投資法人としての理解も同様で、格付け取得のために必要な条件、要件としては分散化やスポンサー
のサポート体制等をあげていました。スポンサーのサポート体制というのはどういうことを指すのか
なぁ?。

あと、スポンサー企業との利益相反関係についての基本姿勢について聞きましたが、
これは一般的な回答でした。

NISAに放り込んでしまったということもあり、ここは売る意味もあまりないので、
とりあえず放置して分配金をとっていくという方針です。塩漬けとも言う(^_^;)。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都駅から四条へ 徒歩移動 | トップ | ヤフーショッピングの年末大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。