鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

秋の栂池自然園と鎌池(6)

2016-10-17 00:03:45 | インターネット・パソコン・デジカメ
秋の栂池自然園と鎌池(6)

白馬の大雪渓が見える展望台のところまで来ました。
このあたりが栂池自然園の最深部ということになりましょうか。


正面が白馬の大雪渓、肉眼の印象はこんな感じです。


ドラマチックトーンで撮ると、随分白い部分が多いように見えますが、ほとんどは岩です。
今年はとりわけ残雪が少ないそうで、雪渓の最深部にしか雪はありません。
また、クレバス等が多くて危険なため、雪渓への立ち入りは禁止になっていました。


ラフモノクローム。寒々とした感じに。


ジェントルセピアは昔の写真のよう。


ホップアートはかなりどきつい印象になります。


時々、赤く紅葉している木もあります。


白馬の峰々、昼頃になって雲が出てきました。このあと、山頂部付近は降雪になったそうです。


池が見えますね。雁股(かりまた)池だと思われます。下には白馬の町も見えています。




逆光で紅葉がはえます。


すこしきつい階段。ヤセ尾根という場所です。自然園の最深部へは右側のルートからの方が坂が楽です。
この道は下りの方がよいです。


湿原。


浮島。




ヘリが何か運んでいます。


白馬乗鞍の方からの斜面には複数の滝が見えました。


ゆっくり写真を撮りながらまわっていたら3時間ぐいたってしまいました。
自然園入り口まで戻り、またロープーウェイ、ゴンドラで下に戻ります。

つづく。
『デジタルカメラ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲しい オリンパス レンズ群 | トップ | 秋の栂池自然園と鎌池(7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。