鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

優待増額のすかいらーく、今、1000株クロスするとコストは?←結果、有利な低リスク運用

2017-05-03 20:04:17 | 株式投資・資産運用
優待増額のすかいらーく、今、1000株クロスするとコストは?←結果、有利な低リスク運用

すかいらーくの優待は増額になり、現状は以下のようになっています。

優待食事券
100株以上 6月末: 3,000円 12月末: 3,000円
300株以上 6月末: 9,000円 12月末:11,000円
500株以上 6月末:15,000円 12月末:18,000円
1,000株以上 6月末:33,000円 12月末:36,000円

さて、この優待をクロスで取得する場合のコストは?。

カブドットコムの場合で見てみます。

今見ると、一般信用の売建の残数は「長期【最長3ヶ年】452,100」となっていました。
ですから、まだ今なら取れます。

まず信用の売買手数料ですが、株価1700円とすると、
往復で940円☓2☓消費税です。これが、2030円ぐらい。

早めにクロスすると、これよりコストがかかるのが貸株金利です。

なお、信用買いの方はすぐに現引きして現物にしておかず、そのまま信用買いにしておくと、
その分また金利がかかりますので、わすれずにすぐに現引きして、優待取得の設定で
貸株にしておくのがいいでしょう。わずかですが、これで支払う貸株金利を少し低減できます。

貸株金利はカブドットコムの一般信用・長期の場合は、1.5%です。
つまり、株価1700円☓1000株☓1.5%。これが年間にかかる貸株金利。概算で25500円。
これを365日で割ると1日分の貸株金利になりますので、69.86円。約70円/1日。

これが60日かかるとすると4200円となります。
今だと6月末までは60日はないかと思いますが、概算ということで。

そうそう、4月優待の東建コーポと伊藤園、あら、コスト計算より実際のコストが高いと思ったら、
そうか、貸株金利設定の日数が違っていました。両端入れでしたかね。

戻って、手数料が2000円、貸株金利が4200円とすると6200円です。

この6200円で3.3万の食事券を「買う」形になります。
この3.3万食事券が諸費用等も引いてオークションで手取り28000円で売れたとします。

となると21800円の利益ですね。これを二人ですると、合計の利益は4万円を超えます。

なお、GMOの信用で買って、現引きし、カブドットコムに移管してから、カブドットコムの信用売
分を現渡という形にすると、手数料は800円程度は安くなると思います。

極めてリスクが低い運用という点で、これを個人向け国債と比較してみますと、1000万1年間で、
キャンペーン礼金は4万円+1000ポイント(大和の場合 ポイント数は違ったかも)ということになり
ますので、ほぼ同等の金額のリターンとなります。

現状、どちらが有利かは明白で、これはすかいらーくの優待の方が有利です。

1000万個人向け国債に固定するのであれば、優待クロスで年間を通してその資金を回し、そうした対象が
ない時はSBIにでも入れてIPOの当選確率を上昇させるようにでもした方がいいということになります。

ただ、不要な優待をオークションで現金化するのは、それなりの手間がいり、不慣れな人には面倒では
あるでしょう。まあ、その手間賃という理解もできます。ただ、これは慣れればなんということはない
ですし、普通にまともに対応していれば、特にトラブルに巻き込まれることも、可能性は低いと言えましょう。

個人向け国債については、現状、いつでも買えて、原則として元本割れがなく(金利が上昇しても元本以下
の価格にはならない)、それなりに金利上昇についていけ、リスクは極めて低いという意味で、
商品特性は優れているとは思いますので、時期によっては利用価値は十分に出てくることはあると思います。
但し、これは、変動10年の個人向け国債についてで


『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の信濃路へ(2) | トップ | ソーシャルレンディング わけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。