鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

kabuステ信用新規実質無料キャンペーンの手数料の確定申告上の扱い

2016-09-15 18:10:57 | 株式投資・資産運用
kabuステ信用新規実質無料キャンペーンの手数料の確定申告上の扱い

不明だったのでサポセンにメールで聞いておきました。

・手数料は「手数料」として確定申告が可能。
・手数料のキャッシュバック分は「雑所得」扱い。
ということです。

 つまり、手数料分は、損失として計上可能ということです。
細かいですが、積み重なればそこそこの金額になるかもしれません。

すべて一般口座で確定申告は必須ですので、まあ、こういうものも計上
しておきます、どうせすべてエクセルに記録はしているので。

あと、貸株のままにしておいて、配当金相当額が入金になったような場合は、
これは確か雑所得扱いでしたね。
これでは配当控除はできないので、やはり貸株扱いは、はずして正規
の配当として受け取れる方がいいですね。
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤフオク 画像の掲載の留意... | トップ | 当選 伊藤園の新製品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式投資・資産運用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。