INOS わしらアングラーじゃけぇ

急ぎで釣る!本能で釣る!勢いで釣る!感性で釣る!

芝刈り 今年はじめてで今年さいご 高麗芝

2016-10-18 | 日記
  うちの庭の芝は15坪ほど・・・。

  芝のコトなど全く気にせず、ぼーぼーの状態(^^;
  

 
  いやー 伸びましたな・・・(-_-;)

  芝は伸ばしっぱなしにすると風通しが悪くなって、

  陽が当たらず枯れるようで、あんなに元気だった芝が、

  しだいに枯れ始め・・・(-_-;)

  枯れ始めた芝を見てるとかわいそうになり、

  10月15日今年初めての芝刈り開始!!

  って・・・遅すぎでしょ!!

  どうやって刈るの??

  そりゃぁ~芝刈り機でしょっ

  って・・・芝刈り機なんぞには縁遠くちんぷんかんぷん???

  んで、調べに調べに調べました(^^;

  芝刈り機は

  ◎エンジン式

  ◎電動式

  ◎手動式

  の3種類に大きく分かれ、


  ◎リール刃
  
  中心軸が回転して固定刃とのすり合わせで刈る。


 
  ◎ロータリー刃
  
  丸のこの様に刃が水平に回転し、回転の勢いで刈る。
  日立の芝刈りは超静音だった!!



  ◎バリカン刃
  
  上下の刃をが左右に動いてハサミの様に刈る。
  

  
  この3種類の刃に大きく分かれているようです。

  で・・・どのメーカーにしようかな??

  エンジン式はそもそも買わないのでパス。

  電気式ではリョービ、マキタ、日立、アイリス、など。

  手動式では キンボシ、バロネス、アイリス、高儀、などなど。



  高儀(タカギ) ホームセンターでよく見かけます
  
  白ねぇ~
  デザインに魅力が欠けるが値段はお手頃です・・・。



  こちらは山善
  
  7,000円位。安すさが売りのようだが、長持ちするのだろうか・・・。


 
  調べていると、手動式のキンボシとバロネスの一騎打ちのようで、

  とにかく、宣伝しているのはこの2社。

  芝刈り比較サイトも見ましたが、



  あるサイトはキンボシの勝ち。金星ゴールデンスターとも。  
  
  キンボシの芝刈り機はとにかく種類が豊富。刃の自動調整機能や、際刈り、ワンタッチ刈り高さ調整など
  種類が豊富なのが魅力。
  3万円位の値段設定なので電気式と迷ってしまう。ホームセンターで15,000円のタイプも売られている。



  あるサイトはバロネスの勝ち。
  
  草刈機の高級車(^^)/金属パーツがカッコよく、ピッカピカに磨いて、無傷で飾っておきたい。



  あるサイトはリョービの勝ち。
  
  リョービの芝刈り機は売れているようで、ホームセンターでもよく見かけます。
  静音らしいが、果たして??
  YouTubeでいくつが動作音が聴けます。
  オプションのサッチ回収刃、根切刃があり、芝の管理もできる優れもの。
  刃の交換が面倒な印象。



  アマゾンや、楽天などの口コミも読みましたが、決め手には至らず・・・。

  そこで、ホームセンターで店員さんに聞いてみると、

  芝刈り機は電動でしょ!!っとあっさり(^^;

  確かに、手動!!
   


 
  と電動!!
   



  どっち!!



  と言われれば電動の方が楽ですが・・・。

  結論が出ないので、優先希望を書き出してみる。

  第1位 音が静か・・・手動式(カタカタ音がしますが、電気式はスイッチを切らない限り
               モーターの音がし続けるので)

  第2位 よく切れる・・・リール5枚刃+固定1枚

  第3位 軽い・・・6.9Kg

  第4位 子どもでも芝刈りの楽しさが味わえて安全・・・刃幅20センチでコンパクトなら取り回しが良い。
                                   電気式だとコードが刃に巻き込まれることが心配

  第5位 予算1万円まで・・・島忠で税込10,500円。芝刈り機だけでなく、際刈り用のハサミと、
                   切りかす集めのレーキも買うので。

  第6位 見た目にカッコいい・・・レトロモダンな色彩

  第7位 おまけがある・・・刃研ぎ1回サービス

  第8位 信頼性・・・老舗メーカーで手広く手道具を作っている

  第9位 壊れない・・・手動式 構造が単純。電気部品はいづれ寿命を迎える。高負荷で故障も考えられる。  


  ということで、総合的に

  浅香工業さんのトラッドモアーに決定!!

  おめでとうございまーーーす!!



  浅香工業??



  金象印と聞くとご存知な方も多いはず。
  
  スコップは有名です。世界一掘りやすいMADE IN JAPANだと思っています。

  

  ともあれ、早速シマホさんにご発注させていただきました。

  商品は2日後に入荷。さすが島忠さんは早い。



  余談ですが・・・。  

  キンボシのバーディーモアーが15,000円 松

  浅香工業のトラッドモアーが10,500円 竹

  山善の刈る刈るモアーが6,800円 梅

  が店頭に並べていれば、いわゆる「松竹梅」商法で「竹」が一番売れます。(^^♪



  えっ!!

  ちっちゃっ!!



  こんなに小さい箱にキャッチャーとかハンドルとか、全部入ってんの??
  箱のイラストを見れば全部ついている絵だけど・・・。
  
  ??



  恐る恐る開封。
   
  おっ 取説だ・・・取説の袋にハンドルらしき部品がチラ見してる(^^;



  取説の下には・・・。
   
  おーーーーっキャッチャーだ。
  キャッチャーちっちゃっ。(-_-;)



  キャッチャーの下には・・・。
  
  おっ 本体・・・ あたりまえか。(^^;



  こんな感じ。
  
  ハンドルはどうやら取説の袋に同梱ですな。(^^;



  ハンドルは3本継ぎです。 
  


  ボルトでつなぐだけです。工具も入ってます。
  
  ハンドルの緑色の部分を本体に取り付ければ完成



  ハンドルと本体は工具なしで取り付け簡単可能です。はめ込むときに幅を手でしぼめて本体の突起にはめます。
  
  キャッチャーは本体に差し込み式で着脱はまあまあ。
  芝刈り途中でガタついたり、外れたりはしません。



  セグウェイみたい。(^^♪



  小ぶりでカワイラシイ。(^^)/ 6.9キロで軽いところもいい。

  ハンドルのグリップがちょうどいい直径でにぎりやすい。

  このあたりはさすが、浅香工業さん。

  にぎりやすいってことは、疲れにくく、力が入れやすいってことだ。

  このグリップは気に入った!!すばらしい!!

  何とも言えないY字。何とも言えない角度。道具好きな私は機能美を感じる!!
  
  カラーもグリーンで主張しすぎず、ハンドルがシャンパンゴールドで渋い!!

  キャッチャーはアイボリーでちゃんとコーディネートされています。

  いい感じです。

  タイヤはゴムタイヤでグリップ良さそう。
 


  早速刈ってみましょう!!
  
  10センチは伸びている芝もサクサク刈れます。切れ味十分です。新品ですから~(^^;
  ちなみに、刈り高さは21mmに設定



  こんな感じに一気に刈っても大丈夫です。
  
  掃除機をかけるように、同じ場所を2、3回往復させると長い芝でも刈れます。



  音は静かです。カタカタ音はしますが、タイヤが回転している時だけなので、
  手動式にして大正解です。(*'▽') 
  
  小さいと思われたキャッチャーも、結局このサイズに落ち着いた理由が、なんとなく伝わります。
  家庭用の園芸用品ですから。



  芝刈り機の「音」は本当に検討に検討を重ねました。YouTubeで紹介はされていますが、
  
  実際の音がどれくらいか知りたくて知りたくてたまりませんでした。
  
  電動の場合は、スイッチが入れば刈っている、いないに関わらず、モーター音は常にします。

  手動では、押すか、引くかしない限り、音はしません。手動は断続的な「カタカタ音」だけ、だから静か。

  ということなのでしょう。




  子供たちにも使え、安心してまかせられます。
  
  芝刈りの楽しさを買ったようです。



  15坪ほどの芝が1時間ほどで刈れました。
  
  ずいぶん枯れてしまってる・・・。(-_-;)



  際刈りは刈り込みバサミを採用。これも浅香工業さん金象印です。
  アルミの柄にステンレスの刃です。サビない刃ですが、鉄部品は使われてないのかな??
  
  シマホで1,680円 芝刈り以外にも出番がありそうですが、ステンレス刃で十分です。


  
  包丁だって和包丁は断然よく切れますが、ステンレス包丁は、手入れしなくて済むでしょ。(^^♪



  刈った芝を集めるのにレーキも買いました。税込1,780円でした。これも浅香工業さんの金象印。
  
  これが意外に大失敗。(-_-;)

  このレーキでは、刈った芝が短いと、全く集められません。

  サッチも短いので全く集めることができません。

  あくまでも草刈り用の長い草を集める用です。お店の人に聞けばよかった・・・残念。

  おまけにかき集める部分の硬い針がねが、芝生の根に引っかかって引っ張れず、

  ムキになって力を入れると根が抜けてきます。



  これなら竹ぼうきの方が集められそうです。
  



  刈った芝は45リットルのポリ袋1枚に納まりました。
  
  意外に少ないのね。



  今年の芝刈りはこれで終了なので、保管です。

  保管の前に、刃の部分とサビそうな部分をクレのCRCラストガードで防錆
  刃は3、4年刃研ぎ不要だそうです。
  まぁ~ちゃんとした刃物製品なんだから、それくらいもってもらわないと・・・。

    
  ステンレスの刈り込みバサミも軸が鉄っぽいのでスプレーしておきました(^^)/ 相変わらずマメじゃのー。
  

  梱包の箱に再び・・・。
  
  クローゼットの片隅にコンパクトに仕舞えます。
 

    

  




  最後にひとこと・・・。

  芝刈りの多くのサイトを参考にさせていただきましたが、

  結局伸びすぎた芝刈りに限っては、軸刈りがいけないとか、

  葉の3分の1をカットすることなど、芝のことをを気にしながら
  
  刈ることは不可能で、とにかく刈るのみでした。(^^;

  刈り高さは、刈り揃えられた芝が前提の話なんですね。そりゃそうだ。(^^;

  草刈機の種類はたくさんありましたが、ゴルフ場のグリーンのような

  1mm、2mmが求められる精密な精度は家庭園芸には全く不要で、

  素人がだいたい刈り揃えられれば綺麗に見えるものと思いました。

  プロの方ならパッと見、良し悪しを見抜けるのでしょうけれど、
  
  商売でもなく、ただただ自宅の芝を刈るだけなので、

  いわゆる高級品は不要なことがよく分かりました。

  刃の幅も250mmとか300mmとかあるようですが、

  200mmで十分使えます!!

  むしろ、幅がせまいぶんだけ、本体も軽く押すのも楽です。(伸びきっている場合に限って)

  いちど刈ってしまえば、その後の芝刈りは、刃の幅が広い方が有利なのでしょうが、

  そのぶん本体も大きくなるので、小ぶりで軽い方がターンしやすく、作業がとても楽です。

  芝が刈れてるぅ~という楽しさや、自分の力で刈ったんだ!という達成感、

  運動不足の解消に、といったとらえかたをすれば、

  電動よりも、手ごろな手動式で正解だったと思います。

  トラッドモアーが改善して頂けるとするなら、

  ①本体をバックさせたときのラチェット音の無音化。もしくは、心地よい音色に。更なる音対策。

  ②ターンする時ににぎる補助のグリップをハンドルの下の方に取付。バックスペースがない時のターン用。
  
  ③リール刃が完全に隠れる保護カバー。透明かメッシュだとスタイリッシュかな。万万が一の事故防止。

  最後まで読んで頂いてありがとうございます。

  以上、高麗芝 今年はじめてで今年さいごの芝刈りでした。

  参考になりましたか??
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつもの野池3 | トップ | ザリガニの屋外飼育ケース大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。