風船うさぎのつれづれ着物語り

着物友達とのお出かけ日記と大好きなアンティーク着物やアンティーク雑貨のこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蓮子さまの着物

2014-09-20 22:15:39 | きもの日記
普段はあんまり朝ドラはみないんですが、“花子とアン”はあまりにも蓮子さまの着物が素敵で夢中で見てしまいました。

葉山蓮子着物コレクション

アンティーク着物好きの私にとっては、目の保養の時間になっています。

昔の着物と言えば、紫。
柄on柄でも全く嫌みのない所がいいですね。

髪型はまねできないけど、豪華な刺繍の半衿をいっぱい見せる着方や日傘やショールなどの小物づかいも参考になることばかり。

薄物の季節は終わってしまったけど、矢絣の夏お召&絽の名古屋帯はアンティークな雰囲気がいっぱいで、これは私の好きなセレクトです。
          


これからも蓮子さまを見習いながら、ちょっとだけアンティークを取り入れた着方をしたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着ない着物の処分は?

2014-09-19 22:10:29 | きもの日記
アンティーク着物やリサイクル着物を購入するのによくヤフオクを利用しています。
時々、骨董市や街のリサイクルショップをのぞいたりもしますが、やっぱり一番はヤフオク。たまに楽オク。

古い着物が好きな人なら、状態がひどく悪くない限りはOKだと思います。少々寸法が合わなくても、表がきれいならシミ、アクがあってもOK。古くなればなるほど状態が悪くなるのは当たり前なので、それよりは今は作れない色、柄の着物をGETした喜びの方が大きいです

少し新しいリサイクル着物になると、すぐ着られるように寸法のあったものを選びますし・・・余程気に入ったものでも、袖丈や着丈が短かったり、シミアクだらけだったり、というのは避けます。

20年くらい前のヤフオク初心者のころは、失敗も多くて大変でした
いい勉強にはなりましたけど。

アンティーク着物でわかりづらいのは、生地のへたり。
実際一回着たら、縦に大きく破けてしまったこともありました。
裁縫が得意なら、縫い直ししたり、別にお細工ものを作ったりもできるのでしょうが、苦手なのでそのままになる確率が大です。

以前、ほどいて暖簾にしようかと考えたことがありましたが(簡単そうだったので)、それすらも未完成です。
薄物のアンティークの生地なら、透ける暖簾は素敵だろうと思います。

ネットオークションで失敗した着物やもう着ない着物は、ヤフオクなどで売ってしまうことが多いですが、それでも売れなかった着物や帯は、宅配着物買取が便利です。
私もヤマトクさんにはお世話になりました。
私の場合、売れ残りなどのほどほどの着物しかなかったので、高い金額は付きませんでしたが、訪問着や紬のいいものなら高値がつくようです。
家にダンボールが届くので、それに詰めて送るだけです。
一度お試しあれ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年 定禅寺ストリートジャズフェスティバルin仙台

2014-09-14 21:29:54 | きもの日記
仙台の秋というと、もう恒例になった定禅寺ストリートジャズフェスティバル

          

最近の変な天候で、天気が危ぶまれていましたが・・・
やっぱり突然の雷と雨そして、青空・・・

それでも、盛り上がりはすごくメイン会場の定禅寺通りは車が入れないので人で溢れ、どこもかしこも人・人・人・・・

もし、雨の心配がなかったら着て行きたかった着物 ↓

レモンイエローの単の紬と粗い紬帯

単は着る期間が短いからできるだけ着たいけど、6月は梅雨、9月は秋雨でやっぱり雨の日が多いのかな。
せっかく帯付きだから、雨コートは着たくないし、ポリよりは正絹が着たいし・・・と不満ばかり言っていますが、濡れても平気っていう気持ちでどんどん着た方がいいかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も開催♪ 2014年「白石城下きものまつり」

2014-09-13 23:36:10 | きもの日記
今年もまた10月17日(金)~19日(金)の3日間、「白石城下きものまつり」が開催されます。

内容は、古布作品の展示と販売、店蔵・テント着物市・・・私はこれが一番楽しみ

過去にgetした羽織




着物ファッションショーやビンゴゲーム、写真を撮ってくれたりと盛りだくさん。
18日(土)には、花嫁行列も。

着物で参加した方は、市内参加店で使える商品券600円がもらえます。ぜひぜひ、着物で

去年は、こんな感じ→2013年きものまつり

大好きなアンティーク着物が似合う白石の壽丸屋敷。
 ※壽丸屋敷って?
    宮城県白石市にある明治中期の店蔵や大正時代の
    母屋からなる商家のお屋敷
          


着物を着る機会がないと思っている方、チャンスですヨ
それから、着物と帯のレンタル&ワンコイン着付けもあるから、興味のある方もチャンス

当日は、着物姿の方もたくさんいらっしゃいます。
季節は秋、袷になってまたいろいろ着たくなります。
茜色の紬やシックな大島もいいし、全身アンティーク着物でもいいですね。私は、何を着ようかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着物にあわせるバッグ、どうしてますか?

2014-09-10 23:23:13 | きもの日記
着物の時のバッグで迷うことがあります。
私は、けっこう洋装のバッグやアンティークのバッグを合わせたりします。

中でもおすすめなのが“Think Bee!”
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




宝石をちりばめたようなお花やハートのかわいいバッグが、シックな紬のポイントになりそう

小紋や訪問着などの柄×柄でもセンス良く決まるのが、クオリティの高い証拠。

私の一押しはアンティークの着物に合わせること。
大人かわいい感じが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年青森ねぶた祭り

2014-08-12 22:33:00 | きもの日記
今年もやってきました、夏祭り
久しぶりに跳ねてきました。

跳人衣裳に身を包み、いざ!



・・・跳人の最中は、なかなか写真が撮れないのでねぶたの画像だけになってしまいましたが。
勇壮ですね。



20年前に跳ねた時は、脱水症状でものすごく大変だったけど、今回はすごく暑かったにもかかわらず、ずっと跳ねつづけるっていうことはなかったので、案外楽でした。

駅の横の港で


街並みも、風景もすっごく変わっていてびっくりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形路

2014-07-21 23:08:31 | きもの日記
用事があって久しぶりに山形に行って来ました。
まだ梅雨なのに山形は30℃の暑さ。
仙台とは違います・・・。

所用の合間に、やっぱりここ
↓円阿弥2↓


蔵のたたずまいがGOOD
薄ピンクや紫の絽の着物がたくさんありました。
それから、浴衣も。
鬼シボの浴衣でとってもすてきなのがありました。
ちょっぴり気になりながら・・・退出。

お昼は、御殿堰にあるお蕎麦屋さん。
休日で混んでいると思ったので、12時少し前にいったら、ちょうど2席開いていました。
このあとは、団体さんやら入店してきて混んでました。



おいしいお蕎麦をいただいたあとは、お隣の大黒様にお参り


堰のほとりに柳がいい感じにそよいでいて、そこだけ涼しい。

しばらく涼んでました。

お茶屋さんや陶器、和小物屋さんもあり、和物好きにはとっても楽しい場所です。
米沢織のお店があって、ちょっといい浴衣がたくさんありました。
忘れてしまったけど、特別な織だそうです。
紅花で染めた反物は、夕日のようなグラデーションで“素敵”の一言。
でも、簡単に「ください」とは言えないお値段・・・いつかは着たいなぁ。

そのあとは、文翔館へ。

いつ見ても、いいですね。

今回は、アンティークな家具を






山形は古い建物がたくさんあって、着物が似合う素敵な街です。
次回は、着物で散策したいな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界遺産~平泉散策~

2014-05-07 22:55:24 | きもの日記
世界遺産に登録されてから初めて平泉に行きました。
観光客や外国の方も増えたのかと思いきやそれほど込んでいなくて、以前と変わらず趣ある風情。

毛越寺といえば、やっぱりこの景色です。


鬼瓦を


平安時代の装束に身を包み、和歌を詠む“曲水の宴”が催されるところも、いつもはこんな感じです。


アンティーク着物で散策したかったな。
でも、このあと中尊寺の坂を上ることを考えると、やっぱり洋服でよかったかも・・・

そして、中尊寺へ
マイナスイオンたっぷり


桜も終わりに近いです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の厳美渓

2014-05-01 18:22:49 | きもの日記
4月の終わりに厳美渓に行って来ました。
桜はちょっと過ぎちゃった感じ。


自然の景色がとってもきれい。


厳美渓と言えば、『郭公だんご』
¥300であんこ・ごま・しょうゆのおだんごが3本&お茶


レトロな雰囲気がいい感じだったので、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石橋屋さんでお花見

2014-04-14 13:06:32 | きもの日記
30年近く前に住んでた場所の近所に仙台駄菓子の石橋屋さんがありました。
桜の名所として人気らしいです・・・と最近知りました。



その頃は、そんな記憶はなかったのですが・・・桜も30年だって大きくなったのかな



石橋屋さんの周りには、桜を楽しむ人でにぎわっていました。
しだれ桜がまたいい感じで。



趣がありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花乙女でランチ会

2013-12-12 23:15:38 | きもの日記
すごーく久しぶりに着物友だちとランチしました。
12月だけど、あたたかく着物日和でした。

訪問着、小紋などなどみんな思い思いにおしゃれして、とっても素敵でしたヨ。
私は、毎度恒例のアンティーク着物。
オレンジの鹿の子絞りの小紋で。



お食事は、食べきれないほど。
おいしくてたのしいひと時でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白石きものまつり ~2013年~

2013-11-10 15:16:21 | きもの日記
二年ぶりに白石きものまつりに行って来ました。

秋晴れのいい天気に恵まれ、白石まではちょっとしたドライブ気分です。

寿丸屋敷に近づくにつれ、着物姿の女性の方がちらほら。
自分が着物を着るのは大好きだけど、着物をお召になっている方を見るのも大好きです。

寿丸屋敷の外は、着物の古着屋さんや雑貨屋さんのテントが出ていて気分も
よしぎんさんや紀美さんも出店してました。
アンティーク着物の数々に目を奪われ・・・、というか目の色が変わっていたかも・・・

寿丸屋敷の中に入ると、アンティーク着物の世界





ため息が出るほどきれいです。
やっぱり昔の着物っていいですね~

作家さんが作ったお人形や古布を使った雑貨屋さんもありました。

その中で、お医者様のお家に残っていたとかで、江戸時代の打掛が展示してありました。
打掛と言うと、赤や黒に豪華な柄というイメージがありますが、シックな色合いで柄もとても少なくてびっくり。
でも、とても品がいいというか・・・

古い建物はとても少なくなってきていますが、やはりこういう所に来るととても落ち着きます。
縁側に座って、ずっと日向ぼっこをしていたいような・・・
木枠のガラス戸も、昔のままらしくガラスが波打っているのがいい感じです。

そんな昔にタイムスリップしたような雰囲気に合わせて、アンティークの附下と帯で。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も藤を見てきました。

2012-05-25 18:27:42 | きもの日記
樹齢400年の子平町の藤を見てきました。
個人のお宅のお庭なので、見られるのも一週間くらいだから行きたくてもなかなか行けなくて・・・
ようやく、久しぶりに日程が合いました。

震災を乗り越え、今年もきれいな花を咲かせていることと期待しながら・・・

黒板塀横の臨時駐車場には車が一台だけ。
天気がいいけど、すいていました。



期待しつつ、庭園内に・・・
ところが、藤はまばらで房も短くてちょっと寂しい感じが。


いちばん咲いていたところを

 ↓ 3年前の藤は見事でした
子平町の藤

今年は咲くのが遅いって言われていましたが、天候不順や温暖化も影響しているのでしょうか・・
来年に期待です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

額縁の飾り方・・・

2012-05-17 21:10:00 | アンティーク&小物
家に古い絵があって、リサイクルショップに持っていったら値段がつかないって言われたので、分解して額縁だけにしました。
よく西洋アンティークやインテリアの本で額縁をおしゃれに飾っているのを見ます。
 
          

おしゃれなカフェのようにセンス良く飾りたいけど、なんか生活感があって、実際どこのスペースにどういう風に飾ったらいいのか・・・
けっこう大きい額縁なので、邪魔にならない場所ってなかなかないなぁ。
・・・で今思案中です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裄出しに挑戦

2012-05-14 17:32:33 | きもの日記
アンティーク着物を自分サイズにするのに、いつも悩んでしまいます。

アンティークは袖が長いのが多いから、手持ちの着物にあわせて袖を詰めるか? アンティークっぽく袖長で着るのか?
それに裄はだいたいいつも足りないけど、ヤケとかで縫いしろと色が変わっていることがあるし・・・

寸法を変えるのに、一応自分でチャレンジしようと思って本を見たりするんだけど、たいてい・・・と言うか結局、いつも知り合いの和裁士さんのところに駆け込むという感じです。

で、今回は一念発起?して、肩幅出しにチャレンジしてみました。
解いた時点で、和裁士さんのことが頭をよぎったけど、なんとか自力で出来ました。

           
          さくら色の色八丈紬
      
袖幅はそのままだから、キセをかけなくていいので思ったよりやりやすかった。
肩幅2cm出しの予定が、出来てみたら2.5cm・・・でもとりあえず許容範囲。
本を見ると、身八口も解かなくちゃいけないみたいなんだけど、袖付けのところまででいいかなって手抜きをしました。
表を縫った後、裏地は表に合わせてくけるだけだから、ここも割とかんたんだった。
紬で格子柄だったのも、やりやすかったかも。

でも、筋消しがたいへん
何度も蒸気を当てては、アイロンをかけるんだけど、なかなか消えない・・・
絹物に高温を当てていいのか?と不安になりながら・・・なので、うっすら残ったままになりました。

普段に着る分にはOKかな 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加